【東京新聞杯2017】予想と枠順確定後の出走馬分析|エアスピネルは鉄板?


今回は東京新聞杯2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

早いもので枠順確定し、出走馬も確定して週末の競馬ムード。

2017年は少頭数の東京新聞杯となりますが、果たしてどの馬が来るか?

人気的にはマイルなら最強とまで言われているエアスピネルが被りそう。

しかし逆転候補の馬も虎視眈々とこのレースに向けて調整していますし

一筋縄では行かないレースとなってくるような気がしております。

 

 

それではまず確定した枠順からお知らせしておきます。

 

 

少頭数なので正直枠配置はなんでも良いとは思うのですが、

エアスピネルは7番、ヤングマンパワーは大外枠に配置。

まぁどこでも良かったとは思いますがヤングマンは好枠。

内目から競馬することもありますがやはり外が合う馬ですし。

 

 

で…肝心の予想オッズはどんな感じでしょうか?

1 エアスピネル    1.9
2 ヤングマンパワー  4.3
3 ブラックスピネル  5.5
4 プロディガルサン  9.1
5 マイネルアウラート 9.6
6 ブラックムーン   10.1
7 ロイカバード    10.5

ざっとここまでが上位人気圏内の支持を受けている馬たちです。

とりあえずまずは上位人気の馬から順番に分析していきましょう。

 

 

エアスピネル

前走の京都金杯でもそうだったんですが折り合い面が酷くなっている。

菊花賞でもギリギリ折り合いをつけながら好走した同馬ではありますが

前走の様に道中で息を入れられない展開になると凡走もあるかも。

そこは鞍上の腕にかかっているとは思うのですが、この手のタイプの場合

前に壁を作って直線で弾ける競馬をしたほうが間違いなく合う。

となると少頭数で壁を作りづらい今回は…?果たしてどうなのか?

 

 

ヤングマンパワー

エアスピネルとは違いこの馬は折り合い面の課題は殆ど無い。

更に被されるよりも外からすんなり行くのがベストなタイプなので

間違いなくこの大外配置はプラスになってくるだろうと思う。

前走のマイルCSはそもそもメイチに作れる状況じゃなかったし

間違いなく今回の方が状態面・舞台設定も上げてこれるだろう。

当たり前だが能力ならここでは上位だし普通に買いだと思う。

 

 

ブラックスピネル

前走は内目で上手く脚を溜めて最後の直線に賭ける素晴らしい騎乗。

ただ、逆に言うと120点の騎乗だったが掛かりまくった馬を捕まえられず。

それを考えるとややハマった感じはするし東京はベストとは言えない。

ミルコが乗るのでそれだけで過剰人気しそうだし個人的にはそそらない。

 

 

プロディガルサン

デビュー戦以来のマイルでの競馬となりますがむしろこれくらいが良さそう。

兄弟を見てもそうだが距離延長がプラスには出ないタイプですしねぇ。

絶好調田辺先生を背に久々のここですがチャンスはありそうな感じ。

少頭数なら外々ぶん回すようなロスだらけの競馬をする必要も無いし

立ち回りが決して良い馬とは言えませんが、スムーズに走れれば。

予想でも重視しても良いと思うしむしろ買うならここがベストな気も。

 

 

マイネルアウラート

目下絶好調。今までの戦績からも冬場は一気に状態を上げてくるタイプ。

使い詰めにはなりますがここがギリギリメイチが保てている感じでは?

流石にこれ以降の好走はあるか?と言われると微妙かもしれないが

今回に限っては人気も比較的落ち着くし普通に買える馬だと思う。

やることは決まっているので早め先頭、抜け出してどこまでやれるか。

 

 

東京新聞杯2017予想と出走馬分析まとめ

と言うことでざっと上位人気に支持されそうな馬たちを見てきました。

 

 

上位勢はそこそこ骨っぽい馬も揃っているので面白いレースが見れそう。

少頭数の東京新聞杯なのでつまらないレースになるか?

と思ったりもしたのですがこのメンツなら面白いものが見れそう。

後は馬券でしっかりぶちかまして最高の予想を提供したい所です。

 

 

普通に馬券を組むならエアスピネルから入るのが妥当かな?

とは思うのですが前走の掛かりっぷりを見ていると軸はどうかな…?

確かに能力的にはまともならここでは上位とは思うのですが、

いかんせん過剰人気タイプですしあまりそそらない感じもする。

 

 

後、2017年の東京大賞典を攻略するにおいて大事になりそうなのが

「有力馬の位置取りと仕掛けのタイミング」

かなぁと考えています。

 

 

比較的前目に有力馬が集まっているので牽制し合いそうな気も。

マイネルアウラートも流石に今回は舐められないだろうし、

エア・ヤングマンあたりも早めに仕掛けてくる可能性はありそう。

となると盲点になってくるであろう馬は、自分の競馬に徹する馬。

そこで1頭間違いなく怖さのある馬がいるのでお知らせしておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

そもそも前走は舞台設定が適正とは全くかけ離れている一戦。

明らかに度外視出来るしようやく適正の舞台に出てきた感じ。

ずっと恵まれない枠や厳しい条件に使われてきたのですが、

ガラリ一変があるとしたらここだろう。人気も控えめ。

となってくるなら予想でも当然重視したいと考えている。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!!

今週重賞の最終穴馬も発表予定です!!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━

★東京新聞杯(G3)・3点勝負★

エアスピネル陣営が恐れている

穴馬の正体とは?◎-穴で50倍!

東京新聞杯が3点で的中できなければ

的中率7割の「1日1鞍の渾身予想」

を4週間無料配信!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■実力を知って頂く為の無料配信

1日1鞍~3鞍の厳選提供から

1/22中山12R 1万8400円的中
1/21京都 9R 1万9510円的中
1/21中京 9R 2万7030円的中
1/17京都 7R 2万3830円的中
1/16中京11R 2万6250円的中
1/14京都12R 1万5430円的中
1/14中京12R 1万0400円的中

【無料】東京新聞杯の予想見るにはコチラ

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━

東京新聞杯で◎ー穴の一点勝負を無料公開してくるサイト

棚橋です。今回は原稿をお借りしてPRにやってまいりました。

 

古馬マイラーが春の大目標とするのは当然ながら安田記念。

それまでにいくつもの前哨戦が存在するが実は!

同じ舞台の東京マイルで行われる前哨戦は、この東京新聞杯のみだ。

故に本番とは約4ヶ月もレース間隔は開くものの、

関係者が重視するレースの1つなのだ。
また、安田記念週はクラス再編成が行われ、4歳馬の賞金は半分になってしまう。

そのため、賞金ボーダーが高くなる事も非常に多く

「早い内に賞金を加算してローテーションを楽にしておきたい」

との思惑を持っている陣営は少なくない。

 

ここまで突っ込んだ話は新聞のコメントでは書き切れないし、

そもそも世間の関心も高くないので記者連中も聞くことなどほとんどない。

しかし、こういった話が馬券の肝となるのだ。

 

当社シンクタンクの情報ルートは、トレセン内外の関係者と身内同然の中であり、

その経験から関係者の考えていることも把握済み。

よって今週のメイチ度合いなど本音も聞き出すことができる。
そういった情報を会員様にお伝えしているのだが、

多くの方に“本物の情報”の存在を知って頂くべく、

今週はまだ当社の情報を入手されたことがない方に限り、

東京新聞杯の【◎-穴】1点馬券を特別に無料公開する。

ぜひともこのチャンスを活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見!

東京新聞杯【◎-穴】の1点馬券を特別公開!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ