【天皇賞・春2018】予想オッズと出走馬分析&勝馬神社に行ってきたお話


今回は天皇賞・春2018の予想を中心とした記事を書いていきます。

キタサンブラックという圧倒的な力ある馬が引退してしまった事で

2018年の出走馬のメンツはかなりカオスになってしまいそうですね。

例年は天皇賞・春のG1としての価値が下がってしまっている感じで

本当のスターホースはここを回避することも増えて決まっています。

オッズも上位勢はかなり割れる形になってきそうな感じはしますし

予想も難しそうですがざっと出走馬分析を行っていきます!

また月曜に茨城の勝馬神社に行ってきたのでその話も書きます。

 

 

勝馬神社に行ってきたお話

ココ最近、どうにも競馬予想の調子が上がってこないので

運気を変える意味も込めて茨城の勝馬神社に行ってきました!

 

 

茨城の勝馬神社は美浦トレセンの近くあるのですが、

稲敷市にある大杉神社の中にある一つと言う形になっています!

 

 

 

 

ココ最近は遊ぶにしてもこういう新鮮な事では無く

ぐーたらする事が多かったのですがやっぱり良いですね!!

自分の中でも大きな変化が目に見えてわかるわけではないですが

同じ事の繰り返しばかりをしていると気持ちも滅入ってきます。

 

 

人のリズムと言うのは本当に面白いもので

ちょっとしたきっかけと努力があるだけで波が変わる事も多いです。

 

 

なかなか悪いリズムにいる時は答えが見つからず、

更に悪い循環に入ってしまうことも多いんですけどね…。

僕も最近はそんな感じになっていたのかな?と思うフシもあるので

今回、本当に神社に行って良かったなぁ~と心から思ってます!

 

 

後は結果を残すだけ!

4月もラスト週になりますが現状なかなか厳しい結果が続いています。

なんとかコレをきっかけに流れが変わって来れば最高なのですが

努力も怠らず頑張っていこうと思っております!!

 

 

後、せっかく茨城に向かったら行くべき所があります。

それは…僕もいつもお世話になっているトレセン同志会代表の事務所。

 

 

相変わらず怪しい感じが漂っていて最高でしたよ。

安心しました。笑

 

 

茨城に行く時はちょこちょこお伺いしているのですが、

今回も1時間ほどの短い時間でしたがお邪魔させて頂きました!

たったの1時間ですがかなり濃い1時間を過ごせたかと思います。

ありがとうございました!

 

 

と言うことで雑談から入ったのですが、

そろそろ本題の天皇賞・春のお話へ入っていきますね。

 

 

天皇賞・春予想オッズ

まずは現時点での予想オッズからお知らせしておきます。

1 シュヴァルグラン  3.3
2 レインボーライン  3.7
3 ガンコ       5.2
4 クリンチャー    6.4
5 サトノクロニクル  7.4
6 アルバート     12.5
7 トーセンバジル   13.3
8 チェスナットコート 14.2

ざっとここまでが10倍圏内の支持を受けそうな馬たちです。

上位勢はかなり人気が割れる形になってきそうな感じはしますが

おそらくシュヴァルグランが1番人気になるのは間違いないでしょう。

 

 

出走予定馬分析

シュヴァルグラン

そもそも前走の大阪杯は明らかに適正とは離れすぎた舞台設定だった。

加えて明らかに叩き台の一戦だったし負けて当然と言える内容でしたね。

鞍上の三浦も確かにこの馬の持ち味を活かせなかったと思いますが、

下手に外ぶん回したり捲くったりして持ち味を活かす競馬をしていたら

消耗して馬に相当負担がかかる内容になっていたはず。

そういう意味でもレースを久々に経験させてピリッとした事で

内枠に入って昨年同様ロスのない競馬を出来ればまず勝ち負けでしょう。

 

 

レインボーライン

予想オッズとは言えまさかここまで人気になってくるとはと言う印象。

昨年は確かに枠が悪すぎて凡走してしまったのは事実なのですが

そもそも不器用な馬で好枠を引いても持ち味を活かせるかは未知数。

スタートも良くないし内目を捌けるタイプの馬でもないですし…。

外枠に入ったら昨年どうよう厳しい競馬になる可能性は高いと思うが。

 

 

ガンコ

上がり馬。確かにココ最近のこの馬の安定っぷりは目を張るものがある。

前走内容は普通にかなり強かったし鞍上も焦らず冷静に乗れていた。

今回も好枠を引いて馬の持ち味を活かせる競馬をすればと思いますが

昨年の暮れから芝を試し始めて使い詰めというのはかなり気になる点。

加えて3200mへの距離延長がドンズバでハマる?と言われれば微妙だし

勢いで人気するかもしれませんが課題とする点が多いのは事実。

 

 

クリンチャー

前走の阪神大賞典でもそうでしたが難しさを見せての内容だった。

元々外から被されたら持ち味を活かせずのタイプだったですし

最近は競馬ぶりが良くなっているとは言え乗り替わりは正直マイナス。

鞍上三浦にとってもここで初のG1制覇の可能性も見えてきたのですが

好枠に入り強気の乗って早め先頭みたいな競馬をすればと言う所か。

 

 

サトノクロニクル

3走前低レベルな相手に勝利して有馬記念は好枠を引くも力足りず。

前走の阪神大賞典は55キロだからこそ好走できた感じはしますし

ハーツクライの爆発力で急激な成長があったとしても正直微妙。

そもそも距離延長して持ち味を活かせるタイプか?疑問だし、

ここは舞台設定は絶対に嵌りますか?と言われると…。

 

 

アルバート

長丁場のスペシャリスト。3走前のアルゼンチン共和国杯は

圧倒的に内目をロス無く立ち回った馬が有利な馬場の中で、

外から脚を使って58.5キロでも強さを活かす競馬を見せていた。

天皇賞・春の舞台設定は過去2年連続して惜しい競馬だが

位置取りが悪く上位勢には届かない内容だったのは事実。

ただ、例年と比べると明らかに2018年はメンツが手薄。

今までと違い堀厩舎がここを目指すローテを組んできたし

前走は叩き台な上に福永が強気に動かさない競馬で4着入線。

枠次第だが普通に上位台頭あっても驚きはしないですよ。

 

 

予想まとめ

と言うことでざっと上位人気馬について分析してきました。

上位に推されている馬自体がどれも小粒な印象を受けるので

正直2018年は枠次第で波乱になる可能性は十分あるでしょう。

 

 

言うまでも無いですがこの天皇賞・春自体は

枠順による有利不利があまりにも大きすぎるレースの1つです。

 

 

ここまで極端に1枠が有利なレースも珍しいですが

まぁどんなに力が足りない馬でも内枠に入ったら要注意。

その点だけは頭に入れておきたいポイントですね。

 

 

と言うことで内枠に入ったら鉄板の馬については

いつも通りですがランキングにて発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

天皇賞・春の最終穴馬はメルマガでお届け予定!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

フェブラリーSでも57万円獲得!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

天皇賞[GI]・馬連1点勝負】

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 馬連1点勝負で断然の実績! ■

フェブラリーS(GI)
1着:○ノンコノユメ
2着:◎ゴールドドリーム
[馬連1点勝負] 1140円的中

きさらぎ賞(G3)
[馬連1点勝負] 1440円的中
AJCC(G2)
[馬連1点勝負]  460円的中
日経新春杯(G2)
[馬連1点勝負] 1680円的中
チャレンジC(G3)
[馬連1点勝負] 1540円的中
ジャパンC(GI)
[馬連1点勝負] 1770円的中

▼天皇賞の1点勝負を無料で入手!▼

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

【緊急情報発令】※天皇賞・春3点勝負確定!

練りに練った最終予想をお届けする集団。

それが競馬術の馬券プロ集団の真髄です。

今回は緊急情報発令で的中濃厚馬券炸裂?

初めて当サイトをご利用頂く方限定。

【天皇賞・春の3点勝負の予想を無料提供!】

※無料登録で天皇賞・春当日13時頃予想配信!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ