【スプリングステークス 2015】枠順確定後の予想


【スプリングステークス 2015】枠順確定後の予想を書いておきたいと思います。

今年のスプリングステークスは少頭数となったので、枠による影響は少ない。

ただこの枠配置である程度の展開読みをして馬券をはめ込んでいきたい所です。

 

 

当日朝3時段階でのオッズを見てみると

リアルスティール VS ダノンプラチナ の2強争いという感じになっている。

これに続くのがベルーフ、ブラックバゴ、キタサンブラックという感じ。

おおよそ予想オッズ通りですが、若干ベルーフが売れてない印象がある。

 

 

それにしても今年の牡馬クラシックは本当に難解という感じになっていますね。

土曜日に開催された若葉Sにおいても圧倒的に人気の2強が連対を外すという流れ。

先日開催された弥生賞でも圧倒的1番人気に支持されていたシャイニングレイが

まさかの4コーナーで手応えが悪くなって直線で失速。

 

 

更には今回出走しているベルーフも 一度負けたルージュバックには完敗の内容。

ココでベルーフが好走できるようなら、ルージュバックにはどの馬も及ばないかも。

それではあまりにも夢が無いですよね。どうせなら新興勢力が現れて欲しい所。

 

 

そういう意味では今回はリアルスティールとダノンプラチナ、

もしくは前走500万を圧勝してきたキタサンブラックの3頭に注目だろう。

 

 

正直ここまでの牡馬トライアルの流れを見ていると、

このスプリングステークスも大波乱の可能性は秘めているだろうと思う。

こういう時に軽視して痛い目に遭うタイプの馬をランキングで発表しておきます。

 

 

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

常識的に考えたらこの条件でいきなり好走と言うのは厳しいと思う。

ですがこの馬の肌馬を見る限りでは、この条件で走っても驚きはしない。

調教の動きも素晴らしい。最終追い切りは坂路で好時計を叩いているし、

今の中山の馬場ならもしかしたらもしかするかもしれない。

 

 

鞍上も土曜日にようやくの快挙を達成したし ココに来て勢いもある。

中山コースに慣れていないのは不安ではありますが、チャンスは十分。

積極的な競馬をして 自分の競馬に持ち込めば馬券内の可能性もある。

 

 

軸にするのは厳しいですが、ヒモの端っこに抑えておきたい。

今年の低レベル牡馬クラシック路線ならこういう馬の台頭もおかしくはない。

 

にほんブログ村 トラコミュ スプリングS(2015)へスプリングS(2015)

 

<<会員様数6000人突破!ナツの無料メルマガ>>

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

【PR】先週の中日新聞杯でディサイファを推しまくっていたサイトのご紹介!

先週の「馬スピ特報」では 予想家の虎石晃氏が中日新聞杯の予想で

◎マイネルミラノ(3着)
○ディサイファ(1着)
▲デウスウルト(2着)
で大的中!

しかも虎石晃氏の予想のすごいところは
この3頭しか印をつけていなかったというところ。

印が3頭だけなので例えば3頭の3連単BOXを
買っていたとしたら

600円投資
↓  ↓  ↓  ↓
50,580円の払い戻しです!

 

しかも、馬スピ特報は4人の予想家の予想が完全無料で見れるのですが、
何と虎石晃氏以外の3人の予想家が中日新聞杯で
全て勝ったディサイファに本命を打っていたのです!

 

これは衝撃でした。そのサイトには↓から無料で登録出来ます!

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます

 

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

天皇賞【春】への

優先出走権をめぐる戦い

3月22日(日) 第63回 阪神大賞典(G2)

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今週は天皇賞【春】に向けて有力ステイヤーが集結する一戦!
《 阪神大賞典(G2) 》
2006年にはディープインパクトが、2008年にはアドマイヤジュピタが、

このレースで結果を出し、続く天皇賞【春】制覇を成し遂げています。

過去、スターホースが堅実と言われていたこのレース。

今年は例年通りとはいかない傾向が!?

 

そんな波乱模様の阪神大賞典(G2)、

マル秘特別情報を期間限定、完全無料公開中です!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます

今回は天皇賞前の難解レース、阪神大賞典(G2)の予想で使える、

絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!


■狙いは4歳・5歳

年齢別成績では、3着内率で4歳馬がトップで、5歳馬が2位の数値を残しています。

特に4歳馬は2009年から5年連続して連対馬を送り出している点に注目です。

年齢の若いグループが優勢となっていることは、覚えておいても損はない情報です。


■前年の最後のレースに注目!?

過去の勝ち馬について、前年の最後に出走したレースでの単勝人気を列挙すると、

2009年のアサクサキングス(有馬記念:9番人気)以外は、

いずれも5番人気以内に推されていました。

前年の最後に出走したレースでファンの支持を集めていた馬は、

このレースでも高く評価する必要がありそうですね。
そんな難解な阪神大賞典(G2)ですが、

激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?


そんなココでしか知る事の出来ない

阪神大賞典(G2)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ