【弥生賞】今年は“荒れる”のか否か?


3月になり、春の陽気を感じさせる今日この頃。

今週は特に関西~関東地方は暖かい気候に恵まれ、

2月の大雪が嘘のように感じさせる天候となっていますね。

 

 

とはいってもまだまだ肌寒さを残す3月です。

日曜の中山競馬場の最高気温は「7℃」の予報となっている。

天候には恵まれそうなので、勝負レースに出来るかな?

 

 

ただ、先日の阪急杯6万的中の記事でもお伝えしましたが、

今年はどちらかというと小粒のイメージがある弥生賞。

勢いのある馬はチラホラみられるのですが・・・。

 

 

1番人気予想はトゥザワールド

若駒Sを何の問題なく勝利し、ココへ難なく出走。

池江厩舎所属×トゥザヴィクトリーの子という時点で被りそう。

そこまで強い相手とやっていないだけに不安は残る。

 

 

2番人気予想はキングズオブザサン

前走の京成杯では◎に推薦した馬ですね。

中山コースでは強い競馬も見せているし、前走は控えて好走。

2走前は前目からも競馬しているし、脚質も問題ない。

安定感は感じさせる馬ですよね。

 

 

3番人気予想はワンアンドオンリー

ラジオNIKKEI賞では他馬を寄せ付けない完勝。

東スポ2歳S上位と差のない6着入線を考えると

前走は人気無さすぎ、勝って当然の結果だったのかも。

初の中山輸送がどう出るか?注目ではありますね。

 

 

上位3頭はそれなりに結果を出してココに挑む馬達。

当然、良い競馬をする可能性は高いと言えるでしょう。

しかし、今年は下位の馬にもチャンスがあると見ています。

 

 

前走は枠順に泣いただけで力はある エアアンセム

ラストの脚だけならメンバー随一の アデイインザライフ

堅実な走りでここでも有力候補の アズマシャトル など。

 

 

展開・枠順次第でどうにでもなりそうな、今年の弥生賞。

昨年の弥生賞のように、3連単50万クラスの万馬券もあり得るかも。

 

 

どの馬も、何とかG1への権利は欲しいのは当然の事。

しかし、G1を獲りに来る仕上げを施すのか?

弥生賞で全力で獲りに来る仕上げを施すのか?

陣営によっても考え方は様々でしょう。

 

 

前走でもなかなか強い競馬を見せたあの馬。

もしかすると、ここでも大穴をぶちかますかもしれません。

大穴候補⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

絶好調の鞍上を背にここへ挑みます。

昨年の覇者、カミノタサハラをイメージするならこの馬。

前走はなかなかの勝ちっぷりで今の中山コースは合うだろう。

 

 

この馬の他にも穴馬っぽい馬が数頭います。

今年は小頭数だが、上位勢が仕上げ不十分なら大荒れもある。

先週の3連単6万に続き、ココも上手く的中させたいですね。

 

 

【PR】突然ですが、ひとつ質問です。

競馬で100%金を作る方法は何だか知ってますか?

 

 

それは・・・

「競馬場で働く事です!」

売店でもいいですし、芝刈りでも構いません。

 

 

そうすれば競馬場でお金が減ることはなく、むしろ増えます!

でも、それじゃさすがに夢もなければ楽しさもないですよね(笑)

 

 

そうです!

競馬は楽しく激しく元気よく!笑

楽しく稼げたら最高ですよね?

 

 

そんな楽しく効率よく、毎週の競馬に役立つ

他では聞けない『秘密の情報』を今なら完全無料で公開中です♪

■楽しく役立つ『秘密の情報』をタダで手に入れる



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ