【フェブラリーステークス 2015】枠順確定後の予想


【フェブラリーステークス 2015】枠順確定後の予想を書きたいと思います。

今年はコパノリッキーの枠次第で大きく流れが変わると思っていましたが、

2枠4番に入ったことで更に予想を難しくなってきたように感じております。

 

 

前回の記事でもこのレースについては触れてきた点ではあるのですが、

正直コパノリッキーが外目の好枠を引いた時点で逆らう余地はなかったはず。

それが2枠4番に配置された上、逃げたいコーリンベリーが更に内枠にいます。

 

 

となってくると仮にではありますが コーリンベリーが好スタートを決めて、

コパノリッキーが少し立ち遅れるという状況になったら逃げれない可能性が高い

これで番手から進めて外から被されなければ何の問題も無いとは思うが、

2枠4番を引いているので間違いなく外から先行した馬がこぞって来るだろう。

 

 

コパは確かに能力的にはここでは2枚も3枚も抜けているのは確かでは有りますが、

揉まれ弱さについてもメンバー内でも1,2を争うくらいの癖馬であるのは周知の事実。

これを軸馬にする時点で正直期待値が下がってしまうという可能性も出てきました。

 

 

私の馬券の買い方は 人気馬に少しでも不安な材料がある場合は、

減点材料が少なく一発が狙える穴馬に軸をスライドすることが多いです。

なのでこの枠が発表された時点でコパノリッキーの軸馬の可能性は消えました。

 

 

外枠なら頭固定は95%確実だった馬をいきなり軸以下の評価に下げる。

正直かなり複雑な心境なんです。 しかし、期待値を追い求めていくためには、

常に今置かれている状況を冷静に判断して 答えを導いていかなければなりません。

 

 

競馬で勝つために最も大事な事は「メンタル面」です。

馬券の買い方やピックアップする馬を選択するのも もちろん大事ですよ?

しかし冷静な精神状態を保って、答えを導く為のメンタルが無いと競馬では勝てない。

 

 

↑ 実は私もまだまだ弱い部分があり、たまにスイッチが入ってしまうことも^^:

自分に言い聞かせる意も込めて 改めてブログに書いておきました。笑

 

 

話が逸れそうなので本題のフェブラリーステークスの予想に戻りますが

枠順発表後の状況で穴馬になりうる可能性が出てきた馬を発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

常識的にはダートでこの手のタイプは絶対に買いたくはないのですが、

調教の動き、そして周りを見て進めるこの枠を引いたことでチャンスは出てきた。

今年の弱メンのフェブラリーステークスなら 一発の素質は秘めているかも。

 

<<会員様数6000人突破!ナツの無料メルマガ>>

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

にほんブログ村 トラコミュ フェブラリーステークス2015へフェブラリーステークス2015

 

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
   群雄割拠のダートマイル戦!
  冬のダート王の座をかけた闘い!
第32回 フェブラリーステークス(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
昨年は16番人気コパノリッキーが優勝し、
ダート界に群雄割拠の時代を作りだした。
輝かしい実績馬はもはや過去。
新風吹き荒れるダート戦線で、今年も波乱が起こる!
そんな中、春のダート王の座に輝く可能性が限りなく高いのは、
実はあまり注目されていない「あの馬!」
順当にはいかない!何かが起こる今年のフェブラリーステークス!
今年、王座に輝くのは「●●●●●●●●●」!
そんなフェブラリーステークス(G1)、
ココでしか知る事の出来ないマル秘情報を期間限定無料公開中!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

■やはり若さの勝利!?
過去10年の年齢別成績から見ていくと、優勝馬10頭はすべて4~6歳の馬で、
その中でも4歳馬と5歳馬が勝率・連対率で他を一歩リードしています。
7歳以上の馬も4頭が2着に入っており、ノーマークは禁物ですが、
やはりデータ的には若い馬が優勢であることは間違いないと言えるでしょう。
人気薄になりそうな4・5歳馬も多数いますし、要注意ですね!

 

 

そんな波乱必至のフェブラリーステークス(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?
そんなココでしか知る事の出来ない

フェブラリーステークス(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

↓     ↓     ↓      ↓      ↓      ↓

買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ