【マイルチャンピオンシップ2016】予想と出走予定馬分析


今回はマイルチャンピオンシップ2016の予想を中心とした記事を書きます。

今年の出走予定馬はG1勝ちしている馬もいるにはいるのですが、

マイルでの勝利ではなく1200m、2000mで勝利している2頭がいるのみ。

肝心のマイルではいつも強い馬にやられていて2,3着と言う馬が多く、

かなり混戦模様が予想されるレースになるだろうと言えそうですね。

こういう状況下になるとオッズもある程度割れてくると思いますし、

妙味ある馬を見つければドカッと回収できるチャンスも出てきます。

果たして上位入線する馬はどの馬なのか?予想していきたいと思います。

 

 

まずは出走予定馬分析に入っていく前に現時点での予想オッズから。

マイルチャンピオンシップ2016予想オッズ

1 サトノアラジン  3.4
2 イスラボニータ  4.3
3 ヤングマンパワー 6.4
4 ミッキーアイル  7.3
5 ロードクエスト  8.9
6 フィエロ     10.7
7 ネオリアリズム  11.3
8 マジックタイム  14.4
9 ガリバルディ   18.6

ざっとここまでが10倍圏内の支持を受けるであろう馬たちです。

流石は難解なG1と事前から予想できるだけあって割れまくりですね。

上位勢は確かに勝ちきってもおかしくないが、飛んでもおかしくない馬達。

では早速ではありますが、サトノアラジンから順番に見ていきましょう。

 

 

マイルチャンピオンシップ2016出走予定馬分析

サトノアラジン

鋭い末脚を使うタイプなのでこういうタイプは過剰人気しやすい。

実際問題、今まで1600mでの重賞勝利は未だ0でここへ出てくる。

圧倒的な実績がない上に脚質的に嵌まるか?はまらないかの馬なのに

この人気になるなら妙味があるかと言われると微妙な所ですよね…。

力を付けているのは間違いないがやや売れすぎる感もするので。

 

 

イスラボニータ

この馬は間違いなくマイル前後の方が好走できるだろうと思う。

その事もあって昨年は思い切って軸にしましたがまさかの出遅れ…。

そこから盛り返して来ていましたが、勿体無い競馬と言う感じでしたね。

陣営もマイルが合うことに気づいてくれたのか、今年はマイル中心の競馬。

ここメイチに作ってくるのは間違いないし好枠引いて先行できれば。

脚質的にも安定しているので上位台頭する可能性は高そうな気はする。

 

 

ヤングマンパワー

この馬が2歳の時から言い続けましたが、いつかはG1にも出てくる馬だと。

実際に3連勝してこの舞台まで来たのは何ら驚きはしません。

ただ、流石に今回は勢いも買われて過剰人気しちゃいそうな感じですよね。

舞台設定も京都よりは東京や阪神・中山の方が合いそうだしここはどうかな?

馬場が荒れてタフな競馬になってきた時、台頭の余地はあるかもしれない。

この馬にとって飛躍の2016年となるだろうしここも見せ場は作れそう。

 

 

ミッキーアイル

1200mで結果を残してきているのでスプリンターなのか?と思いがちですが

そもそもこの馬はマイル前後で結果を残してきていた馬だったんですよね。

頭の高い走法で揉まれたりすると全く良い所を出せないタイプではありますが

逆に自分のリズムで競馬してマイペースに持ち込んだらかなり強い。

普通に2016年のメンツ相手なら勝利してもおかしくないしこの人気は美味しい。

問題は極端な内枠を引き当ててしまうかどうか?それだけだろうと思う。

外枠を引いてスムーズな競馬が出来るならここでも軸候補の1頭ではある。

 

 

ロードクエスト

前走はあまりにも不甲斐ない競馬に終わってしまいましたね。

とは言え悲観する内容では無かったと思うしここでの変わり身は十分。

正直、京都が合いますか?と言われたら微妙としか言いようは無いですが

前走負けたことで一気に人気落ちするなら面白い1頭になりそう。

能力だけならここでも当然通用するし下手な人気の差しを買うならこっち。

 

 

フィエロ

この馬にとってラストチャンスとも言えるG1制覇の舞台となるのでは?

ここで結果を残すことが出来なければどこでG1を取れる日が来るのか?

陣営もその事は頭に入れていただろうし戦前からその事はわかっていたはず。

メイチ仕上げに定評のある藤原厩舎ならここで120%にきっちり作れるだろうし

能力的にもここでは上位にも関わらず人気落ちするなら穴としては面白い。

予想でも十分重視する価値はあると思うし、後は内目の枠を引ければ。

 

追記11月16日:下位人気馬の出走馬分析記事も作成しました

⇒ 【マイルチャンピオンシップ2016】予想と出走予定馬分析~パート2

 

マイルチャンピオンシップ2016予想まとめ

と言うことでざっと上位人気に推されそうな出走予定馬を分析しました。

「モーリス不在」

という点だけでこれだけ予想が難しくなるのか…と言う感じですよね。

 

 

能力的に抜けている馬はいないですし、どの馬にもチャンスがありそう。

10回やれば10回着順が入れ替わりそうなレースでもありますし、

今年のマイルCSは決め打ちで馬券を仕留めるのが良さそうですよね。

 

 

個人的には枠次第では自信度が高くなる可能性はあるのですが

最悪の枠順になった場合、全く勝負したくないなと言う印象ですw

 

 

んで、2016年のマイルチャンピオンシップの予想において

最も鍵を握っている馬がいるのでその馬についてはランキングに書きます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

まず、このマイルCS攻略の鍵に置いて最も大事になってくるのはこの馬。

この馬があっさりと外目の枠に入ってくれたら素直に軸で良いだろう。

 

 

問題はこの馬が内枠配置になってしまった時…。

そうなったらそもそも軸馬にするべき馬がいないので穴軸から入ると思う。

能力的に均衡しているので後は展開面を読んで予想をはめ込んでいきたい。

 

 

後は状態面・陣営の思惑・展開など沢山分析するべき点はあります。

その点は次回以降の記事でしっかり分析を書いていきたいと思います!

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!!

マイルCSの最終穴馬もメルマガにて公開する予定です!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】マイルCSの渾身のメイチ予想をお届けしてくる予想サイト

高橋です。原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

 

今年はは昨年の覇者モーリスに今春の安田記念を勝利したロゴタイプが不在。

この事から大荒れになる可能性まで秘めているレースといえるのではないでしょうか?

 

GI馬はイスラボニータ、ミッキーアイル、スノードラゴンの3頭が参戦。

だが前哨戦のスワンSはサトノアラジン、富士Sはヤングマンパワーが制し、

どの馬も台頭可能なメンバー構成と言っていいだろう。

 

実は、ここでこう言うのも何ですが、

「当社は密かに一発に自信を見せる”激走穴馬”の存在を既にマーク済み。」

陣営から頂いているコメントを紹介するが…

「敵は○○だけと思っていたが、それもクリアできてホッとしている」

「モーリスに勝てるとは言えなかったけど、それ以外となら勝負になる手応えを持っている」

「元々、期待されていた馬だからね。本当に楽しみ」

と、某関係者からは景気のいい声ばかり。確かに実績面では劣るが、条件ベストで素質はココでもヒケを取らない。

 

今年のメンバーなら付け入る隙が十分にある。

この”激走穴馬”がマイルCSの大万馬券決着をも呼び起こすカギになりそうだ。

なお、今週は“激走穴馬”を含めた

マイルCSの【爆穴3連複情報】を先着100名様に限定して特別に無料公開。

無論、この馬が馬券に絡めば3連複で万馬券決着になる可能性も十分にあると見ている。

ぜひともチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第33回 マイルCS(G1)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見!

マイルCSの【爆穴3連複情報】を特別無料公開!

登録⇒ ココをクリックしてメルアド登録で見れます!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ