【東京新聞杯2018】予想と馬場読み後の見解


今回は東京新聞杯2018の予想を中心とした記事を書きます。

今までの東京新聞杯の中でも過去最高クラスのメンツでは?

と言われるほどのメンツが揃った2018年の開催となりそうです。

加えて圧倒的に抜けた馬はおらず人気もかなり割れ気味になっていて

土曜夜時点ではリスグラシューが1番人気で4.8倍となっています。

10倍を切っている馬も5頭いますし難解が予想される一戦ですが

果たしてどの馬が台頭してくるのか?馬場読み後見解をお伝えします。

 

 

土曜馬場読み後の見解

まずは土曜の馬場読み後の見解をお伝えしていきたいのですが

例年の傾向通り、完全に前有利の流れになっていますよね。

 

 

雪が降る中、障害戦が中止になり初芝の開催は5Rでしたね。

その5Rでは3着に単勝100倍超えだった先行馬が入線。

 

 

そして6Rは低レベルの新馬戦だったのですが

内枠から逃げた9番人気が勝利し、番手の13番人気が2着。

3連単は100万超えの大波乱となりましたね。

総じて後方にいた馬は人気に問わず不発の結果になりました。

 

 

9Rでも内目の好位で溜めていた馬が勝利し

やはり上位勢は後方差し馬は不発の流れになっていましたね。

10Rでも同じく前目に行った馬が穴を演出。

 

 

この事から各ジョッキーは前目をかなり意識していたし

馬場が重いのでそこまで時計は出ていなかったのですが

道中の位置取りがかなり激化していた印象を受けました。

 

 

そこでです。

おそらくこの傾向は日曜日の競馬でも続くはずで

「結局どの馬が動いてどんなペースを作り出すのか?」

そこを読み解いていくのが的中に向けての近道となりそう。

 

 

どの馬が東京新聞杯で激走するか?

では激走する馬を発見する意味を込めて

ちょっと各馬の動向について見ていきましょう。

 

 

まず、今回はトウショウピストの出走がカギになると見ている。

と言うのもこの馬は内枠を引いたし間違いなく逃げたいクチ。

短距離で走っていた馬ですし逃げてどこまでやれるか?

そこを考えて乗ってくるのではないか?と読むのが筋。

 

 

ただ、鞍上は田中勝春。

そもそも積極策を嫌うジョッキーですし絡まれたりすると引く。

番手からでも結果を出している馬だし無理に行けないかもしれない。

 

 

他に前目につけたい馬についてもまとめておきますが…

ディバインコード 北村宏

ダイワキャグニー 横山典

ベルキャニオン 石橋脩

マイネルアウラート 柴田大

この辺りですよね。

 

 

で、最も奇策を得意としているのは言うまでもなくノリさん。

もしかしたら他の馬を蹴って逃げる可能性は秘めていそうです。

 

 

そもそもダイワキャグニーにとっては今後を担う一戦で

ここで結果を残さないと今後デカイ舞台に出れない可能性が高い。

=メイチ気配は感じるし舞台設定も変わって来るんですよね。

問題は不利な外枠ですが、その辺りはノリさんもわかっている。

 

 

後は柴田大知は多少無理しても前目も主張するジョッキーですし

内枠の中堅所のJK達をさておき外目から前目主張する可能性は高い。

 

 

そして有力所の馬達は基本後方から競馬する馬が揃っている。

どのタイミングで動くか?

そこを見極めていきたいですが土曜の傾向を見ると

後方脚質で早めに動いたほうが良い馬は動いてきそうです。

 

 

ダノンプラチナ 田辺

グレーターロンドン 川田

この2頭は騎手の馬場が読めてるし間違いなく動くでしょう。

2頭共に外枠からなので向こう正面から早めに仕掛けて来るかも。

 

 

となってくるとですよ?

2パターンの読みが出来ます。

 

 

1つ目が騎手の腕が勝って強気な競馬した馬の上位台頭。

2つ目が前目がやりあう過ぎて早々に前目が垂れて

なだれ込む形で漁夫の利を得そうな能力のある差し馬の台頭。

 

 

1つ目はよくある流れの東京新聞杯のパターンですね。

2018年もこのパターンになる可能性が高そうな感じはする。

 

 

2つ目は2014年のホエールキャプチャが勝利した時の様な形。

こうなってくると該当馬はアドマイヤリード辺りでしょう。

力があって後方脚質で差し脚を活かせる馬ですね。

デンコウアンジュもこういう流れなら上位台頭はありそう。

 

 

予想まとめ

と言うことでざっと現在の思いをまとめてみました。

やはり土曜の流れを見ていると予想において重視すべきは

「力があってそつなく前目から競馬出来る馬」でしょう。

 

 

中でも近2走でかなり厳しい競馬になって力を出せず

自分の競馬が出来たら最も穴で面白い馬については

いつも通りですがランキングにて発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

流石に軸は厳しいが穴としては最も面白い1頭。

前目がただ雪崩れ込むだけの流れなら台頭の余地は十分。

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

プロが買う東京新聞杯の3連単が知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

1.元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

▼【東京新聞杯】関係者が買う『勝負馬券』はコチラ

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も提供!口コミで話題騒然の競馬予想サイト

中田です。原稿をお借りしてPRにやってきました。

昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、
「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

 

【殿堂1】チェックメイト

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.cmjra.jp/

【おすすめポイント】
栗東トレセンを中心とした情報を集め、関西馬の究極のメイチ情報などをお届けしてきているチェックメイト。元JRA調教師の清水久雄氏・浜田光正氏なども監修しているサイトで精度の高さは予想業界でも随一と言われています。

 

【殿堂2】高配当21

【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://ko-21.jp/

【おすすめポイント】
各馬の能力を数値化した「SI指数」を使って独自の予想スタイルを貫いているサイト。アブない人気馬をぶった斬りして高配当にこだわるこのサイトの予想はおすすめです。

 

【第1位】アクティブ
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://active-ks.jp/
【おすすめポイント】
無料情報もかなり充実していて最近掲示板や口コミサイトなどでも注目度がじわじわと上がってきているサイト。WIN5の予想やその他にも様々なデータ指数なども公開しているサイトです。

 

【第2位】勝ち馬の定石
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/
【おすすめポイント】
多種多様な充実の無料コンテンツが揃っている予想サイト。過去データ・重賞注目馬・生トレセン情報等、最新情報を手に入れることが出来るサイト。3連複万馬券もバンバン出しています。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この4サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。

個人的には一番オススメなのは勝ち馬の定石ですねー。

最近調子良さそうで先日も帯封に近い馬券を獲得してましたしw

皆さんもガツッと無料サイト利用して儲けましょうね(^^)



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ