【富士ステークス2016】予想と出走予定馬分析


富士ステークス2016の予想と出走予定馬分析を行っていきます。

今週は菊花賞が大盛り上がりを見せていますが、富士Sも

イスラボニータを筆頭になかなかのメンバーが揃っています。

G3とは思えないほどのメンバー構成ですし面白いレースが見れそう。

予想も当然難易度は高いかもしれませんが、オッズも割れそうですし

思い切って攻めて美味しい馬券を仕留めたいと思っております!

 

 

と言うことで出走馬分析に入っていく前に

現時点での予想オッズをご紹介していきたいと思います。

富士S2016予想オッズ

1 ロードクエスト  2.2
2 ダノンプラチナ  3.7
3 イスラボニータ  4.7
4 ヤングマンパワー 7.9
5 フルーキー    8.0
6 ガリバルディ   15.6

ざっとここまでが10倍圏内を予想されている馬達となっています。

それでは上位馬から順番に分析を行っていましょう。

 

 

ロードクエスト

春先は不得意な距離である皐月賞やダービーに挑戦して敗退。

ただマイルでの安定感は抜群だし前走も古馬相手に強い競馬で勝利。

斤量面でも他馬より圧倒的に有利だし当然の一番人気と言う感じか。

舞台設定も中山よりも東京の方が間違いなく合うだろうし、そこも推せる。

人気はするだろうが現時点では逆らいづらい1頭と言う感じがしている。

仮に当日が強烈なIN差し馬場などであれば話は別になりそうだが…。

 

 

ダノンプラチナ

昨年の覇者。昨年はサトノアラジンを抑えてギリギリの勝利だった。

そこから香港に行って残念な競馬でしたが今年も同じローテになるのか?

京成杯AHを一つ叩いたことで馬も感覚を取り戻しているだろうし状態は上向き。

ただ、あまり脚元が良くない馬だしその辺りは懸念材料であるのは確か。

 

 

イスラボニータ

当然ここは後のG1(天皇賞・秋かマイルCS)への叩き台ではありますが

東京マイルの舞台設定は間違いなくこの馬に合うし力は当然上位。

若かりし頃からこの馬はマイルの方が良いと思っていたしようやくこの路線。

ここでバッチリ勝って無理せずマイルCSへ向かってくれるなら勝機もありそう。

ただ、今年2016年春先の走りは正直微妙だったのは確かなんですよね。

加えてそもそも世代レベルはそこまで高くないし58キロの斤量は酷。

 

 

ヤングマンパワー

これも若かりし頃から覚醒すればG1でもイケルと思っていた馬。

前走の関屋記念ではきっちり軸推薦で馬連も取らせてもらった馬だし

思い入れも強いので富士Sでも頑張って欲しいが相手は一気に強くなる。

未だに頭の高さが課題の馬ですし扱いに困る馬と言うのは確か。

舞台設定は悪くないしここも頑張って欲しいとは思うが…。

 

 

フルーキー

休みを挟んでここを使って⇒その後マイルCSのローテだと思う。

スパッと切れる脚が使える馬ですし脚比べなら上位にも劣らない。

ただ上位は能力的にも当然抜けているし逆転までと言われると?

差しが決まる流れで上位馬とセットで上がってくると言うのはあるが

この馬だけが突き抜けて勝つというのは少し想定しづらい感じもする。

 

 

ガリバルディ

My注目馬の1頭。前走は確かにハマった感じは強かったのだが、

福永が全く馬に負担をかけず勝利したというのは今後に繋がる内容だった。

こういう勝ち方で一回勝ち味を覚えると馬が一気に成長することもある。

そういう意味ではここでの走りは見ものなのだが、軸にはどうかな?

ただ、控える形を覚えてあの勝ち方だったので今回も控えるだろうし

これでもし上位よりも素晴らしい競馬をすれば一気に覚醒する可能性もある。

 

 

富士ステークス2016予想まとめ

と言うことでざっと上位人気に推されそうな馬たちを見てきました。

上位勢はG1でも好走を続けている馬ですし当然能力上位なのは当たり前。

 

 

ただ、懸念材料としてあるのは「1,2番人気馬が後方待機」という点ですよね。

ロードクエスト・ダノンプラチナは間違いなく後ろから脚を活かす競馬ですし

ガリバルディ・フルーキーについても脚を活かす競馬に徹するのではないかと思う。

 

 

となってくるとイスラ・ヤングマンは流れが向けばアッサリもありそうですが

イスラは俄然衰えがあるようなきがするのとそもそも世代レベルは低い。

ヤングマンパワーは個人的にも推している馬だが冷静に考えれば力不足。

 

 

と言うことで上位人気馬は何かしらの不安を抱えているのは事実で

例えば後方待機の人気馬が不発、かつ先行の人気馬は粘り込むも

先行馬の能力の高い馬にひっくり返される可能性もある。

 

 

と言うことで正直一つ叩いてからと思う馬なのですが

状態面がしっかり伴っていれば好走もあり得ると思う馬がいるので

ランキングでお知らせしておきたいと思います。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

個人的には外厩先が気に入らないんですけどねぇ。

宇治田原優駿Sの様に実績を出している指定外厩先なら問題無用ですが

今回は休養外厩を使用した上に、入厩はちょうど1ヶ月前だった。

 

 

その点は確かに気になりますが…馬の力だけならここでも劣らない。

むしろ前有利になるならここでの逆転候補の1頭なのは間違いないし

今までの戦績の割には人気的にも無さそうなので抑えてはおきたい。

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

菊花賞の最終穴馬についても無料メルマガにて発表させて頂きます!

よかったら登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

――――――――――――――――――――――――

【第77回 菊花賞 (G1)】

ディーマジェスティ vs サトノダイヤモンド

トライアルを勝ち上がった実力馬が人気を集めているが

あの格下馬が虎視眈々と一発を狙っている!

G1好走馬だけでは決まらない!?

菊花賞の【超穴馬】はコレだ!▼今すぐ無料で教えます▼

――――――――――――――――――――――――

【PR】競馬歴数十年…競馬好き管理人がついに見つけたおすすめサイト

長田です。正直な話、雑誌・ブログなどでよく見る競馬予想会社ってどう思いますか?

 

僕は自分でがんばって予想しても殆ど儲からない(泣)

そんな現状を打破しようと思い、
実は数年前に某予想会社で10万円の情報を
思い切って買った事があります。

しかし、結果は・・・・・・ハズレ!
かなりのお金を無駄にしました。

ですが、最近になって特に
「競馬情報を利用して稼いだ!」
「予想会社の情報で儲けた!」

と言う記事を見かけることが多くなったので
『本当に当たる予想会社も中にはあるのではないか?』
レビューや口コミを調べ、実際に登録して検証重ねてきました!

有料情報しか無い所はNG(まともな所は無料情報も出している)
電話番号が出ていない会社はNG(入金しても情報が貰えなかった事も…)
電話番号の登録が必要な会社はNG
それで色々試した結果、実際に安定して稼げたサイトを1つ紹介します。

そのサイトはPREMIUM ~極上投資馬券~!

検証サイトでも1位になったようで、信頼度は高い。

さらに的中実績も素晴らしく、
ユーザーから喜びの声が届いているのも好感度が高いですね。

世の中にたくさんある競馬サイトで「何十万的中!何百万的中!!」
などどいう的中実績を見ることがありますが、
本当にそんなサイトがあったらすごいですよね。
僕が運営者なら、オッズが下がるから予想提供しないですけど(笑)

現実は、数十万の配当をGETできる事は本当に稀な事です。

その点、このサイトは点数も抑えめにしてくれて、
かつ3連単で中配当~高配当を当ててくれるので非常に助かっています。

そして、実際に試してみて
先週配信された無料予想がこちらなんですが・・・

いきなりの的中!
==============================================
■3/27日(日)
阪神5R 3歳未勝利
単勝 ワイド 3連複 3連単 的中!!
計 28万7500円
—————–
各1点につき100円~500円投資ご推奨
—————-
==============================================
数十万の配当が稀と言いながら、無料予想で当たってました(;^ω^)
==============================================
■4/3日(日)
中山7R
3連複 3連単的中!!
計 4万1250円
—————–
各1点につき100円~500円投資ご推奨
—————-
========================================================

この結果をどう考えるかはアナタ次第です!

競馬予想会社と言うと胡散臭い所も多いけど、
実際には本当に当たる会社もあると言う事が分かったのが今回の収穫。
このサイトは無料で買い目を見ることができるので、
まずは今週末無料で試されてはいかがでしょう。

ユーザーからの「喜びの声」が多数寄せられているので、
みなさんがサイト内のどこをチェックして高配当を得ているのか
まるわかりです。チェックすべし!

無料登録は⇒ コチラをクリックしてアドレスを入力で登録完了です!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ