【ジャパンカップ2017】予想と枠順確定後見解|動画もUPです


今回はジャパンカップ2017の予想を中心とした記事を書きます。

早いもので枠順も確定し後は当日を迎えるだけとなりましたね!

ココから馬場を見てタフな馬場なのか?切れ味勝負の馬場なのか?

見たい点は沢山あるのですが枠順が出ましたのでだいぶまとまりそう。

有力馬がかなり外目の配置になれば面白いな~と思っていましたが

ざっと見るとどの馬もほぼほぼ希望していた通りの枠配置になった感じ。

 

 

と言うことでまずは有力人気馬の枠順配置から見ていきましょう。

1枠1番 シュヴァルグラン

1枠2番 レイデオロ

2枠4番 キタサンブラック

4枠8番 ソウルスターリング

6枠11番 マカヒキ

6枠12番 サトノクラウン

比較的内目の枠に有力馬が揃う形になりましたね。

 

 

言うまでもなく最高の好枠を引き当てた馬はキタサンブラック。

この馬についてはもう天運を授けられているのかどうかわからないが

何をやっても上手くいく馬としか言いようがありませんよね。

 

 

前走の天皇賞・秋も出遅れる形になったものの

内目がポッカリ開いてるから内から徐々にポジションを上げて

最後には早め先頭に立つようなめちゃくちゃ競馬で勝利。

仮に良馬場だったら出遅れた時点で終わってたかもですよね。

天候すらも味方につけてるとしか言いようがありません。笑

 

 

2番人気濃厚のサトノクラウンは6枠12番の配置に。

有力馬の中では最も外目の配置になったのですが、

まぁタフな馬場になるなら枠順はどこでも良かったはず。

ただ…瞬発力勝負になるなら当然ですが1円もいらないと思う。

こればっかりは土曜日の馬場を見てからどうするか?決めたい。

 

 

それとサトノクラウンについては物議を醸し出されましたね。

シュヴァルグランが元々ミルコが乗る予定だったのですが

ムーアが乗り替わりになったので急遽サトノにミルコが騎乗。

 

 

今や色んな所で騒がれていますが、

やっぱりノーザンFの意向には誰も逆らえないんですよねぇ。

それだけサトノクラウンの種牡馬としての価値を上げたいんでしょう。

 

 

モンジュー産駒でサンデー系が全く入ってない血統なので

(Marju産駒です、間違えたすいませんwww)

サトノクラウンがサンデー系と掛け合わせる流れになってきたら

日本の競馬会のレベルが上がるのは間違いないですしねぇ。

 

 

後は海外馬の扱いをどうするか?

ココも皆さん気になっている材料の一つと思います。

 

 

個人的には日本馬の能力高めの馬が好枠に入ったので

正直あっても3着が限界ではないか?と言う感じです。

まぁ買うにしても抑えの最後位にしか考えていません。

 

 

ちなみに、今週は動画作成が遅くなってしまったのですが

枠順確定後の展望と言う形で作成させて頂きました。

コチラでもしっかりお話したので参考にしてみて下さい。

(PCの方は全画面表示で快適に見れます。)

 

 

まとめ

ざっと枠順確定後の見解についてお話させて頂きました。

2017年のジャパンカップ攻略においって大事になりそうな点は…

 

 

・下位人気馬で何が馬券に絡んでくるか?

・上位勢で何が飛ぶか?

この2点かなぁと言う感じがしています。

 

 

まぁ当たり前のお話なんですけどねw

ただ、動画でもお話した通り個人的にはキタサンから入らないので

上位勢の何をチョイスするか?ココをしっかり煮詰めて考えたい。

 

 

最後になりますが枠順確定後の段階で最も軸にしたい馬

いつも通りではありますがランキングにて発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

昨年は枠も悪かったので外々ぶん回す形の競馬になりましたが

天皇賞・春の時もそうだったように立回り重視の競馬も出来る。

そしてキタサンブラックに逆転できるとするならば…

内目に入ってハマる形しか無かったと思っていた。

今回はその条件が揃っているし頭までと思って予想も組みたい。

 

 

鞍上が不安視されそうでやや人気落ちしそうな感じですが

この枠ならやることは決まっているし悲願の初G1制覇に期待。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

今週はジャパンカップの最終穴馬をお届け予定!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

混戦のジャパンカップの3連単特別馬券を無料で教えます

永川です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

 

2017年はキタサンブラック、サトノKなど秋の天皇賞好走馬の大半が参戦。

そこに神戸新聞杯を制して順調なスタートを切った今年のダービー馬レイデオロ

GI常連のシュヴァルグランが加わり、外国馬も4頭参戦と…

国内における1着賞金最高額のレースにふさわしいメンバーが揃った。

 

やはり、中心視されるのは王道路線の天皇賞(秋)組だろう。

歴史的な不良馬場の中で行われたレースをキタサンブラックが制し、

見事宝塚記念の雪辱を期すことになったが、問題は言うまでもなく

あの不良馬場を走った後のダメージがどれだけあるか。

 

キタサンブラックに限った話ではなく、どの陣営も表向きには

「ダメージはいくらかあったが、今は疲れも取れた」と話すばかりだが、

実はある有力馬の関係者によると…

「ああは言ってるけど、本当に疲れが抜け切っているわけじゃない」との声も。

 

こんな混戦のジャパンCだからこそ陣営の本音を聞ける裏情報が必要となる。

当社シンクタンクには元騎手・元調教師といった競馬界の大物OBや、

現役関係者が情報ルートとして多数在籍。

 

一般では決して入手することができないレベルの裏ネタが続々と入ってくる。

だからこそ、普通ではとても買えないような馬を厚く狙うことが出来る。

それが“情報競馬”なのだ。

 

そこで、今週は本当に特別も特別、ジャパンCの3連単馬券を無料公開。

当社の情報を聞いたことがない方に限った話であることはご容赦願いたい。

その資格がある方は、是非ともこのビッグチャンスをお見逃しなく。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第37回 ジャパンカップ(G1)

<<先着100名様限定!>>

【3連単勝負馬券】を特別無料GETはココクリック!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ