【メルボルンカップ2016】予想と過去データ


今回はメルボルンカップ2016の予想と過去データをお伝えしていきます。

オーストラリアでの開催、そして長丁場の一戦でとんでもない多頭数。

そもそも今まで海外馬券については日本では取り扱っていなかったので

相当難易度が高い上に過去のデータなども殆どありませんので難しいレース。

正直記事を書くかどうか迷ったのですが、皆様のお役にたてればと思うので

今回は色々な側面から予想記事をお伝えしていこうと思います!

 

 

まずは確定した枠順からお伝えしておきますね。

 

 

一言言わせて下さい。

なんだこれwwww

 

 

こんなメルボルンカップをまともに予想して獲るのは難易度高すぎ。

そもそも海外レースなんて傾向もわからないし情報も少なすぎる。

レース映像すら見れるレースも限られていますので、

分析の余地もないのでどうしようも無いレベルにありますよね。

 

 

ただね、見れるレースは見ました。

例えばメルボルンCの前哨戦であるコックスプレート(G1)

地元勢はここを経由して出てくる馬もいるのですが、今年は1頭のみ。

 

 

そしてここ最近の前哨戦の主流はコーフィールドカップですね。

2016年の今年もここを経由して出てくる馬は5頭です。

ジャメカ

アワーアイヴァンホウ

エクソスフェリック

サージョンホークウッド

アルムーンクィス

 

 

後は今年はムーニーバレーGC組も4頭出てきています。

ギャラントゥ

グランドマーシャル

フーショットザバーマン

エクセスノレッジ

の4頭です。

 

 

皆さん、ムーニーバレー組の馬を見て思いませんでしたか?

 

 

ギャランドゥ

 

 

ではありませんよ?

へその下廻りの毛ではありませんよ?

西城秀樹でもありませんよ?

 

 

ギャラン TO です。笑

ギャランと とぅ です!!

 

 

ってそんなのどうでも良いのですけど、気になりますよね。笑

 

 

とまぁこのまま行くと話が逸れていきそうなので戻しますが、

なんだかんだ言ってこのレースをまともに予想しても取れる気がしません。

 

 

結果的に頭数が24頭共なると運の要素もありますし、

人気馬がモロにマークされて包まれる可能性も十分あります。

 

 

結局オーストラリア最高峰のレースなので

地元のジョッキー連中にすると勝ちたいレースですよね?

頭数は多いのですから内枠の人気馬は当然カバーされる形にはなりそう。

 

 

最近はどうしても海外勢に押され気味な傾向もありますので、

やはり地元としては頑張らないと!と言う気持ちは強いはずです。

メルボルンではこのレースの為に祝日になるぐらいですから凄いですよね。

 

 

2016年の有力馬たちを見てもお分かりだと思いますが、

ボンダイビーチ

ウィックローブレーブ

の2頭が人気するとは思いますが、2頭共にオーストラリアの馬ではなく

アイルランドの馬&鞍上も世界で活躍しているムーアとデットーリ。

 

 

これに次ぐ人気になるのが…

ハートネル

ですがこの馬はオーストラリアの馬ですね。

枠も真ん中で良い所に入りましたし確かに有力候補の1頭と言えそうです。

 

 

ココから過去のデータをざっと紹介していきますが、

基本的にメルボルンカップは外寄りの枠はダメと言われています。

過去5年の入線順位を見てもお分かりかと思いますが…

 

 

メルボルンC過去5年の入線着順

2015年

1番 プリンスオブペンザンス

2番 マックスダイナマイト

4番 クライテリオン

 

2014年

10番 プロテクショニスト

14番 レッドカドー

12番 フーショットザバーマン

 

2013年

5番 フィオレンテ

23番 レッドカドー

22番 マウントアトス

 

2012年

5番 グリーンムーン

2番 フィオレンテ

19番 ジャッカルベリー

 

2011年

13番 ドゥーナデン

15番 レッドカドー

11番 ルーカスクラナッハ

 

 

外枠の馬の台頭も目立ちますが基本は内有利と思う方も多いハズ。

そりゃ当然です。

 

 

これだけの頭数が揃うわけですから物理的に考えると

どうしても内目の進路を取れる馬が有利になるのは当然。

 

 

ですがこんなことは誰でも考えるんですよね。

特に日本競馬のイメージが強い方は最近は内が圧倒的に有利なので

どうしても内目の馬から入ろうという意識が強いのではないでしょうか?

 

 

だから内目有利と括って適当に軸を内目の馬から考えるより

妙味ある外枠の馬から馬券を組み立てるのが理想的だと思います。

 

 

結局レッドカドーなんて外・内関係なく馬券に絡んでいますし

そもそも適性がモノを言うレースと考えたほうが良いです。

 

 

と言う事でこの舞台設定が完璧に嵌まりそうな馬がいるので

いつも通りの流れになりますがランキングに書いておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

蓋を開けてみるとどの程度の人気になるかわかりませんが

想定よりは間違いなく人気落ちしてくるのではないでしょうか?

 

 

この条件がベストですし臨戦過程を見てもココに照準を定めている。

裏側はどうなっているかわかりませんがおそらく前走とここのセット依頼。

その事を考えてもメイチ度合いは高そうですしチャンスはありそう。

 

 

ご存知ではない方もいるかもしれませんが、ココの厩舎は

日本で言うところの障害版の堀厩舎と言っても過言ではない。

長丁場のレースは得意にしているしココは是が非でも獲りたいレース。

 

 

なお、時間があれば詳しいメルボルンCの展望もメルマガでお届けします!

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか調べてみた

竹下です。今回は原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

 

皆さんいきなりですが、最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね~

正直これだけ沢山のサイトがあるので何が本当に使えるかわからんわい!笑

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そりゃーそうです!

だって世の中にこれだけの情報が溢れかえっているのですから。。

 

その中で色々な読者の方にお声を頂くのですが

「どれが本当に良いのかわからない!!」

「本当に情報として使えるサイトはどこなの?」

という声をお聞きするんですよね。

 

と言うことで今回は無料で使えておすすめ出来るサイトを紹介いたします!

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

「無料でもなかなかの情報を出してくれる」

 

この3点を中心にランキングを付けてみたので参考にしてみてくださいね。

 

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで

見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

 

【殿堂1】競馬スピリッツ

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.hicchu.net/
【おすすめポイント】
東スポの馬券野郎、虎石晃の予想やグリーンチャンネルなどにも出演している血統馬券師の栗山求氏の予想なども無料でGET出来るサイトです。無料での十分活用できて非常にオススメとなっています。

 

【殿堂2】プレミアム

【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://www.premium-h.jp/
【おすすめポイント】
システム投資を中心とした予想法で主に指数から予想を導いている無料でも情報を出しているサイト。なかなかの精度を保っているようですし無料情報でもなかなか参考になるようです。登録の価値はあるかも。

 

【第1位】高配当21
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://ko-21.jp/
【おすすめポイント】
「高配当21」は、その名の通り高配当に徹底的にこだわります。競走馬の実績・馬場状態・調教タイム等、様々な角度から弾き出された独自の予想により圧倒的な高配当を弾き出すことが可能です。無料予想も精度高いです!

 

【第2位】ターフオンライン
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://turfonline.jp/
【おすすめポイント】
業界関係者だけが牛耳っている裏ネタなどをお届けしてくるサイト。だいたいこの手のサイトは嘘っぱちのところも多いのですが、ここはしっかりコラムも書いているし予想以外の部分でも参考になるのでオススメ。

今回ご紹介したサイトはどれも当然ですが無料登録可能なサイトです!

まず無料でしっかりとサイトの情報を手に入れてみて、

気に入ったサイトを使っていくというのが良いのではないでしょうか?

 

おすすめの登録方法はフリーアドレスを取得して全サイトの情報を見てみる事!

これなら迷惑メールなどが来ても心配は無いですし、本当に使える情報を選別して

その後でメインアドレスで受信するという手法も取れますよね!

 

私、竹下もそのようにして情報を選別してこのサイトに辿り着きましたので

まずは無料で皆様も活用してみてくださいね~♪



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ