【天皇賞・秋2016】一週前予想と先週の結果報告


天皇賞・秋2016の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

今年の天皇賞秋は相当なメンバーが揃う高レベルな一戦となりそうですね。

エイシンヒカリを筆頭にモーリス・ルージュバックに加えて、

昨年の覇者ラブリーデイ&2着入選していたステファノスも出走。

ここまでのメンバーが揃ったら相当予想を絞るのも難しい気はしますが

個人的には一ヶ月前から自信あるレースなのは確定していましたので

ここはバシッと仕留めて10月ラストを締めくくりたいと思います!

 

 

まずは天皇賞・秋の予想に入っていく前に先週の結果報告から。

【菊花賞 結果】

1着 ○ サトノダイヤモンド

2着 △ レインボーライン

3着 消 エアスピネル

ーーーー

9着 ◎ レッドエルディスト

 

 

ほんと情けない限りです。。。

サトノは当然上位台頭の可能性が最も高い馬と思っていましたが

2着のレインボーラインにもっとアツイ印を回せなかったのが無念すぎる。

 

 

平場の予想の方も見せ場があったのは新潟8Rの10番人気の馬。

サチノクィーンと言う馬だったのですがこれがハナ差の4着。

完璧な競馬をして理想通りの展開になってくれだのですが、

僅かに最後足りずに負けてしまったので悶絶の結果でした。。。

 

 

9月10月は本当に情けない買い目を垂れ流し続け、早2ヶ月。

 

 

自分自身の予想がハマらないのはもちろん悔しいのですが、

それよりも楽しみにしてくれている会員様に的中をお届け出来ない点。

これが正直な所、一番悔しい。

 

 

毎週アツイメール応援メールを送ってくれてくれる方も沢山いますし

なんとかそろそろ皆様のお力になれる予想をお届けしたい所です!

 

 

8月の様に毎週連続しての重賞的中ラッシュを呼び戻すべく、

今週は更に気合を入れて分析を行っていきたいと思います!!

それではそろそろ本題の天皇賞・秋の話題へ入っていきましょう。

 

 

天皇賞・秋2016予想見解

冒頭にも書きましたが今年は相当なメンバーが揃いますので

人気はかなり割れる形になってくるでしょう。

 

 

世界でも活躍しているエイシンヒカリ、モーリスを筆頭に

前哨戦の毎日王冠で強い競馬を見せたルージュバックに加えて

アンビシャス、昨年の覇者であるラブリーデイにリアルスティール。

 

 

これだけのメンバーが揃うのですから

当然最高のレースが見れる形になってくるでしょう!

 

 

ただ、この天皇賞・秋と言うレースはG1の中でも少し特殊なレースで

「ジャパンカップに向けての前哨戦」として考えている馬がいるのも事実。

 

 

逆にジャパンカップは距離が長いしここしかねえ!と言う馬は

当然ここで全力に作ってくるだろうと思います。

 

 

では上位勢はここをどう考えてきているのでしょうか?

 

 

実は例年よりも今年はものすごい傾向になる可能性が高いんです。

なぜかと言いますと…

 

 

「どの馬もJCよりもここのほうが適正が高そう」

だからです。

 

 

エイシンヒカリもそもそも2000m前後で活躍してきた馬出し

モーリスも距離が伸びるよりも間違いなく2000mの方が合う。

ラブリーデイも今までの走りからも分かる通りこの距離がベスト。

 

 

リアルスティールも本質はこの距離が良いだろうし、

アンビシャスについても同じことが言えるんですよね。

 

 

更に伏兵勢についても同じことが言えます。

 

 

昨年2着だったステファノスもここがベストですし

ロゴタイプも当然距離が伸びて良くなるタイプではない。

ヤマカツエースも2000m以上での勝鞍は皆無。

 

 

と言うことで後先考えずに作ってくる馬も多そうで

過去と比較しても相当レベルの高い天皇賞・秋になるのは明確。

 

 

格だけで行くと上位勢は当然有力な馬達なのは間違いありません。

ただこれだけ能力が高く、強力な馬たちが揃っていると

「多くのファンの方が人気馬に投票する傾向が強い」はず。

 

 

となってくると盲点になってくる馬は

本当は力はあるのに近走パフォーマンスを落としている馬です。

 

 

一週前の時点ではありますが前走の着順だけで

一気に人気落ちしそうな馬がいるので発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

そもそも鞍上は秋の2戦セットで依頼されていたはずで

前走はまだ仕上がり途上だったこともあるしクソみたいな騎乗。

 

 

それでも連続してミスすることが少ない鞍上でもあるし

メイチに造った馬をしっかり上位に持ってくるのがこの鞍上の特徴。

 

 

先週の秋華賞でも前哨戦前が詰まって⇒本番でしっかり好走。

このパターンが見れる可能性は高いしここは期待値は相当高そう。

 

 

個人的には久しぶりに自信度の高い一戦となりそうですし

宝塚記念◎マリアライトの時と同じような手応えがあります。

後は枠順次第ではありますが、思い切った予想をお届けしたい所!

 

 

なお、天皇賞・秋の最終穴馬については無料メルマガでもお届けします!

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】天皇賞・秋でメイチ予想をお届けしてくるサイト

GIレースはトライアル、前哨戦の結果が人気に影響するが、

本番と全く同じ条件のトライアルレースは非常に少ない。

だから競馬場、距離、条件、展開が異なるレースの結果は鵜呑みにできないわけだ。

 

今年はGI馬を含めて豪華なメンバーが揃いそうだが、

いずれも一長一短の印象で10回走ったら10回とも勝ち馬が違っても正直驚けない。

 

特に注意しなければいけないのが、東京2000mと全く異なる条件の海外遠征で実績を積んだ馬達だ。

「強い馬なら多少条件がズレても強いはず」この妄想こそが、馬券の命取りになる事は言うまでもない。

当社が注目しているアノ陣営からは『ウチは東京2000mのココが大目標。●●●●●●●がハナを切る展開も理想だし、これだけ好走条件が揃えば勝ち負け』と強気の発言。

 

更に、表向きには胸を借りる立場である事を強調している某陣営からも

『勝ち負けになる算段がなければ使わないし、着実に力をつけている今な今回のメンバーに交じっても印ほど力差はない』と

色気タップリ。仮に情報通り2頭で決まれれば馬連で高配当になる事必至!

 

【競馬セブン】では直前情報・天候・馬場状態を加味して、最終結論を当日に配信している。

そして今回は特別に【天皇賞(秋)極秘3点勝負】を無料配信するので、

興味のある方は是非情報を入手して参考にしてみてほしい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 天皇賞秋(G1) ■■■

自信のペナルティ付き!

もし、この天皇賞秋を3点で獲れなければ…

2016年の全GIレースを無料配信致します!

【無料】3点勝負買い目を受け取るにはここをクリック



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ