【中山牝馬ステークス2017】予想オッズと出走予定馬分析


今回は中山牝馬ステークス2017の予想を中心とした記事を書きます。

今週は久々に中央重賞がジャンプレースを含むと4つ開催されます。

めちゃくちゃ忙しくなりますが、盛り上がるので楽しみですよね(^^)

メンバーを見ると抜けた馬はおらずかなり混戦模様なのですが、

例年比較的荒れる傾向にあるレースですし楽しみな一戦ですよね。

果たしてどの馬が台頭してくるノのか?予想オッズも参考にしながら

サクッと上位出走予定馬から順に分析を行っていきますね。

 

 

それではまずは現時点での予想オッズからご紹介します。

中山牝馬S2017予想オッズ

1 マジックタイム   2.6
2 パールコード    3.8
3 ビッシュ      4.7
4 トーセンビクトリー 12.2
5 デニムアンドルビー 13.8
6 シャルール     14.7
7 クインズミラーグロ 16.5
8 フロンテアクイーン 17.2

ざっとここまでが上位人気の支持を受けている馬たちです。

それでは上位人気馬から順に分析を行っていきましょう。

 

 

マジックタイム

まぁここでは当然ですが上位人気になってくるのは確実でしょう。

前走も56キロでOPとは言えあっさり突き抜けての勝利だった。

しかし差しが決まる流れで外から差し切っただけとも言える内容。

更にこの馬にとっての本番は春シーズンはおそらくVマイルだし…。

NFしがらきでしっかりやってからココなので仕上がりは良いかもだが

絶対メイチか?と言われると微妙だし流れが向かないと微妙かも。

 

 

パールコード

久々の1800mでの出走となるが距離に関しては気にしなくてOK.

明け4歳馬にとって55キロは決して恵まれたとは言えないのですが

馬格もあるし気にしなくてもOKだし力は十分に足りるはず。

2走前は鞍上が完璧に導いてヴィブロスに勝ちきれなかったのですが

ここなら当然主力をはれると思うし、チャンスは有ると思う。

位置も取りにいける馬だし勝ちに行く競馬をして完勝まである。

 

 

ビッシュ

2走前は全く流れが向かなかった上、京都2000mは本質的に合わない。

前走はまぁ相手が相手なだけに仕方ない負けとも言えそうですね。

紫苑ステークスで見せた競馬はなかなか味があったし舞台替わりは歓迎。

ただこれも55キロはやや見込まれた感じはするんですけどねぇ…。

 

 

トーセンビクトリー

最近は逃げる形で好走を続けているが、本来はそうではないタイプ。

気持ち一つで自分のリズムで走れるなら別に逃げなくても良いですし、

今回はプリメラアスールを行かせて番手からの競馬でも十分OKだろう。

枠配置次第だと思うが武豊はこの手のタイプは相性が良いですし、

自分の競馬をして持ち味を活かせるなら当然ココでも台頭の余地はある。

 

 

デニムアンドルビー

正直全盛期の力があるか?と言われると微妙な感じもしますが

超久々の芝の2戦はそこまで負けてないですし内容も悪くない感じ。

予想的にはこの馬の扱いは非常に難しい感じはするのですが、

前走フェブラリーSの大凡走の影響で人気落ちは必至ですよね。

ただ、やや距離不足な印象は確かに否めない。

 

 

シャルール

一時はもっと上を目指せる馬という印象があったのですが、

ココ最近の迷走っぷりはちょっと悩ましいところですよねぇ。

気持ち一つなタイプな感じもしますしここも扱いが難しい。

その点からもいきなり軸で狙いたいタイプというより相手で。

鞍上が今確変なのでそう言う意味では怖さはある。

 

 

中山牝馬ステークス2017予想と出走予定馬分析まとめ

と言うことでざっと上位人気についてまとめてみました。

上位勢はG1でも好走を繰り返した馬たちもいるのは確かですが

冒頭にも書いた通り絶対的に抜けた馬はおらず難解な印象。

オッズも割れそうですし最終予想もどう組むか?難しい所。

 

 

ちなみに!

中山牝馬ステークスと言うレースはどういう傾向があるのか?

これも皆様に是非とも知っておいて頂きたいのですが

「基本的に堅く収まることは少ない」レースなんです。

 

 

実際、過去10年の単勝オッズ別データを見ても…

こんな感じで上位人気馬が順当に来てない傾向にあるレースです。

それならば!当然ですが一発狙って予想を組みたい所ですよね。

 

 

と言うコトで人気的にはなめられて人気になってきそうですが

この舞台設定&状況がガラリ一変したことで台頭の余地がありそうな…

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

タイプ的にもじわじわ伸びるような競馬をさせるよりも

スパッと切れる脚を活かしたほうが間違いなく合うタイプの馬。

前走は鞍上がそれを証明して強い競馬を見せつけることに成功した。

そもそもここで上位人気になるような馬とも接戦の競馬をしているし

斤量は今回この馬にブンがあるのでそれなら頭まで十分ある。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!!

今週重賞の最終穴馬も発表予定です!!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━

大荒れの中山牝馬Sで分厚く狙うベき馬を無料で提供します

ナカガワです。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

 

 

古馬牝馬同士によるハンデ重賞は紛れが生じやすく波乱決着が大前提。

当然、この中山牝馬Sも例外ではない。

現に3連単の配当は、近10年で7度も10万馬券オーバーとなっており、うち4回が50万円以上。

阪神競馬場で行われた2011年には、200万馬券という長徳大万馬券決着まで飛び出している。

 

高配当決着が続出しているのには、ハンデ戦であることや、小回り中山の1800mという舞台設定も関係しているが、レースが実施されるタイミングにも理由がある。

それは、社台グループ生産牝馬のほとんどが6歳春での引退・繁殖入りが既定路線になっているからだ。

つまり、このレースがラストランになる牝馬が存在し「有終の美」を飾るべく“メイチ勝負”をかけることもあるというワケだ。

無論、全ての6歳牝馬が勝負という訳ではなく、馬券的中へと繋げるためには、

確かな関係者情報を入手して、陣営の勝負度合いを見極める必要がある。

 

 
さらにこのレースは、GI・ヴィクトリアマイルの前哨戦でもある。

現役続行する馬にとっては叩き台になるわけだから、引退前のメイチ勝負の馬たちとは、仕上がり具合やヤル気にも温度差があるのは言うまでもない。

今年も超波乱決着の可能性が十分にある中山牝馬S。

既に我々シンクタンクは、ブ厚く狙うべき“激走穴馬”の情報を掴んでいる。

今週、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様に限り、中山牝馬Sの【爆穴3連単情報】を特別無料公開させて頂く。

情報通りに嵌まれば特大万馬券も十分に有り得る爆穴3連単情報を、是非ともその目でご確認頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第35回 中山牝馬S(G3)

超波乱決着の可能性が十分にある

ブ厚く狙うべき“激走穴馬”の情報を独自スクープ!

 

中山牝馬S【爆穴3連単情報】を特別無料公開!

【無料】中山牝馬Sの情報はここをクリック!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ