【中山記念2017】予想オッズ&出走予定馬分析


今回は中山記念2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

前回の記事でも書いたのですが、大阪杯やドバイに向けてのステップR。

リアルスティールやアンビシャス等、かなりの有力馬たちも出てきますし

面白いレースを見ることができそうで非常に楽しみでワクワクしていますw

今回は現時点での予想オッズ・出走予定している馬たちの分析を行います。

 

 

それではまずは現時点での予想オッズから見ていきましょう。

中山記念2017予想オッズ

1 アンビシャス   2.4
2 リアルスティール 3.0
3 ツクバアズマオー 6.1
4 ネオリアリズム  6.6
5 ロゴタイプ    10.6
6 ヴィブロス    11.9
7 ヌーヴォレコルト 13.2

ざっとここまでが10倍圏内の支持を受けている馬達となっています。

 

 

上位勢の有力馬は別としてなのですが、

少頭数での開催の割には前に行きたい馬が揃っている一戦。

 

 

ちなみに中山記念はそもそも前に行く馬が有利になりやすい。

実際、過去10年の結果を見ても…

いかがですか?

追込馬は馬券内になることはありますが、なんと勝ち鞍は0。

これに対して先行馬はかなり安定して好走している感じです。

 

 

しかし!

もう一点忘れてはならない事がこの評価からわかるのですが…

「上がりでスパッと良い脚を使える馬は回収率が非常に高い」

という点ですね。

 

 

ということで最も馬券内に来る可能性が高いタイプは…

「先行できる上にスパッと切れる脚を使える馬」です。

 

 

これを頭に入れた上で、

ざっと上位人気馬から順番に分析を行っていきますね。

 

 

アンビシャス

当然ですが能力的にはここでは上位の位置づけ。

それに休み明けからも好走するタイプですし不安材料も少ない。

強いて言うなら今回は大阪杯に向けての叩き台の一戦であること。

しかし、最近は外厩施設の発達もありこういうタイプの馬であっても

叩き台でしっかり好走して、本番でも走ることが多いですよね。

 

 

リアルスティール

斤量58キロと言うのは確かに気になる材料ではあるのですが、

昨年もここを叩いてドバイでも圧勝劇を見せましたよね。

まぁとは言ってもあくまでも叩き台なのは濃厚ですし、

無理はさせないで自分の形に拘って乗ってくるでしょう。

鞍上は戸崎ですし無難に乗ってくるのではないか?と思う。

どう考えてもここでは力が上だし軸にする安定感があるのはこれ。

 

 

ツクバアズマオー

勢いは確かにあるのですが、格下感は否めないですよね。

今は状態も良いのだと思うのですが、流石にこの相手に足りるか?

今回はかなり人気も被ってきそうですし…妙味は薄い気もする。

脚質的にも安定感は無いですし何とも言えない感じはする。

 

 

ネオリアリズム

別に逃げなくても自分のリズムを守って好位から行ける馬。

タフな馬場も大丈夫、切れ味勝負でも大丈夫と不安も少ないし

仮に上位勢に逆転できるならこの馬ではないか?と思わせる。

距離もマイルよりも多少伸びた1800mならなお競馬はしやすい。

ここでの好走次第で今後どこを使うか?も決まってきそうですし

個人的には妙味あるならここかな?と言う感じもしている。

 

 

ロゴタイプ

うーん…中山と言うのはこの馬にとってはプラスになるはずですが

昨年もボロ負けしてしまっているしメイチはもっと先な気もする。

斤量も58キロを背負いますし、自分の競馬ができれば面白いかもですが

今回は前に行きたい馬も多いし…現時点ではなんとも言えない気もする。

 

 

ヴィブロス

そもそも小柄なこの馬にとって今の中山はどうかなという気も。

ましてや脚質的に安定しない馬がこの相手に通用するのか?

個人的な感情をここでぶつけるのも申し訳ないのですが、

前走は完全にハマっての好走と言う感じがあったのも事実ですし

変に人気してくるようであればあまりそそらない気もするが…。

 

 

中山記念2017予想と出走予定馬分析まとめ

ということでざっと上位人気に推されそうな馬たちを見てきました。

G1でもガンガンやれる馬が揃っていますし、意外と予想的にも難解。

 

 

軸にするならリアルスティールが一番良さそうな感じはしますが、

確かに58キロは気になりますし…頭は取りこぼす可能性も。

これは前回の記事でも言及させてもらった点ではありますが。

 

 

では穴馬として面白いのはどの馬か?

ここをしっかりと見抜くことができれば簡単に取れそうです。

という事で最後に穴っぽい馬で魅力ある馬を発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

まぁ穴って言うほどでも無い気はするのですが、

昨年暮れのあんな無茶なローテでも崩れずに走っていた点は好感。

これも勝ちきれるタイプでは無いのですが、斤量面も魅力的。

好位から競馬できるし相手なりに確実に走れるタイプなので

最終予想で2,3着狙いで馬券をハメるのは面白いかもしれない。

ただ状態面だけは気になるので最終追い切りでしっかり動きを見たい。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!!

今週重賞の最終穴馬も発表予定です!!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━

中山記念のメイチ予想を無料で提供する!と意気込みの予想サイト

タカハシです。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

 

昨年は2冠馬ドゥラメンテを筆頭に、リアルスティール、イスラボニータ、アンビシャスといった実力馬が顔を揃えた中山記念。

今年もリアルスティールとアンビシャスが2年連続で参戦するのに加えて、

秋華賞馬ヴィブロス、一昨年の覇者ヌーヴォレコルトや、同2着馬のロゴタイプといった

GI馬たちの名も見られ、今年の古馬中距離路線を占う上でも注目の一戦となることは間違いないだろう。

ただし、リアルスティールやヴィブロスにとってはドバイ遠征前の叩き台であり、

アンビシャスも今年からGIに格上げされた大阪杯が目標と

、このレースはあくまで前哨戦として捉えた上で参戦する馬も少なくない。

実際、昨年勝利したドゥラメンテについても、

状態面に関して「良くて8分」と陣営が慎重な姿勢みせていた。

クビ差の辛勝となったのも、ドバイ遠征を控えた長期休養明けで、

まだ余裕残しの仕上げだったことが影響したものだろう。
とは言え、多くの関係者が注目している手前、

陣営は「全く自信がない」「デキてない」など、マイナス面を堂々と公表するわけにもいかない。

そのため、マスコミが向けのコメントは当たり障りのないものばかりになっていき、

世に出回る情報も馬券の役に立つものではなくなってしまう。
では“本物の関係者情報”を入手するにはどうすればよいのか。

そこは当社シンクタンクにお任せ頂きたい。

一世を風靡したハイセイコーの主戦を務め“鉄人”として知られる増沢末夫元騎手・調教師や、

8戦無敗のスーパーカーことマルゼンスキーの主戦を務めた中野渡清一元騎手・調教師など、

競馬界の大物OBが情報ルートとして多数在籍する当社は、

関係者たちも「この人達に聞かれた嘘はいえませんよ」

「信用できる大先輩だから何でも話すんです」と話すように、

新聞には掲載されないような“本物の関係者情報”が入ってくるのだ。
なんと、今年の中山記念では

「もし、この馬がアタマでも取れば5万馬券決着どころではない」

と関係者が豪語する“激走穴馬”の存在を掴んでいる。

まだ“本物の関係者情報”を知らない方に、当社の情報力を存分に味わって頂くため、

当社を初めてご利用頂く方に限り、

今週は中山記念の【爆穴3連単情報】を特別無料公開することが決定した。

今週馬券を買う方は、当社がお届けする“本物の関係者情報”を是非入手して欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 第91回 中山記念(G2)
「もし、この馬がアタマでも取れば

5万馬券決着どころではない」

と関係者が豪語する“激走穴馬”を独自入手!

中山記念【爆穴3連単情報】を特別無料公開!

<無料!>先着100名様に教えます!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ