【凱旋門賞2016】予想と過去10年のデータ傾向


今回は凱旋門賞2016の予想と過去データを中心とした記事を書いていきます。

今年2016年から海外の主要なレースも馬券が買えるようになりましたね。

そのことから普段は凱旋門賞の予想をしない人たちも全力で取り組んでいるはず。

そこで過去傾向を掴んでいるとある程度絞りやすくなるかな?と思うので

今回は過去データについてもブログでお伝えしていきたいと思います。

 

 

それではまずおさらいですが今年の凱旋門賞の舞台設定から確認していきましょう。

シャンティイ競馬場 2400m

凱旋門賞といえばロンシャンだろ~と言うイメージが強いと思うのですが

今年はロンシャンが改修工事を行っているため、シャンティイでの開催。

 

 

ロンシャンは日本には無いタイプのコース形態なのですがシャンティイは

最後の直線が長く、高低差もあってラストの直線に向けて坂がある。

なんとなくですが東京コースの右回りVerと言う感じがしますよね。

重い馬場×タフな舞台設定なので切れる脚が使える馬というよりも

圧倒的にパワータイプの馬が台頭する舞台としてみたほうが良い。

 

 

そしてフランス特有の重い馬場で芝で開催されるレースとは言え

日本のそれとは全くもって異なるものと考えたほうが良いと思います。

まだ日本の競馬で近いとすれば冬場に開催される中山が近い印象です。

中山の直線がグンと伸びたというようなイメージでしょうか?

 

 

ちなみにこの舞台設定はエイシンヒカリがぶっちぎったイスバーン賞と同じ。

エイシンヒカリもバリバリの欧州血統では無く好走できたいた事もあったし

マカヒキもどちらかというとバリバリ日本血統でも大丈夫なのか?と思うが。

 

 

古くはナカヤマフェスタが日本ではあまりパッとしない成績でしたが

果敢に凱旋門賞にチャレンジして好走した2着に好走しましたよね?

だから適正の差は非常に大きいですしその辺りも頭に入れておきたい。

 

 

続いて凱旋門賞の過去10年の上位入線馬の傾向(データ)をご紹介します。

France    (5-4-7-63)
UK      (2-3-2-21)
Ireland   (2-0-1-26)
Germany   (1-0-1-6)
JAPAN    (0-3-0-10)
Other    (0-0-0-5)

フランスで開催されるレースなので当然フランス出走馬の好走が目立つ。

これに続いてイギリス・アイルランドと続きます。流石は格式高いレースですね。

 

 

そしてご存知の通りだと思いますが、今まで欧州の馬しか勝利していません。

日本馬はエルコンドルパサー・オルフェーヴル・ナカヤマフェスタと2着止まり。

これだけの歴代名馬が頑張っても届かなかった壁をマカヒキが破れるのか?

 

 

続いて性別・年齢別での過去成績データを見ていきましょう。

 

性別データ

牡馬(5-8-8-103)
牝馬(5-2-3-28)

牡馬の方がそもそも圧倒的に出走頭数が多いので好走数は多いですが

率で考えると圧倒的に牝馬の方が好相性を誇っていますよね。

 

 

馬齢データ

3才 (7-1-7-56)
4才 (3-4-3-45)
5才 (0-3-1-24)
6才 (0-2-0-4)
7才~(0-0-0-2)

 

 

そして年齢ですが反則的なほぼに3歳馬の好走が目立っているのですが、

斤量差が大きい事もあり凱旋門賞は例年、3歳牝馬の独壇場になりつつある。

このことがあってさすがに斤量の見直しが行われるプランもあるようですが

今年は3歳牝馬は例年と同じようにかなり軽量で出てくるので注意が必要。

 

 

ラクレソニエール・マインディングの有力3歳牝馬が回避したので

今年はレフトハンドしかいませんが、要注意は必要になりそうです。

 

 

次に前走レース別データ(過去10年)をご紹介いたします。

ヴェルメイユ賞 (4-1-1-11)
愛チャンピオン (3-0-1-11)
ニエル賞    (1-0-3-20)
フォア賞    (0-5-1-22)
ドーヴィル大賞 (0-0-1-6)

 

 

日本ではおなじみの凱旋門賞への叩き台のレースと言えば

ニエル賞・フォア賞の2つだと思いますが、勝ち馬はわずか1頭のみ。

それよりも向こうの一級線G1のヴェルメイユ賞や愛チャンピオン組が好成績。

特にこの傾向は2010年以降、顕著に現れてきているので覚えておきたい。

 

 

今年の有力馬の中からもヴェルメイユ賞や愛チャンピオン組は多数。

レフトハンド

ファウンド

ハーザンド

ハイランドリール

ニューベイ

この5頭です。

 

 

ちなみに有力馬の出走馬分析については前回の記事で紹介しました。

この記事⇒ 【凱旋門賞2016】予想オッズと出走馬分析

 

 

中でもファウンドは前走の愛チャンピオンでは後続をぶっちぎる内容。

昨年の凱旋門賞では外枠が堪えたのか初めてのボロ負けだったのですが

フランスの舞台が合わないのか?外枠がよくなかったのか?

その辺りは未知数な部分はありますが要注意しなければとは思う。

実績だけなら1番人気になってもおかしくないレベルの馬がマカヒキより下。

となれば無理に嫌う必要もないかな?という感じもしています(金曜日時点)

 

 

それと、凱旋門賞と言うレースは比較的荒れる傾向のあるレース。

今年2016年から初めて日本でも合法で馬券が買えるようになったのですが

多くの方が傾向も何も掴んでいない中、馬券を買われるはずです。

そうなってくると人気サイドの馬に投票が集中しそうですし

海外のレースでまともに能力比較出来ていない方も多いハズ。

 

 

日本ではブックメーカーの様に事前にオッズがついているわけでもなく

独自プール方式(25%が胴元が持っているのアレ)なのは頭に入れておきたい。

=簡単に言うと紙面上で全く人気のないフランスの馬などは

どう考えても能力よりも過小評価されたオッズになってくるでしょう。

 

 

過去の傾向を見て、有力馬たちの走りもこの1週間しっかりと見てきました。

そこで1つの結論に至ったのですが・・・

「マカヒキ売れすぎワロタww」

と言う事なんですね。

 

(日本の多くの方がこのように思っているのでしょう。)

 

 

ブックメーカーの単勝オッズでは8倍前後の支持なのですが

なんと日本の独自方式だと3倍を切るかもしれないオッズが予想されている。

おいおい・・・流石にそれはやりすぎですって。

 

 

確かに日本馬で応援したい気持ちはありますが、

前走格下相手にあの程度の内容しかしていないんですよ?

未知の魅力はあるにしてもこんなに人気で買う気が全くおきません。

妙味を狙いに行くなら間違いなくフランス勢の過小評価されている馬。

 

 

と言うことで個人的に今最も気になっている馬がいるのですが

コチラはいつもどおりの流れではありますがランキングで公開します。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

3走前は超久々のレース&舞台設定が合わずボロ負け。

その後2戦使ってきて状態面は間違いなく向上している。

前走もこの馬には向かない流れで負けているだけで度外視出来るし

舞台設定が変わる今回、前目ですんなりの競馬ができれば当然馬券圏内。

有力どころが回避してしまったのである程度人気は予想されますが

ここは大した馬もいないので頭で突き抜ける可能性も秘めている。

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

凱旋門賞のネタも書いていきますしスプリンターズSの話題もお伝えします。

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━

混戦必至!凱旋門賞の3点予想も無料でご提供します!

★的中率7割以上のプロの勝負買い目

スプリンターズS&凱旋門賞の鉄板3点勝負

衝撃穴馬の正体とは!?

↓から無料登録で凱旋門賞・スプリンターズSの予想が見れます

無料登録の詳細はコチラをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【PR】本当に使える競馬予想情報サイトってどこなのか調べてみた

竹下です。今回は原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

 

皆さんいきなりですが、最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね~

正直これだけ沢山のサイトがあるので何が本当に使えるかわからんわい!笑

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そりゃーそうです!

だって世の中にこれだけの情報が溢れかえっているのですから。。

 

その中で色々な読者の方にお声を頂くのですが

「どれが本当に良いのかわからない!!」

「本当に情報として使えるサイトはどこなの?」

という声をお聞きするんですよね。

 

と言うことで今回は無料で使えておすすめ出来るサイトを紹介いたします!

「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

「無料でもなかなかの情報を出してくれる」

 

この3点を中心にランキングを付けてみたので参考にしてみてくださいね。

 

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで

見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

 

【殿堂1】競馬スピリッツ

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.hicchu.net/
【おすすめポイント】
東スポの馬券野郎、虎石晃の予想やグリーンチャンネルなどにも出演している血統馬券師の栗山求氏の予想なども無料でGET出来るサイトです。無料での十分活用できて非常にオススメとなっています。

 

【殿堂2】プレミアム

【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://www.premium-h.jp/
【おすすめポイント】
システム投資を中心とした予想法で主に指数から予想を導いている無料でも情報を出しているサイト。なかなかの精度を保っているようですし無料情報でもなかなか参考になるようです。登録の価値はあるかも。

 

【第1位】ターフオンライン
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://turfonline.jp/
【おすすめポイント】
業界関係者だけが牛耳っている裏ネタなどをお届けしてくるサイト。だいたいこの手のサイトは嘘っぱちのところも多いのですが、ここはしっかりコラムも書いているし予想以外の部分でも参考になるのでオススメ。

 

【第2位】高配当21
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://ko-21.jp/
【おすすめポイント】
「高配当21」は、その名の通り高配当に徹底的にこだわります。競走馬の実績・馬場状態・調教タイム等、様々な角度から弾き出された独自の予想により圧倒的な高配当を弾き出すことが可能です。無料予想も精度高いです!

 

今回ご紹介したサイトはどれも当然ですが無料登録可能なサイトです!

まず無料でしっかりとサイトの情報を手に入れてみて、

気に入ったサイトを使っていくというのが良いのではないでしょうか?

 

おすすめの登録方法はフリーアドレスを取得して全サイトの情報を見てみる事!

これなら迷惑メールなどが来ても心配は無いですし、本当に使える情報を選別して

その後でメインアドレスで受信するという手法も取れますよね!

 

私、竹下もそのようにして情報を選別してこのサイトに辿り着きましたので

まずは無料で皆様も活用してみてくださいね~♪



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ