【安田記念2016】予想~土曜日の馬場を見ての見解


安田記念2016年の予想を中心とした記事を書いていこうと思います。

この記事がレースが始まる前の最終ブログ記事となりますが、

今回は土曜日の馬場を見ての見解をお届けしていきたいと思います。

先週のダービーの異様なIN差しの馬場からどこまで変わるか?

と言うのが土曜日見ておきたいテーマだったのですが、

蓋を開けてみると先週よりは多少はフラットに近づいた印象。

しかし前に行く馬が楽に行けたら止まらない感じですよね。

この馬場を見て恩恵をうけるのはどの馬か?予想していきます。

 

 

まず、お話しておきたいのが皆様も当然ご存知の通りでは有りますが

G1にしては極めて珍しいフルゲート割れとなる今年の安田記念。

この事で極端に位置取りや枠順は気にしなくても良いと思います。

 

 

少頭数になればなるほど実力勝負になり、不利も少なくなるので

今年の安田記念はそこまで極端な大荒れになることは無さそうな気も。

しかし、この少頭数で競馬が下手くそな馬にとっては非常にプラス。

 

 

例えばフィエロやサトノアラジンみたいにいつも脚を余す馬は

間違いなく多頭数でやるよりもプラスになってくるのは間違いない。

2頭ともに弾ける脚は持っているし怖さはありますよね。

舞台設定も悪く無いですし軽く見ると痛い目に合いそうな気もする。

 

 

とは言え今年の安田記念は、ほぼ多くの方が

「モーリスの圧勝劇」を期待しているのではないでしょうか?

7連勝で一気に香港でも圧倒的な競馬を見せるようになり、

今や歴史的名馬に向けてのステップを歩んでいる同馬です。

 

 

しかし、前回の記事でも書いた通りなのですが、

今回は芝調整を中心とした調整で全くメイチ気配を感じません。

昨年はびっしり乗ってWコースでやってここに挑んできたのに大して

今年は超軽めの芝調整で、いかにも海外帰りと言う感じですよね。

これはどう考えてもプラスに考えるのは出来ないでしょう。

それでも軸にするのか…僕は妙味を追いたいので軸にはしません。

 

 

当然、モーリスに関しては圧倒的な能力差があるので

ここでもすんなり勝ってしまう可能性はあるかもしれません。

しかし不安材料があるぐりぐりの馬を狙っても妙味はない。

と言うことで個人的にはこの馬以外から馬券を組む予定です。

 

 

これに対して逆転に向けてひしひしと乗り込んできている

リアルスティールとイスラボニータはここに来て調教でベスト時計。

リアルに関しては確かに初のマイルと海外帰りは気になりますが、

NFしがらきで調整してきて厩舎に戻して万全の体制にありそう。

それに世界の名手ムーアがマイル~2000m位がベストと発言。

 

 

イスラボニータは中有長距離で中途半端に走っていたこともあり

陣営も欲を出して長丁場に使っていましたが、本質はマイラー。

そのことも陣営は今としてはわかっているはずなんですよね。

 

 

公式コメントでもマイルがベストとはっきり言い切っているし

このレースに向けて万全の調整をしてきているはず。

それが調教時計にも反映されているし間違いなく出来は良い。

 

 

もしかしたら蓋を開けて見ると上位勢がそのまま台頭…

なんて結末も当然ありそうな気もしていますが、

極端なドスローになったりすると帝王の敗北劇もあるかも。

その時はバシッと高配当を仕留めたいと思っています。

 

 

当然、ここで何とか勝ちたいと思っているリアルなどは

モーリスの動きをマークして競馬してくるはず。

ではそうなった時に盲点となるのはどういう馬か?

答えは簡単ですが、他馬を気にせず自分の競馬をして

前目で競馬をして勝ちに行く乗り方をしてくる馬だと思います。

 

 

では今年の出走馬の中で相手云々を気にせず

自分の競馬をしてくる馬はどの馬なのか?

こちらはランキングで発表しておきたいと思います。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

鞍上を考えてもそうなのですが、相手云々を気にして乗るよりも

この馬の持ち味を最大限に活かして乗ってきそうな気がする。

先週のダービーでは鞍上も悔しい思いをしていますが、

当然乗り役としては圧倒的な実績もあるしこの馬とも手が合う。

 

 

ここ最近は全く勝てていないが、むしろそこも燃える材料だし

ここは全力メイチの騎乗をしてくるのではなか?と予想している。

馬券的にももちろん重視しようと思っているし結果を残して欲しい。

 

 

予想を導くのが非常に難しい2016年の安田記念ですが

最高の予想をお届けして皆様の笑顔を見れるように頑張ります!

 

 

また、安田記念の予想は勝ち組P講座で当然公開しますが

無料メルマガでも何かしたらネタを書こうと思っておりますので、

是非とも↓より登録頂けますと幸いですm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 安田記念(GI) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負の買い目を無料でGET!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の勝ち馬モーリスがその後、マイルCS、海外で2勝とマイル界を完全に席巻している。だが絶対的な2番手はおらず混戦気味。さらに別路線からも強力な実力馬が参戦。それだけに非常に難解な一戦と言える。
しかしヒントは春の一連のGI戦の結果が物語っている。フェブラリーSのモーニン、ノンコノユメ。高松宮記念のアルビアーノ。天皇賞春のキタサンブラック、シュヴァルグラン。ヴィクトリアマイルのミッキークイーンと上位争いの一角には必ず4歳馬の姿がある。今年も4歳馬が出走してくるが、まずこの馬達の適性・能力比較から入ることが重要だ。

そして毎年の事だが様々なローテーションで参戦してくる馬が多いため、陣営の本気度合いも把握する必要がある。これが仕上げにつながるためGIレースにおいて、不可欠なファクターといえるだろう。

 

【競馬セブン】はすでに安田記念を目標としている有力馬のかなりディープな情報を入手している。しかもこの馬は人気的に狙いやすいオッズで収まりそうだ。

この馬のジャッジも含めて直前情報が鍵を握っている事は言うまでもない。今年はNHKフェブラリーS◎▲2点目的中に始まり、マイルC◎○1点目的中、ヴィクトリアマイル3510円の馬連を2点目的中と、東京マイル戦で的中を連発している【競馬セブン】では、直前情報・天候・馬場状態を加味して、最終結論を当日に配信している。

 

そして今回は特別に【安田記念極秘3点勝負】を無料配信するので、興味のある方は是非情報を入手して参考にしてみてほしい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 安田記念(GI) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
安田記念を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

3点勝負の買い目を無料でGETする!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ