【中山牝馬ステークス2017】予想と最終前見解


今回は中山牝馬ステークス2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

土曜競馬も終わり最終予想に向けてだいたい予想が固まってきましたが

ハンデ重賞&牝馬限定戦ということもありなかなか難しそうな感じ。

例年荒れまくっている重賞の1つですが2017年はメンツも揃っている。

この事から本当に大荒れまであるのかどうか?微妙な感じもしますし

馬券の買い方と予想の組み立て方がかなり大事となりそうな一戦。

果たしてどの馬が上位台頭してくるのか?考えていきたいと思います。

 

 

まずは土曜日の競馬を見て率直に感じた感想から書いていきますが

「前目に行った馬がかなり厳しい競馬を強いられている」イメージ。

どう考えても外差し出来る力のある馬は軽視したら痛い目にあいそう。

 

 

実際、土曜日のアネモネSを見てもそうだったのですが

力は確かに上だったといえライジングリーズンが外から差し切る内容。

他の平場のレースを見ても内目を避けて走る馬が多かったですし

内目に拘った馬がIN差し出来ずそのまま馬群の飲まれるレースも多かった。

この事から純粋に予想を組むなら外目の馬を重視するのが良さそう。

 

 

ただ、中山牝馬ステークスのコース設定は1800mですよね。

ご存じの方も多いかもしれませんが、基本は内が有利になりやすいコース。

開幕週馬場とかだった場合、はっきり言って外は不利過ぎる事が多い。

 

 

まぁ今回はだいぶ使い込まれてきて、外も伸びているので大丈夫と思うが

素直に外枠の馬たちを信用出来るのかどうか?

正直悩ましいところなんですよねぇ。

 

 

ちなみに過去10年の枠順傾向をご紹介しておきたいのですが…

こんな感じでまんべんなく内も外も来ている感じですね。

ただ、回収率だけ見るとやはり8枠は微妙ですが。

まぁそこまで枠に関しては意識しなくても良いかなと思いますが

正直8枠の馬を軸にすると言うのはリスキーな感じもする。

 

 

妙味も無さそうだし、パールコードは確かに強いですが

個人的にはこの枠に入ったのでやや評価を下げました。

 

 

それと少しお話は戻りますが、

展開的にここは前目がかなり手薄なメンバー構成ですよね?

 

 

有力所の馬たちは基本は後方待機する馬が多いので

順張りで行くなら言うまでもありませんが

「素直に力のある後方待機の馬を信用すべき」

 

 

なのですが!殆どのジョッキー心理としては

「後方待機して外を回したほうが伸びるからじっくり乗ろう」

「直線で多少ロスがあってもいいから外を回そう」

と考えると鞍上が増えるはず。

 

 

となってくると心配なのが…

「外々を回しすぎた馬達があまりにもロスだらけになる」点。

こういう傾向になる事って重賞は結構多いんですよねー。

 

 

こうなると力が足りないからと言う理由で外を回しすぎずに立ち回り

意外とロス無くハマった馬の台頭もありえるかもしれません。

内目荒れまくってるのに何故か内からワープした馬いましたね?

まぁあれは人気でしたが皐月賞のゴールドシップが良い例です。

 

 

本題に戻りますが、どのような感じで最終予想に導いていくか?

ココが非常に大事になってくるかと思うのですが、一つ言えるのは

「鞍上の腕が問われる一戦」になるのは間違い無さそうですね。

 

 

そこで!

このジョッキーだけは軽く見ないほうが良いと思う鞍上を

ランキングにて発表しておきたいと思います。

この騎手⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

言うまでもありませんが中山コースでの上手さは卓越している。

2017年はかなり乗れているので注目度も上がってきた騎手ですが

それでも鞍上だけで人気すると言う事は無いし妙味はある。

ココぞでの勝負勘は侮れないし抑えておきたいと思っています。

 

 

確かに馬のタイプを見ると大外ぶん回しのイメージがありますが

今までの鞍上がそう言うタイプだったし新味が出たら面白い。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!!

今週重賞の最終穴馬も発表予定です!!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━

大荒れの中山牝馬Sで分厚く狙うベき馬を無料で提供します

ナカガワです。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

 

 

古馬牝馬同士によるハンデ重賞は紛れが生じやすく波乱決着が大前提。

当然、この中山牝馬Sも例外ではない。

現に3連単の配当は、近10年で7度も10万馬券オーバーとなっており、うち4回が50万円以上。

阪神競馬場で行われた2011年には、200万馬券という長徳大万馬券決着まで飛び出している。

 

高配当決着が続出しているのには、ハンデ戦であることや、小回り中山の1800mという舞台設定も関係しているが、レースが実施されるタイミングにも理由がある。

それは、社台グループ生産牝馬のほとんどが6歳春での引退・繁殖入りが既定路線になっているからだ。

つまり、このレースがラストランになる牝馬が存在し「有終の美」を飾るべく“メイチ勝負”をかけることもあるというワケだ。

無論、全ての6歳牝馬が勝負という訳ではなく、馬券的中へと繋げるためには、

確かな関係者情報を入手して、陣営の勝負度合いを見極める必要がある。

 
さらにこのレースは、GI・ヴィクトリアマイルの前哨戦でもある。

現役続行する馬にとっては叩き台になるわけだから、引退前のメイチ勝負の馬たちとは、仕上がり具合やヤル気にも温度差があるのは言うまでもない。

今年も超波乱決着の可能性が十分にある中山牝馬S。

既に我々シンクタンクは、ブ厚く狙うべき“激走穴馬”の情報を掴んでいる。

今週、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様に限り、中山牝馬Sの【爆穴3連単情報】を特別無料公開させて頂く。

情報通りに嵌まれば特大万馬券も十分に有り得る爆穴3連単情報を、是非ともその目でご確認頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第35回 中山牝馬S(G3)

超波乱決着の可能性が十分にある

ブ厚く狙うべき“激走穴馬”の情報を独自スクープ!

 

中山牝馬S【爆穴3連単情報】を特別無料公開!

【無料】中山牝馬Sの情報はここをクリック!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ