【アメリカジョッキークラブカップ AJCC 2015】大穴をぶちかます可能性のある馬を予想


【アメリカジョッキークラブカップ 2015】大穴の可能性がある馬を予想します。

前回のAJCCの記事でもお伝えしましたが、今年はゴールドシップの参戦で

この時期のG2と言えど、相当盛り上げる可能性を秘めているレースです。

 

 

しかし、今の中山の条件で17頭立て多頭数となれば 堅い決着はあるだろうか?

元々トリッキーな中山コースですから 直線で詰まる可能性も十分ありえるし、

後方から進んで前が詰まって届かない なんて可能性も考えられる。

 

 

そんな状況下において 穴軸から勝負せず人気サイドから入るのは・・・

まさに「期待値をドブに捨てている」と言っても過言ではありません。

もちろん私はこのレースも穴軸から勝負していこうと考えています。

 

 

ゴールドシップ

 

 

この馬が強いなんてことはブログで説明するまでも無くわかっているはず。

しかし例年と違うローテで来ているし 状態面も正直どうなのかわからない。

それでいてグリグリの1倍台になるのであれば、無理に買う必要はありません。

 

 

ただ、消すなんてのは愚の骨頂ですよ?

圧倒的に抜けている馬なのですから、馬券的には抑えておく必要はあると思います。

 

 

この馬に関しては下手に内枠を引いてしまうより 揉まれない外枠を引いたほうが良い。

そういう意味では枠順の蓋を開けてみないとなんとも言えないところはありますよね。

(木曜18時時点で 記事を書いているので、まだ枠順は不明です)

 

 

では枠順不問で一発大穴を開けそうな馬は存在するのか?

 

 

この馬にとって好条件の あらゆる可能性が絡みあう必要はありますが、

とんでもない大花火を打ち上げてくれる可能性も秘めている馬はいます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

はっきり言ってこの馬の主戦ジョッキーが騎乗停止になったのはプラスだろう。

大幅鞍上強化だし、中山の今の舞台設定も抜群に良い。

厩舎も休み明けからきっちり作ってくる厩舎なので、状態面は不安なし。

 

 

netkeibaの予想オッズでは50倍を超える単勝オッズになっていますが、

本当にこんなにつくようであれば3連単10馬券なんて楽勝だろう。

仮にゴールドシップが絡んでも可能性があるだけに、ワクワク度はUPする。

後は上手く展開がハマって 直線で上手く馬群を捌くことが出来ればですね!

 

<<会員様数6000人突破!ナツの無料メルマガ>>

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

にほんブログ村 トラコミュ アメリカJCC(2015)へAJCC(G2)

 

【PR】突然ですが、ひとつ質問です。

吉田です。ナツの競馬予想様の原稿をお借りしてPRです。

 

もしかして今週のレース、いや、G1シーズン以外の

レースは「堅い」「つまらない」と思っていませんか?

 

 

もしそう思っているならば大きな間違いです!!

旨味のあるレース、実は今が一番旬なんです♪

「ダート競争はあまり配当が付かない」

「AJCCは結局、堅い決着になる」

なんて話をよく耳にしますが、本当にそうでしょうか?

 

 

今週末の東海S(G2)やAJCC(G2)、

どちらもそんなに堅いレースではありません。

ここにこそ美味しい配当が眠っているんです!!

 

 

でもどうしてそんな事が解るのかって?

 

 

それはココでしか知る事の出来ない、『超有力情報』があるからです。

アナタも知りたいとは思いませんか?しかも完全無料で。

■本当に当たる驚愕の情報を完全無料で受け取るならコチラ

 

 

今ご覧になっているアナタは競馬が好きで、

競馬を心から楽しみたいと考えていると思います。

もし心の底からそう思っているならば、協力を惜しみません。

なので、アナタが満足するまで完全無料でお届けします!

 

 

どうですか?もちろん・・・

完全無料という言葉に二言はございません!

 

 

「そんなオイシイ話ある?」

「何か裏がありそう・・・」

ハッキリ言いましょう。

 

 

裏はありませんが、オイシイ話はあります!

だって無料で儲かるオイシイ話があるなら聞かなきゃ損じゃないですか?

これはビッグマウスではありません!

真実だからこそ、ここまで堂々と言えるのです!

 

 

まずはアナタがこれまで経験した事のない、実在する有名予想家による

情報提供を完全無料登録でお試しください。

■本当に当たる驚愕の情報を完全無料で受け取るならコチラ



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ