【勝ち組プロジェクト・サンプル号】馬が力を発揮する条件を考えるという事の重要性


「馬が力を発揮できる条件について」




まず何故この事が重要になってくるのか?という事を書きます。




今回は例に置き換えてお話しします。

まず我々人間においても得意不得意の条件がありますよね?

Aさんは事務仕事は得意だが、経理は苦手。
Bさんは身体を動かす仕事は得意だが、事務仕事は苦手。
Cさんは事務も肉体労働もこなすが、無難で目立たない

など。




馬においてもこういった得意不得意の条件はあるんです。

だからこそコースによる適性や馬場による適性、
距離による適性が現れてくるのです。

あたりまえの事ですが、
皆様はこの事を意識して馬券を組み立てていますか?




だいたい馬券を買う際に皆様が意識する事は
「近走成績」だと思うんですよ。

例えばですが近3走京都1800mで
連続2着に来た馬が阪神1600mに出走してきた。

この手のパターンの馬ならまず間違いなく
上位人気になるでしょう。




しかし、この馬が阪神の1600mで好走するか
どうかはわからない。

実際この手のパターンで吹っ飛ぶ馬は多数います。




上記に挙げた馬は・・・

京都1800mは不得意だが2着に来ていたのか?
京都1800mは得意で2着に来ていたのか?

この差は非常に大きいです。

わずか距離が200m変わったりコースが変わるだけで
馬の順位は大きく入れ替わります。




もちろん展開により大きく着順も入れ替わります。

だからこそ馬が力を発揮できる条件について
常に意識して考えることは非常に重要です。

1600mまでしかこなせない馬が1400mに出走してきました。

このパターンはまだ買える材料になりますが、
1600mまでしかこなせない馬が1800mに出走してきました。

このパターンはあまり買えないパターンです。




しかし、この馬が1600mでもスローの瞬発力勝負を
得意としていた馬なのであれば1800mでも買える要素はある。

基本的にスローの瞬発力勝負になった場合は
距離の要素はあまり関係ありません。




コースで言うと阪神2400mなんかは距離適性は
あまり関係ないコースの典型的な例です。

この条件はとにかく瞬発力勝負になりやすいので、
2000mまでしか走らない馬でも

瞬発力勝負を得意としている馬なら好走する可能性がある。




例えばこの条件で開催される
秋の神戸新聞杯についてお話しますが、

ここは菊花賞に直結するレースなので
皆様も注目するレースとなるでしょう。




ここで菊花賞で買えるパターンの馬ですが・・・

1 自ら動いて早めにしかけて粘りとおした馬
2 ハイペースになったが最後までばてることなく伸びた馬

この2パターンは菊花賞でも好走する可能性の高い。




逆に瞬発力勝負で直線だけの競馬で神戸新聞杯を制した馬
というのは菊花賞では通用しない事が多い。

その為、菊花賞というレースは皆様が全く持って
狙っていない人気薄などが突っ込んでくることがあるのです。




馬券を買う際にただ、近走成績を眺めて馬券を買うのではなく、

特に上位人気馬については条件が

合っているのか? 合わないのか?

という事を意識して予想していけば堅い人気馬なのか
危険な人気馬なのか?という事が見えてきます。




危険な人気馬がいるという事は、必然的に
好走する可能性の高い穴馬を発見することにつながる。

ここまでお話しすればもうお分かりかも知れませんが、




穴馬が好走するときに多く見られるパターンは

近5走の成績があまり良くないが
条件がマッチしたため好走するといったことが多い。

これは下級条件では頻繁にみられるので、
皆様も意識してみてはいかがでしょうか?

勝ち組プロジェクトの詳細は⇒ 「こちらから



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ