【セントウルステークス2016】予想と枠順確定後見解


セントウルステークス2016の予想と枠順確定後見解を書いていきます。

スプリンターズステークスの前哨戦ということで好メンバーが揃い

面白そうなレースになりそうな感じがする今年のセントウルS。

開幕週であることからある程度の位置取りは必要になってきますし

そう言う意味では超高枠を引き当てたとも言えるビッグアーサー。

福永がどう内枠を捌くか?と言うのは一つの不安材料ですが

ぶっちぎりの圧勝で終わるのか?その辺りも見ものですよね。

果たしてどの馬が上位に入選するのか?予想してきたいと思います。

 

 

それではまず確定した枠順から改めて見ておきたいと思います。

 

 

ご存知の通り、圧倒的人気になるビッグアーサーは1枠1番。

開幕週馬場ですからこの枠からすんなり先行させれば

そのままロス無く回ってきて圧勝劇の可能性もありそうですね。

 

 

ただ、冒頭にも書いた通り鞍上は福永。

内目の枠に入って直線で詰まって伸び切れず…

なんて競馬が十八番のジョッキーですからその点は心配ですよね。

更にここはスプリンターズSに向けての前哨戦であることも事実。

絶対に1着に来るだろう!なんて個人的には到底言い切れません。

 

 

そしてこの馬をマークする形で競馬出来そうなのが

2番人気であるダンスディレクターですよねー。

3枠3番からなのでポンと出してビッグをマークするでしょう。

あまり後方から競馬したら開幕週でちぐはぐになるだろうし

前走のようなイメージで鞍上は乗ってくるのではないかと思う。

 

 

ある程度前半で出していっても脚を使えると言う事は

鞍上も前走で掴んだだろうし舞台せっても何ら問題ない。

むしろ前走の京都よりこの馬にとっては良いはず。

ならば逆転最有力候補としては相応しい馬になるでしょう。

 

 

これに続くのがおそらくネロになるでしょうね。

どのみち今年のサマースプリントの覇者はベルカントで決まり。

仮にここで勝ったとしてもポイント的には逆転は無理な同馬ですが

スプリンターズSではどう転んでも能力的に厳しそう。

となると前走一つ叩いているというのはアドバンテージになる。

=陣営もメイチで作ってきているだろうしペースが向けば。

 

 

後はウリウリ・エイシンブルズアイと続きそうですね。

ウリウリはミルコに乗り替わりですから当然プラスになるでしょう。

エイシンブルズアイも好枠引き当てましたし乗り方一つで上位に来そう。

 

 

と言うことで上位人気に支持されそうな馬達は

ここでの好走確率は高そうですし荒れるレースではないでしょう。

=点数を絞って仕留めないと利益が出ないだろうと思います。

当然僕自身も最終予想では点数を絞った予想をお届けする予定です。

 

 

下位勢はあまりにも能力的に足りない馬もチラホラいるので

そこはバッサリ切って上位勢を上手に組んで仕留めたい所。

 

 

ほぼほぼ答えを簡単に導いて予想を組めそうなレースですが

現時点で最も軸馬にする可能性が高い馬を書いておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

調教の動きを見て長い休み明けでこの動き大丈夫…?

と思う方も多いかもしれませんが、そもそも最近は

どちらかと言うと直前も時計は出さない事が多いし問題なし。

最終日の調教は全体的に時計がかかっていたし、

この馬の得意としている上がり重点の調整が出来たのは◎

 

 

状態面に関しては8~9割ぐらいかもしれないが

ここ目標にやってきているし能力ならビッグに引けをとらない。

むしろ舞台設定の差でこっちの方がやや有利になると思うし

斤量面でもこの馬の方が楽ですし当然頭まである馬と見たい。

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

8月頭は小倉記念の穴軸◎クランモンタナを推奨させていただきましたし

その次の関屋記念では◎軸ヤングマンパワーを推奨させて頂きました。

今週も何かしらネタを書きますので、気になる方は↓より

無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】渾身のメイチ予想をセントウルSでお届けしてくるサイト

田中です。今回は原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

 
最近は3歳戦以外のG1にも、前哨戦となる重賞の1着馬には「優先出走権」が与えられるようになった。

賞金が足りない各馬もこの権利を目標に前哨戦に出走することもしばしば。

大目標であるG1の前から、ある程度各馬のローテーションが同じ道となっている。

 

 

ここ10年でスプリンターズSに出走した160頭のうち、60頭が前走セントウルS組、そして38頭がキーンランドC組である。

さらに、馬券に絡んだ30頭の内14頭がセントウルS組、9頭がキーンランドC組である。

別路線からこのレースで馬券に絡んだのは10年間でわずかに7頭。

主に注意を払わなければならない対象がとてもわかりやすいレースである。

 

それだけにこのレースに出走する各馬陣営の思惑は

「サマースプリントシリーズの優勝がかかっているからここが勝負」

「何としても勝って権利を獲りたい」

「本番に向けてココはあくまで叩き台」などさまざま。

そのためこのレースを読み解く鍵は『関係者情報』である事は間違いない。

 

競馬セブンは創業19年、徹底現場主義にこだわり関係者と太いパイプを構築してきた。

そのためレースへの勝負気配。陣営の思惑も多方面から情報が入ってくる。

これらの事前に入手した関係者をベースに、あとは直前情報・天候・馬場状態を加味したうえで最終結論を出すわけだ。

この最終ジャッジに興味のある方は、当日13:30に無料配信する【極秘馬連3点勝負】の情報を入手することをオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■セントウルS(G3)■■■

自信のペナルティ付き!もしこのセントウルSを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信させて頂きます!!

3点勝負買い目を無料公開!GETするにはコチラをクリック



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ