【天皇賞・秋2016】モーリス・エイシンヒカリは好走できるか


今回は天皇賞・秋2016に出走予定の2頭について見ていきましょう。

この記事ではモーリス・エイシンヒカリの強さについて追求します。

世界でも活躍している2頭ではありますが、2頭とも不安があるのも事実。

 

 

まずはエイシンヒカリから考えていきたいと思います。

 

 

エイシンヒカリの強さと弱さ

ご存知の通りだと思いますが、この馬のハマった時の強さは異常的。

 

 

ハマった時は世界の舞台でもぶっちぎり圧勝の競馬を見せる。

イスパーン賞の走りは特に強烈でしたよね?

あれだけの極悪馬場を全く気にせず後続を突き放す内容。

 

 

更に若駒の頃ですが、ノリさんが馬の気のままに走らしてみると

前半58.2秒の超ハイペースで飛ばして外ラチへ逸走しながら圧勝。

とにかく馬の気持ちさえ乗った時は強い競馬を見せる馬ですよね。

 

 

しかしハマらなければ格下相手にもアッサリと負けてしまう。

外から被されたりすると馬が嫌気を出して力を出さないし

脆さも秘めている馬と言うのは間違いないんですよね。

まさに昨年の天皇賞・秋はこの形で凡走を喫していましたね。

 

 

ではどういう展開や枠配置になると強いのか?弱いのか?

まずは最悪のパターンから考えていきましょう。

 

 

・内枠配置になってスタートで出遅れた場合

・大外よりの枠になって内目の早い馬が前に行った場合

この2パターンでしょう。

 

 

確かに番手から控えて海外で強い競馬もしたのですが、舐めれていた。

すんなり被されず行けてあの競馬をしての圧勝劇でしたよね?

 

 

2016年の今年は廻りもエイシンヒカリの強さは皆わかっているので

有力所の馬が早めにこの馬に被せて来る展開になったすれば?

昨年の様に掲示板にも乗れない可能性は秘めていると思います。

 

 

鞍上も馬鹿じゃないのでその点はわかっているはずなので

道中は飛ばしてこの馬の気持ちに逆らわない様に乗るはずなので

そうなれば前目に付けた馬たちを突き放して圧勝もありそうですが。

 

 

この馬が最も好走できるパターンとしては

・前に行きたい馬が行かず、すんなり行かせてくれた場合

・有力所の馬たちがノーマークで行かせてくれた場合

です。

 

 

ただ、今回は強烈なマークをしてくるのが「ムーア&ミルコ」

と言うのはやはり厳しい戦いを強いられる可能性は高いですよね。

 

 

続いてモーリスの強さと弱さについて考えていきましょう。

 

 

モーリスの強さと弱さ

まず、距離についてなのですが敢えてマイルに拘らず

距離延長してきた理由にはいくつかの側面があると思います。

 

 

一つは種牡馬としての価値を高める事でしょう。

マイルのみでしか実績がないとすると種牡馬価値も上がらない。

これが2000mでも好走出来る素材がある馬とすれば重宝されるはず。

ここで結果を残せて香港でも圧勝すれば種牡馬としての価値は10億は変わる。

 

 

天皇賞・秋に出走して⇒2016年は香港で締めると宣言してますし

堀厩舎ですので仕上げについては抜かり無いでしょう。

当然逆らいづらい1頭になるのは間違いありません。

 

 

そしてもう1点もほぼ上記と同じ共通点なのですが

ノーザンファームサイドの思惑だろうと思います。

 

 

ご存知の通りかもしれませんが、馬主の吉田和美氏は

ノーザンファームグループ代表、吉田勝己氏の嫁です。

そして息子は吉田俊介氏(サンデーレーシングの代表)です。

 

 

社台グループは現在3分化されていて、

吉田照哉・吉田勝己・吉田晴哉氏の3つの大派閥を抱えている。

この中で最も活躍馬を排出しているのは言うまでも無くNF関連。

次男の吉田勝己氏の血筋がものすごい力を付けてきています。

 

 

吉田照哉(社台)

吉田勝己(ノーザンファーム)

吉田晴哉(追分ファーム)

 

 

どうでしょう?

最近の活躍馬は圧倒的にNF関連の馬だらけ。

社台・追分ファームなんて殆ど有力馬を出していませんよね?

 

 

ノーザンファームはインテリチックで実力主義。

仁義もクソもないなんて噂されているのですが、

結果を残しているのですから何の逆らう余地もありません。

当然ここでもNFの意地を出してくるでしょうね。

 

 

ではモーリスの脆さは何なのか?

 

 

まず一つは誰もがご存知の通り距離適性でしょう。

2000mでどれだけのパフォーマンスを見せれるかは微妙な所。

そして折り合い面。2走前の様に我慢が利かないと脆さもある。

 

 

しかし、全ての不安材料をアッサリかき消すのが

鞍上ムーア

という点です。世界NO1,2を争うムーアが乗ったとすれば

はっきり言ってどの馬も別馬の様なパフォーマンスを見せます。

 

 

世界の名手ムーアに加えて

日本NO1、今や世界のNO1厩舎とも噂されるレベルの堀厩舎

そして馬主は日本NO1の力を持つノーザンファーム。

 

 

これだけの要素が揃っていて逆らう余地なんて到底無いと思います。

素直に現代競馬の象徴として受けいるれるのが正解かなと。

 

 

実際、天皇賞・秋に出走してくる有力馬を見てみると…

 

 

エイシンヒカリ(栄進堂)

モーリス(吉田和美・実質ノーザン)

ルージュバック(キャロットファーム・NF)

ステファノス(キャロットファーム・NF)

ラブリーデイ(金子オーナー・生産NF)

リアルスティール(サンデーR・NF)

 

 

どうですか?

もうね、ノーザンファームの運動会みたいなもんなんですよw

 

 

ちなみにエイシンヒカリ・モーリス以外の有力馬については

別記事で既に分析も行っておりますので御確認下さいませ。

⇒ 【天皇賞・秋2016】予想と出走予定馬分析

 

 

最後になりますがそんなNFが最も勝たせたい馬はどれなのか?

いつも通りの流れになりますがランキングで発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

なお、天皇賞・秋の最終穴馬については無料メルマガでもお届けします!

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業35年【ホースメン会議】

実力を知って頂く為の特別無料配信!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━

7割当たって万馬券も獲れる!

「1日1鞍の渾身予想」を

10月29日~11月20日までの
4週間無料公開!!

今週は【天皇賞(秋)】の出走馬全頭の徹底分析も無料配信!

天皇賞(秋)の馬券を買う前に必ずご確認ください!

【無料!】渾身予想を無料で見る

 

PR【天皇賞・秋は間違いなく血統が決め手となるレースです!】

天皇賞・秋に賭ける思い…

グリーンチャンネルの競馬場の達人にも出演したことのある

プロの血統評論家が選ぶ天皇賞・秋の厳選馬はこれだ!

 

競馬は血統が大事と良く言われています。
そんな血統から予想することで注目度が高い人間は誰か!?

それは、
血統評論家「栗山求(クリヤマモトム)」
さっそく調べてみたところ、

競馬スピリッツという競馬予想サイトへ予想を提供しているようです!

【栗山求】
◆負けない予想家
◆投資効果抜群の回収率

今週の無料予想は、
10/29(土)京都11R スワンS(G2)
10/30日)東京11R 天皇賞・秋(G1)


栗山求は天皇賞をこう見る!

 

的中実績の公開

9月最終週に無料予想で高配当・高回収しました!
実際配信された予想(無料予想より)
———————————————-
9月24日 (土) 阪神11R 大阪スポーツ杯

◎5サウススターマン
○9ゴールドスーク
▲7ウィッシュハピネス
△14ガンジー
△8ニットウスバル
△4パーティードレス

馬単ながしマルチ 5→4、7、8、9、14
三連単軸1頭ながしマルチ 5→4、7、8、9、14
———————————————-
【着順】は
1着△4パーティードレス
2着◎5サウススターマン
3着○9ゴールドスーク
で決着!
【実際の購入内容】は、

10点的中 △◎馬単 3,850円


60点的中 △◎○三連単 21,070円

【収支結果】は、
購入金額 合計70,000円
払戻金額 合計249,200円
収支金額 合計179,200円勝ち!

無料予想でこの的中と配当!
業界的に3連単の的中率は60点でも20%あれば上出来と言われていますが、
栗山さんは格が違います。毎週のように的中させ実績を残しています!

そして先週は秋華賞で的中!
実際配信された予想(無料予想より)
———————————————-
10月16日 (日) 京都11R 秋華賞(G1)

◎7ヴィブロス
○2ジュエラー
▲10ビッシュ
△3パールコード
△1エンジェルフェイス
△16ダイワドレッサー

馬単ながしマルチ 7→1、2、3、10、16
三連単軸1頭ながしマルチ 7→1、2、3、10、16
———————————————-
【着順】は
1着◎7ヴィブロス
2着△3パールコード
3着…15カイザーバル
で決着!
【実際の購入内容】は

10点的中 ◎△馬単 6170円

ビッシュではなく、「ディープインパクト×マキアヴェリアン」の組み合わせの
ヴィブロスを本命に持っていった予想は圧巻。
ヴィブロスは紫苑S(G3)で2馬身半差で2着決着だったが、3コーナーでの大波乱があっての2着で、
ビッシュと同等の力、もしくはそれ以上と見ている。
そして春から夏そして秋への成長スピードを加味して、ヴィッシュではなく
ヴィブロスを本命指名し見事優勝しています。

この馬単を10点で的中させる自信ありますか?

今週の栗山さんの予想は業界も注目するほどの貴重な予想となります。
ぜひチェックしてみて下さい!

今週の無料予想は、
10/29(土)京都11R スワンS(G2)
10/30日)東京11R 天皇賞・秋(G1)


注目の血統予想をすぐに入手できます!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。
登録後「メインレース無料予想」をご覧ください。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ