【セントライト記念2016】予想と出走馬分析


セントライト記念2016の予想と出走馬分析を書いていきます。

以前のセントライト記念と言えば菊花賞に向けての前哨戦でしたが

最近はここを使ってその後別路線に向かう馬も増えてきましたよね。

個人的な思いとしてはここを菊花賞のトライアルレースとするならば

距離を2500mに変更してしまえば良いんじゃないか?など思うのですが

今年は皐月賞馬のディーマジェスティもここに出走してくるようです。

メンバー的には圧倒的に抜けた印象を受けるのはこの馬だけですが

果たしてどの馬が上位台頭してくるのか?予想していきましょう。

 

 

まずは出走馬分析に入る前に予想オッズのご紹介致します。

1 ディーマジェスティ 1.7
2 ゼーヴィント    4.4
3 マウントロブソン  5.0
4 プロディガルサン  9.2
5 メートルダール   9.8

ざっとこの5頭が上位人気の支持を受けそうな感じになっていますね。

 

 

上位は春先にも実績を収めてきた馬たちばかり。当然力はあります。

ただ、ここで上位勢でここメイチでは無い馬たちがいるのも事実です。

その辺りを見極めて最終予想へとつなげていきたいと思います!

それではそろそろ出走馬分析に入っていきましょう。

 

 

ディーマジェスティ

当然のお話かもしれませんが能力的にここでは1枚抜けています。

ただ、メイチ度合いは間違いなく低いしエンジンの掛かりは遅いタイプ。

そう言う意味では今の中山の馬場状態が合うかと言われると微妙気も。

圧倒的な力の違いで押し切る可能性はありますが、頭固定は微妙かも?

 

 

ゼーヴィント

中山コースの相性の良さは過去の戦歴からも間違いありません。

初戦・2戦目と左回りで取りこぼしましたがその後は強い勝ち方。

プリンシパルSでは枠にも恵まれずの敗退でしたが、

その後のラジオNIKKEI賞で確実に賞金加算も出来た。

NFでしっかり作ってここへの出走なので状態面も問題無さそう。

 

 

マウントロブソン

皐月賞・そしてダービーはリオンディーズを徹底マークの競馬。

結果的にそれが功を奏しませんでしたが力あるところは見せました。

今回は特定の馬をマークするというより自分の競馬をしてきそう。

出たなりで好位に付けてロス無く運べればここでも頭で頭も十分ある。

 

 

プロディガルサン

さすがにダービーは相手が強すぎたので全くダメでしたね。

ただここなら当然力的には通用すると思うしチャンスはありそう。

賞金的に今後のことを考えるならここでなんとかしたいはずだし

初戦からしっかり作ってくる可能性は高いのではないか?と思う。

何となくパッとしないイメージはありますがここなら通用しそう。

 

 

メートルダール

馬の素質は良いと思うんですけどね。厩舎の調整法に疑問を感じる。

前走の白百合Sも勝たなければいけない一戦だったともうのですが

ブラックスピネルに負けてしまったことで賞金加算も出来ず。

これもプロディガルサン同様にここでなんとかしないと今後がしんどい。

こういう時はこの陣営は空回りする事が多いですがメイチ度合いは高そう。

 

 

セントライト記念2016予想まとめ

と言うことでざっと上位人気に支持されそうな馬達を見てきました。

何回も書いて申し訳無いのですが、ディーマジェスティは抜けてます。

ってそんな事わざわざ何回も書かなくてもわかると思いますがw

 

 

ただ、ここで全力に作る必要性が何一つ無いですしメイチ度合いは低め。

となってくればここでなんとかしたい馬の台頭も十分ありえそう。

 

 

それと、あくまでもこのレースは菊花賞に向けてのトライアルレース。

現時点で菊花賞の方が明らかに適正はあるが出走出来ない…

と言うタイプの馬はここでメイチに作ってくるだろうと思うし

上位人気に推されそうな馬達はどれも後方待機する馬ばかり。

 

 

昨年もそうでしたが結果的に上位入選した馬は

内目・前目で上手く立ちまわった馬たちでしたよね?

なので今年も特殊な流れになれば上位勢は不発で終わる可能性もある。

 

 

と言うことでディーマジェスティに勝てるならどの馬か?

一週前の時点ではありますがひっくり返せる可能性が高い馬をご紹介します。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

そもそも春先の2戦は自分の力を出しきる競馬をしていない。

 

 

ある程度人気してくるとは思いますが、致し方無いとは思う。

この厩舎のことだし菊花賞への出走を狙うというよりも

秋のG1戦線に名乗りを上げれるレベルなのか?を測ってきそう。

となると他の陣営とはメイチ度合いのレベルが違うのですが

調整に間違いないこの厩舎が本気出せばアッサリ勝つかも。

 

 

スタートにやや課題のある馬ではありますが、

好枠を引いてすんなりの競馬が出来そうなら軸にすると思います。

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

8月頭は小倉記念の穴軸◎クランモンタナを推奨させていただきましたし

その次の関屋記念では◎軸ヤングマンパワーを推奨させて頂きました。

今週も何かしらネタを書きますので、気になる方は↓より

無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━

《7割以上当たる勝負買い目》

セントライト記念(G2)・鉄板3点勝負

ディーマジェスティ陣営が恐れている

穴馬の正体とは!?◎-穴で想定30倍

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月も絶好調の予想をお届けしました!

9/ 4 小倉2歳S 5万7690円的中
9/ 3 新潟 9R 1万4160円的中
8/28 キーンランドC 1万0550円的中
8/28 小倉11R 2万7580円的中
8/27 札幌12R 5万3850円的中
8/21 札幌記念 2万2060円的中
8/20 札幌10R 3万2910円的中
8/20 小倉 9R 3万0920円的中
8/14 関屋記念 3万4040円的中
8/13 札幌 8R 2万1540円的中

今週は無料でセントライト記念の見解をお届けします!

無料登録⇒ セントライト記念の無料予想はコチラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【PR】セントライト記念の自信あり予想をお届けいたします!

菊花賞に向けてのトライアル重賞であるが、ここ10年で当レースと菊花賞を連勝した馬は昨年のキタサンブラックのみ。

それどころか、2着以下に終わった馬から菊花賞制覇を果たした馬もいない。

菊花賞への直結よりも、中山外回りという独特のコース形態が生む、ロングスパート合戦に対応する適性があるかどうかがカギになってくるレース。
ここ10年のうち、前走日本ダービー組が5勝、ラジオNIKKEI賞組が2勝と、ほとんどの年において前走重賞組の好走が目立つ。

波乱の年もあるが、春のクラシックで上位に入っていた馬が出走する場合は堅い決着、荒れてもヒモまでという認識でいいだろう。
今年出走する馬の中には「この馬はこのレースから菊花賞へという青写真を描いている」

早い段階から順調に調整できている馬や、「菊花賞云々より将来のために賞金を稼ぐ必要がある」と勝ちを意識している馬もいる。

さらに「中山2200mは特殊なコースだから器用さがあるこの馬なら他より有利」という穴馬の存在も注意が必要だ。
このように騎手、調教師、馬主、生産の関係者とも太いパイプを持つ競馬セブンは、

人の思惑が結果に影響する”秋のトライアルシーズン”は滅法得意だ。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの買い目『馬連3点勝負』まで特別公開。

情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■セントライト記念(G2)■■

自信のペナルティ付き!

もし、このセントライト記念を3点で獲れなければ2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料登録はコチラです



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ