【中京記念2016】予想と最終追い切り分析


中京記念2016の予想と最終追い切り分析を書いていきたいと思います。

前回の記事でも書かせて頂きましたが、例年荒れる中京記念です。

この時期は特に状態面が結果に直結することが多いのは周知の事実ですが

追い切りで各馬の状態面を把握しておく必要性も出てきます。

その為、今回の記事では追い切りを中心とした記事をお届けしていきます。

予想難易度もかなり高そうなレースでは有りますが、どの馬が上位に来るか?

しっかりと分析して的中に向けて導いていきたいと思います。

 

 

いつも通りの流れになりますがまずはnetkeiba様より

現時点での予想オッズの方からご紹介しておきます。

中京記念2016予想オッズ

1 ダッシングブレイズ 3.2
2 トウショウドラフタ 4.9
3 タガノエスプレッソ 7.1
4 ダノンリバティ   7.3
5 ピークトラム    8.1
6 ケントオー     8.1
7 ガリバルディ    12.7
8 マイネルアウラート 15.5

ざっとここまでが10倍台の支持を受けそうな馬達となっています。

それでは上から順番に追い切り分析を行っていきましょう。

 

 

ダッシングブレイズ

助手 7.20 栗 CW 良 82.1 66.0 51.7 38.7 11.7 [9] 稍一杯追う

一週前、そして最終追い切りと2本連続して自己ベストを更新してきた。

この暑い時期に自己ベストを軽々と叩けるのは状態が良い証拠だが

全体的にどの馬もCWの時計が出やすかったというのは頭に入れておきたい点。

色々とトラブルがあって目標のレースに向けて作れなかったですが

このレースに向けてしっかりと陣営も調整することが出来たとは思う。

人気馬がこの2本の時計を叩いてきたのでその点は面白く無いのだが

能力的にもハンデ的にもここで軽視するのは難しい気もする。

 

 

トウショウドラフタ

助手 7.17 美南 W 良 67.0 51.6 38.2 13.2 [6] 馬なり余力

やればいくらでも時計は出る馬。しかし今回は馬なりでこの時計は圧巻。

栗東同様時計は出やすい馬場状態ではあったが良い仕上げだとは思う。

直前でがっつりやっているよりも軽めでまとめてきたのも好感が持てるし

おそらく外厩でしっかり乗り込んできてここなのだろうと思う。

問題は初の古馬との対戦。その点、力関係をしっかりと見極めたい所。

ハンデ54キロは妥当かなと言う感じ。距離は正直1ハロン短い方が良い。

 

 

タガノエスプレッソ

助手 7.19 栗 坂 良 1 回 66.9 47.1 29.9 14.3 馬なり余力

軽めの調整で15-15で乗り込んできただけ。

前走でも十分仕上がっていたので維持する程度に乗ってきたのでしょう。

変に目一杯やるよりこの時期は軽めの調整でまとめたほうが得策だと思うし

厩舎の判断は間違っていないとは思わないのですが前走は前目が残る馬場。

その中でのミルコの神騎乗。妙味があるかと言われると微妙。

 

 

ダノンリバティ

武豊 7.20 栗 坂 良 1 回 53.9 38.0 24.2 12.1 強目に追う

やればいくらでも時計が出る馬なので時計的な面は気にしなくても良い。

いつも通りラストにしっかりと時計を出してくる調整内容だし

いつも通りの出来には有るだろうと思う。その程度な気もしなくはないが。

正直過剰人気するならあまりそそらない馬だしなんとも言えない。

 

 

ピークトラム

小牧太 7.20 栗 CW 良 74.3 57.6 41.7 11.8 [7] 馬なり楽走

一週前にしっかりやって直前は軽めに調整するのみ。

最近流行りの調教パターンだし内容も良かったと思う。

今週は全体的に時計が出やすくなっているので時計の判断は出来ませんが

動きを見ても出来落ちな感じはしないしむしろ前走より良い感じはする。

まぁだけど56キロは正直言って見込まれ過ぎな気はしますけどね。

 

 

ケントオー

助手 7.20 栗 坂 良 1 回 52.2 37.7 24.7 12.6 一杯に追う

相当な使い詰めをしている上に直前もしっかり追ってくる内容。

一昔前の時代遅れの調整という感じがプンプンするのは僕だけでしょうか。

このクソ暑い時期に使い詰めて使う事がプラスにはならないだろうし

前走でぶっちぎりの内容もあって変に人気してきそうな気はする。

中京1600mの舞台設定は悪くはないと思うのですが、

軸にしたいと思うほどの何かは追い切りからは掴めなかった。

 

中京記念2016予想と追い切り分析まとめ

と言うことでざっと上位人気に推されそうな馬達を見てきました。

今週は美浦・栗東共に時計が無茶苦茶出る馬場状態だったので

時計的な部分で単純に比較をしていたら痛い目に合いそうな感じ。

本質的にその馬の状態を把握することが大事になってきそう。

 

 

全体的に抜けて良い調教過程をこなしてきたと思う馬は皆無。

ただ全く人気はありませんが1頭内容が良いなと思った馬がいるので

コチラはランキングにてお知らせしておきたいと思います。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

この馬、ホントいつ走るのかタイミングが全くわからない。

2年前の新潟の競馬っぷりを見た時は重賞でも即通用と思いましたが

そこからからっきし良いところが無くここまで来ています。

 

 

厩舎力が無いのも一つの問題点とは思うのですが、

今回は2年前の新潟の時と同じような調教内容と言えそう。

出来は間違いなく良くなってるし穴馬としては一考の余地有り。

 

 

また無料メルマガでは中京記念の穴馬や予想見解、

その他有益な情報などもお届けしていきます!

気になる方は↓より無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】中京記念を3点で仕留めることが出来る自信アリ!

長田です。原稿をお借りしてPRさせていただきます。

自信のペナルティ付き!もし、この中京記念を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信させていただきます!

3点勝負買い目を無料でGETするにはここをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

12年から新生中京コースで、夏のマイル重賞に生まれ変わった中京記念。

重い馬場にハンデ戦という独特な設定から、12~13年はフラガラッハが連覇。1

3~14年はミッキードリームが2着に入るなど、まだわずか4年の開催にしてリピーターの活躍が目立っている。

今年は3月の高松宮記念が超高速馬場行なわれたことからも、

当日の馬場状態が絶対的に馬券のカギを握ってくる。

今開催も開幕週は比較的速い馬場状態だったが、

雨が降った2週目は一変して時計のかかるタフな馬場になった。

 

ワンターンのコースの重賞ながら近4年で最速の決着タイムは

1分33秒4とやはり時計がかかるイメージ。

晴れなら、雨なら、当日の天候から決着タイムの予測を立てることが、

的中への重要なステップの一つだろう。

ちなみに過去10年の3連単の配当は54万円オーバー。バットを長く持って振り回してもいいレースだ。

元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、競馬サークル内に

幅広い情報のパイプを持つ競馬セブンは、関係者が本音を

溢しがちな新聞が発刊された後、レース直前まで情報収集を行う。

 

今回は特別に入手した極秘情報と天候・馬場状態を加味した

最終ジャッジ【中京記念~馬連3点勝負~】を当日7/24の14:00頃に無料配信。

「どの馬を狙うべきか」少しでも迷っている方は、是非とも参考にしてみてほしい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 中京記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この中京記念を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信させていただきます!

3点勝負買い目を無料でGETするにはここをクリック



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ