【京成杯オータムハンデ2017】予想オッズと出走予定馬分析


今回は京成杯オータムハンデ2017の予想を中心とした記事です。

言うまでも無いですが中山マイルでハンデ戦ということもあり

どう転んでも大荒れになることが多いレースの1つがここです。

2年前には3連複26万馬券が飛び出して仕留めることが出来ましたが

もちろん2017年も思い切って高配当を狙っていきたいと思っています。

上位人気馬もかなりオッズが割れてくる形になりそうですが

果たしてどの馬が台頭してくるのか?予想を行っていきますね。

 

 

まず、京成杯オータムハンデがいかに変なレースなのか?

という事をお伝えしておきたいのですが以下を見てください。

いかがでしょうか?

 

 

1番人気の信頼度がかなり低いレースなのはわかりますが

何故か2番人気がやたらと好走しているレースなんですよね。

そして10番人気以下の人気薄の台頭も目立っていますし

上位には普通に穴馬が絡むレースと見てOKでしょう。

 

 

それと何度も記事内でご紹介して恐縮なのですが

この京成杯AHは2年前とんでもない配当を叩き出しました!

【京成杯AH結果】三連複26万!印4点で的中⇒上位独占

 

 

加えて中山マイルのハンデ重賞は結構相性が良いので

もちろんここも仕留めて9月はガッツリ稼ぎたい所!

と言うことでそろそろ今年の予想に入っていきますね。

まずは現時点での予想オッズからご紹介いたします。

京成杯AH2017予想オッズ

1 グランシルク    2.9
2 ダノンプラチナ   4.5
3 マルターズアポジー 5.2
4 ボンセルヴィーソ  6.9
5 ブラックスピネル  7.7
6 ロードクエスト   12.9
7 ダノンリバティ   17.9
8 ウキヨノカゼ    19.9

ざっとここまでが上位人気の支持を受けそうな馬たちです。

それでは上位人気から順位分析を行っていきたいと思います。

 

 

グランシルク

ここまでずっと勝ちきれずに来た馬で毎回甘さを見せる馬。

ただ今回は鞍上に田辺先生が乗る形になってくるのですが

田辺は中山マイルは非常に相性が良く本当にこの条件は上手い。

特殊でトリッキーなコースだからこそ技術な差が出ますし

この鞍上を確保できたことで一気に軽視できない馬となった。

馬自体は大したこと無いと思いますけどね。軸はないかな。

 

 

ダノンプラチナ

前回の関屋記念の時にもこの馬については記したのですが

脚元に爆弾を抱えている馬なので毎回がメイチ仕上げ。

とにかく一戦一戦がこの馬にとっては大事になってくる。

今回は58キロを背負うので間違いなく前走より条件は悪いですが

秘めている潜在能力だけなら言うまでもなくここではTOPクラス。

極端な内枠だと厳しいと思うのでこの馬は敢えて外のほうが良さそう。

 

 

マルターズアポジー

58キロになったことで課題になってくるのは前半でいけるかどうか。

今回は絡んできそう馬もチラホラいますし前走のようには行かないはず。

外目の枠を引いて前半で相当脚を使わされる、なんて展開になったら×

とにかくスムーズに逃げてどこまで粘れるか?と言うタイプなので

逃げ馬との兼ね合いが大事になってくるのは間違いないだろう。

 

 

ボンセルヴィーソ

別に絶対行かなければならない馬ではないが行けるならハナが理想。

マルターズに絡まれてまで絶対に逃げる姿勢は取らないはずなのだが

鞍上松山はどちらかと言うと積極策を取ってくることが多いので

今回は早め先頭ぐらいの気持ちで乗ってくる可能性はありそう。

後は3才世代はとにかく弱いのとこの馬自体が相手なりのタイプなので

頭で狙うというよりは2,3着で狙いたいタイプかなぁと思う。

 

 

ブラックスピネル

久々の一戦。安田記念の大敗は致し方なかったとは思うが

ある程度前目で競馬してスローならチャンスはありそう。

ただメンツをみる限りそれとは全く逆の展開になってきそうですし

ここは相当恵まれないと台頭は厳しいような気もしているが…。

 

 

ロードクエスト

昨年の覇者。斤量も軽かったし完全に展開にも恵まれた。

今回は57.5キロになりますし条件は昨年よりも悪くなりそう。

加えてこの厩舎の馬はとにかく古馬になってからの成長力が皆無。

それだけに人気してくるようなら積極的には狙いたくないが…。

 

 

追記:9月6日

前走出走馬分析も動画にて行いました。コチラも参考にどうぞ。

(PCの方は大画面表示で快適に見れるかと思います。)

 

 

京成杯オータムハンデ2017出走予定馬分析まとめ

と言うことでざっと上位人気の支持を受けそうな馬を見てきました。

まぁ正直何が来てもおかしくないレースと言う感じがしますし

展開・枠次第で何とでもなる感じはしております。

 

 

後は今回の上位人気馬は比較的斤量を背負う馬が揃っていますね。

そこで過去10年の斤量別データもご紹介しておきますが…

軽量ハンデの馬の台頭がかなり目立っているんですよねぇ。

 

 

2017年は51.5~53キロ以下の馬は該当馬が2頭のみ。

ストーミーシーとオールザゴーです。

まぁ3歳馬のオールザゴーは厳しいとは思うのですが

ストーミーシーは展開次第ではハマる可能性はアリそうです。

 

 

後は現時点ではありますが僕が一番気になっている馬については

いつも通りではありますがランキングにて発表致します。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

まぁベタな狙いと言えばそうかもしれませんがw

中山マイルは特殊なコース形態で巧者狙いは当然の策。

何度か狙ったことある馬ですが今回も穴馬として面白いと思う。

今回は良い感じにオッズも下がりそうなので楽しみ。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

今週はセントウルS・京成杯AHの最終穴馬をお届けします!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

京成杯AHを3点勝負で仕留めて見せますと豪語するサイト

長岡です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

 

秋競馬の開幕週。中山競馬場で行われるハンデ重賞。

2012年から「サマーマイルシリーズ」の最終戦に指定され、

今の京成杯AHは秋のGI・マイルCSを目標に始動する馬も多い。

 

過去10年の傾向、人気馬の成績は、1人気[1.0.1.8]、2人気[5.1.2.2]

3人気[2.0.2.6]と1人気で勝利したのは昨年の覇者ロードクエストのみ。

全体的には人気を裏切るケースが多いレースと言う感じだ。

 

15年には13人気フランジェリコ 11人気エキストラエンド

7人気ヤングマンパワーの組み合わせで3連単222万7820円の特大馬券も出た。

1番人気の成績が悪く、2桁人気の穴馬の好走も少なくない、

 

秋のマイル王決定戦のマイルCSを目標に叩き台で使われる馬、

賞金加算が最大目標の馬、サマーマイルシリーズ優勝を目指す馬など、

使い方がそれぞれだが陣営の本気度が分かれば狙って獲れる!

 

ちなみに昨年の京成杯AHも馬連2280円、3連単1万9430円のパーフェクト的中。

今年の京成杯AHも、「早くからココ目標」と豪語している陣営の勝負情報を

競馬セブンは入手済!高配当馬券確実な裏情報だけに見逃せません。

 

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、

公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、

極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には

情報は勿論のこと最終ジャッジの『新潟記念・3点勝負』を特別公開。

 

情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味して

ジャッジするため、当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第62回 京成杯AH(G3)■

自信のペナルティ付き!

もし京成杯AHを3点で獲れなければ

2017年の全GIレースを無料配信致します!

◆3点勝負買い目を無料公開!登録はコチラ



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ