【天皇賞・秋2017】一週前予想と大惨敗の先週結果報告


今回は天皇賞・秋2017の予想を中心とした記事を書きます。

例年稀に見るレベルの好メンバーが揃う今年の天皇賞・秋。

キタサンブラックを筆頭にG1馬がなんと8頭も揃う形に。

しかし、このレース自体ジャパンCに向けて叩きの馬もいるし

有馬記念まで3戦使う馬にとっては意外とメイチ度合いは低め。

その辺りが波乱の余地を見出す為の活路となってきそうですし

どの馬が上位台頭する可能性が高いか?予想していきます。

そして冒頭で先週の大惨敗の結果についても振り返ります。

 

 

まずは本題に入る前に先週の結果報告から。

既に色々な所で書いている事実ではあるのですが、

ここ2週連続して全く良い成績を残すことが出来ていません。

悔しさだけが込み上げてくる現状です。。。

 

 

【富士S 予想結果】

1着 △ エアスピネル

2着 ○ イスラボニータ

3着 消 クルーガー

ーーーー

7着 ◎ ガリバルディ

全く持って見せ場のないクソ予想となってしまいました。

傾向からは到底狙えないガリバルディを今回軸にしましたが

展開面を考えて思い切って推奨しましたが掲示板すら乗れず。

 

 

【菊花賞 予想結果】

1着 × キセキ

2着 × クリンチャー

3着 消 ポポカテペトル

ーーーー

5着 ◎ ダンビュライト

今回は手広く攻めましたが上位勢に全く評価していない3頭。

クソすぎてレースが終わって何の言葉も出ませんでした。

反省です。これ以上ダラダラは書きません。負けは負け。

 

 

重賞の結果については自信がなかった部分はありましたが

平場の推薦馬についても壊滅。コレは言い訳の出来ない大惨敗です。

 

 

「馬場のせいだった…」

「この天気だったから…」

なんて泣き言を抜かしたい所ではあるのですが

そんなもん事前からわかっている事で、想定の範囲内。

 

 

そんなことが原因で言い訳するようなら

予想家として活動してる意味はありません。

もちろん言い訳するつもりは毛頭ございません。

 

 

ただ、この2週の天候不良で結果を出せなかった点。

これは今後に向けての大きな反省材料となりそうです。

 

 

僕的にも当然雨の日は適正のある馬を見抜いて予想していますが

この結果を受けて分析が全く足りていなかったのを痛感しました。

 

 

日曜日は土曜の結果を受けて勝負するレース自体減らしましたが

その中でも厳選して絞った馬が全く見せ場の無い結果に。

悔しさが込み上げてきます。。。

 

 

こういう苦しい状況の時は逃げ出したくなるのが人間の性ですが

僕はこんな状況だからこそ土・日全レースを今から見直します。

 

 

人は辛いことがあるとそれを回避したくなるのが当然。

ですが、ダメな点を残したまま逃げたらそこで成長は止まります。

 

 

いつの日か同じような極悪馬場な日は来るんです。

その時に今日の結果を放置していたらまた同じ事の繰り返し。

 

 

競馬においても人生においても同じです。

嫌な事には自分から立ち向かっていき、ぶっ壊していく。

そしてトラブルの元を解決して一つずつ成長していく。

 

 

それでこそ僕は男だと思っています。

 

 

言い訳したり謝ったりするだけなら誰にでも出来ますが

そんなものはその場しのぎの都合の良い言葉にしか過ぎません。

しっかり筋通して!結果で皆様にお返しして行きたいと思います!

 

 

その為にはやっぱりこの2週の結果は受け止めなければなりません。

 

 

「悲観すること無い、来週頑張って!」

「こんな時もありますよ、また期待しています!」

沢山のありがたいお言葉を頂いているのですが、

その言葉に甘えること無く気を引き締めてやっていきます。

 

 

そしてまた一撃回収して儲かった暁にはブチかます!

息子には一週間我慢してもらって、来週全放出出来るように!

最高の週末に出来るようぐっと堪えて、家にこもって仕事します!

前置きが長くなりましたが、そろそろ天皇賞・秋の話題へ。

 

 

天皇賞・秋2017一週前予想見解

冒頭にも書いた通りではありますが、2017年は相当な好メンバー。

キタサンブラックを筆頭にG1勝ち馬がこぞって出走してくる形になる。

そこで今回は有力各馬がその後どういうローテをとって来るのか?

そしてどのレースでメイチに作ってくる可能性が高いのか?

そこを見抜くことが攻略の糸口に繋がると考えています。

 

 

キタサンブラック

秋は3戦使うと陣営は公言しています。

天皇賞・秋⇒ジャパンC⇒有馬記念です。

 

 

このローテは昨年とはやや違いますが秋3戦という点は同じ。

そして有馬記念を持って引退する可能性が濃厚と言ってます。

 

 

まぁメイチに作るのは後半の2戦だと思いますが

この馬の場合急激にガタッと状態面が落ちる馬ではない。

よって初戦の天皇賞・秋も80%位には作ると見ています。

 

 

だが、春3戦の負担があまりにも大きすぎた。

天皇賞・春で激走した疲れがモロに宝塚記念で出ましたよね?

その辺りを加味すると今回は不安材料が多いのは確か。

 

 

ネオリアリズム

おそらくこの馬のローテは天皇賞・秋⇒香港カップになるはず。

そして今回は鞍上シュタルケ。微妙な鞍上配置ですよね。

陣営の本丸は間違いなく香港カップだとは思うのですが、

堀厩舎ですし下手な仕上げでまとめてくるのは考えづらい。

 

 

堀厩舎は出走させる馬は全て良い状態に作ってくるので

今回はキタサンよりも仕上がり度合いについては良さそう。

ただどうしても気になるのが堀厩舎の公式コメント。

 

 

この厩舎は直前にマイナスコメントを言ってる時の方が良い傾向。

どこかに不安がある、と言ってる時にあっさりと勝ち上がる。

こんな事を何度も見てきたのですが今回はプラスコメント。

直前で堀先生がどんな発言をするのかは見ものではあります。

 

 

リアルスティール

前走は格の違いを見せつけてあっさりと勝利する内容でしたね。

調教でも超絶の時計を連発していてオーバーワークでは?

と思わせる位だったのですが何の不安気も無く勝利しました。

 

 

前走も強い勝ち方だったし更なる上積みはありそうですが

今回はミルコ⇒シュミノーに乗り替わりと言うのはどうだろう?

折り合い面に課題のある馬で非常に乗り難しい馬ではありますし

テン乗りでいきなり乗りこなせるかどうかは微妙な所。

 

 

後は最終追い切りには要注目。

前走であれだけ好時計叩いていた反動があったらやや気になる。

個人的には直前超絶軽めよりもやや負荷をかけていて欲しい。

 

 

残りの有力馬の分析についてはまた時間をかけてやっていきますが

現時点で最も気になっている穴馬についてはランキングで発表です。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

春先の時点でも馬が完成していなかったと公式コメントでもあった。

確かにまだまだ成長の余地を感じさせる馬だし前走内容は圧巻。

あの相手にあの馬場であそこまでやれるとは思っていなかったし

むしろ危険な人気馬と思っていたほどだった。

 

 

賞金的にも今後大きい所に向かうには加算が必要。

鞍上も魅力的だし天皇賞・秋は総じてこういう馬が来るレース。

今回は全く人気ないと思いますが現時点では軸まで考えている1頭。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

今週は天皇賞・秋の最終穴馬をお届けします!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

昨年の天皇賞馬連・3連複W的中達成

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【今回限り特別無料配信!】

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1日1鞍の馬主情報も毎週無料公開

10/14・東京11R   1万9390円的中
10/07・東京5R   2万2440円的中
09/30・阪神9R   2万3210円的中
09/24・中山12R   1万9030円的中
09/23・中山10R   5万1630円的中
09/23・中山7R   1万0700円的中
09/23・中山6R   1万4270円的中
09/18・阪神11R   2万0550円的中
09/18・中山10R   2万3210円的中
09/17・阪神8R   1万3060円的中
09/10・阪神7R   1万0280円的中
09/09・中山11R   1万1870円的中

▼天皇賞・秋の情報入手はコチラクリック!▼



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ