【京都牝馬S 2014】の激穴一発馬とは?


今日はいつも通りレースVTRの整理やら先週のレース動画の見直しを
行っていたのですが、netkeibaをちらっとチェックしていたら
かなり男気を感じる記事を発見してしまいました。

その名も「太と笹田師が交わす男の約束」

です。これはここ最近あまり見ない部類の内容の記事。

 

「一部転載(netkeiba.com様より)」

笹田 8割、9割は、まず調教師がジョッキーを探します。それで、馬主さんに「この騎手が空いています」と打診をして、了承を得る。

──そうなんですね。では、多くは調教師の先生に決定権があると。

笹田 僕は調教師として、負けても絶対にジョッキーのせいにはしません。なぜなら、選んだのは僕だから。負ければ、僕が馬主さんに「すみませんでした」と謝るだけです。

小牧 この時代、そういう調教師さんは、正直少ないですわ。僕だったら、ダメならダメで、ガーッと言ってもらったほうがいいですけどね。黙っていられるよりも。

笹田 今は黙ってチェンジやもんな(苦笑)。

小牧 そうです。そういうケースが多いですから。

http://pr.news.netkeiba.com/?pid=column_view&wid=CH20

 

そうなんですよね、ここ最近は本当に利己主義というか
結果=全てというのが競馬界の主流になりつつある。

 

日本競馬のレベルの格段に上がった大きな要因はやはり

「昔ながらの横のつながりよりも利己主義に拘った事」だと思う。

だが、個人的な意見が強いですが、一番の理想というのは・・・
やはり「騎手と馬のコンビで世界」を制する事だと思っています。

 

オルフェは引退してしましましたが、スミヨンでは無く
池添で行っていたら凱旋門賞はどうなってたのか?

結果はどうあれ、僕は池添とのコンビで見たかったです。

というのは、一競馬ファンとしての思いです。

 

「岡田総師×柴田大知×プレイアンドリアル」

このコンビでダービー勝ったら、競馬盛り上がるんじゃないかと。

個人的には複雑な思いで、ダービーを見る事になりそう。

というのも、プレイが馬券的には軸にしづらい馬だからっす 笑

 

ということで、今日も雑談が長くなってしまいましたが 笑

京都牝馬Sの現時点で考えている激穴狙い馬を挙げておきます。

展開さえ嵌れば突き抜ける穴馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

間違い無くこの馬は伸びる。何回か軸馬にしたこともある。

あれだけ良い脚を使えるし、京都の下り坂を利用すれば一発ある。

そろそろこの馬の鞍上の笑顔が見てみたいところ。頑張ってほしい。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ