【神戸新聞杯2015】最終見解前の予想


神戸新聞杯2015の最終見解前予想を発表していきたいと思います。

早いもので9月も最終日となりました。そして来週はG1も開催となります。

2015年も残り3ヶ月ちょいになりましたが ここからが予想の楽しいシーズン。

神戸新聞杯が開催だから競馬に戻ってきた~というファンの方も多いかもですね!

 

 

さぁそんな神戸新聞杯ですが 予想もだいたいまとまってきました。

土曜日の馬場傾向を見てある程度どういうタイプの馬が有利かも掴めてきました。

そう、この傾向を掴むことで荒れる可能性が少し高まったかも?と思っています。

 

 

土曜日の競馬を見ていると、究極の瞬発力勝負になりそうな馬場というよりも

どちらかと言うとある程度中段~前目で競馬した馬の台頭が目立ちました。

阪神2400mは究極の瞬発力勝負になりやすいと言いますが、果たしてどうだろうか?

ここ最近は平場での傾向が全く逆に出ることが多いのも重賞の特徴なんですけどね^^:

 

 

この要因としてあげられるのが、騎手が馬場読みしすぎて裏目に出てしまうという点。

平場のどのレースでも前に行った馬が有利になるのであれば、結果を出したい鞍上達は、

ある程度前目で競馬する馬が増えますよね?

 

 

先週のローズSなんかはまさにその典型的なレースとなりました。

結果的に自分の競馬に徹したタッチングスピーチとミッキークイーンが上位台頭。

と言うことで「騎手が何を考えるか?」を読むことである程度流れが見えます。

 

 

その上で一番に考えなければならないのはリアルスティールの動向でしょう。

それとこの馬をマークしたいと考えている馬の動向も要注意が必要です。

後は前目に行く馬がどういうペースを創りだすのか?と言うのも抑えておきたい。

 

 

で、リアルスティールは立ち回りの上手な馬なので

今回はある程度前目につけて競馬すると思います。

 

 

となるとかなり逆らいづらい馬ですよね。。。

馬場的にも好位につけた馬は有利でその競馬を出来るのがこの馬。

確かにそう見るのが大方の見解通りだと思いますしまともな見解です。

 

 

「春の実績からまずこのメンツ相手になら勝って当然だろう」

確かにそうかもしれません。

 

 

ですが今までそう言われてきて負けた名馬は 多数いましたよね?

そう、あの1.0倍のナリタブライアンですら負けているのがトライアル。

この神戸新聞杯はあくまでもリアルスティールのとっては叩き台なのです。

 

 

これに対して賞金の足りない馬たちはどういう思惑を抱くのか?

 

 

「何としても菊花賞へ出るためにはここで権利をとらなければならない」

という気持ちになりますよね?この思惑の差が力差を埋めてしまうのです。

くどいですがそれがトライアル戦(神戸新聞杯)なんです。

 

 

飛ぶ可能性がある実績馬を軸にして低配当を取りに行くのか?

もしかしたら負ける可能性のある実績馬を軸にせず高配当を取るか?

 

 

私なら絶対に後者を選択します。実際にここまでそのようにして来ました。

(ブレて人気馬から入ってしまうこともあるんですけどね。。。)

 

 

とりあえず本題に入る前に土曜日の時点での前売りオッズを見ていきましょう。

 

 

神戸新聞杯2015 土曜18時時点での前売りオッズ

リアファル    6.6倍

マッサビエル   7.2倍

アルバートドック 8.1倍

キロハナ     9.0倍

ティルナーノグ  12.5倍

ざっとこんな感じになっていますね。

 

 

もう少しリアルスティールに一本被りになってくるかなとも思っていましたが。

ただ直前はおそらく1倍台までは行くのではないか?と考えています。

 

 

神戸新聞杯2015最終見解前予想まとめ

ざっとここまで見解をご紹介してきました。

何を軸にするか?と言うのもかなり難しいところなのですが

展開読み、騎手の思惑を読んだをした上で候補としてあげたいのは2パターン。

 

 

1 平場のレース同様、前目に行った馬が有利となる流れの場合、好走できる馬

2 平場の傾向と全く異なり、究極の瞬発力勝負になった場合好走できる馬

 

 

1のパターンの馬については平日に紹介しておいたので、

2のパターンに該当する馬を今回はブログでご紹介しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

春に賞金加算を出来なかったが力はある馬という点

そして上がりだけの競馬ならとんでもない脚を繰り出したこともある点

この2つの条件をクリアしている中でも最も人気の無い馬はこれ。

しかも2009年の神戸新聞杯にゆかりのあるこの鞍上が乗りますからね。

 

 

平日の神戸新聞杯の記事でもお伝えしましたが、

今年は2009年に近いレースになる可能性があるのでは?と睨んでいるだけに

この馬の流れに向くだろうと直感で感じれば軸にする可能性まであると思います。

 

 

2015年は例年通り堅い決着で終わるのか?

それとも昨年に引き続き荒れるのか?

あらゆる可能性を模索して最終見解につなげていきたいと思います!

 

 

なお、無料メルマガでも最終穴馬についてお話すると思うので、

気になる方は登録してみてくださいね(^^)

無料メルマガは↓から登録可能です!

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

【PR】神戸新聞杯予想も乗ってる虎石氏に乗ってはいかがでしょうか?

西岡です。ナツさんの原稿をお借りしてPRさせて頂きます。

ココ最近当たりまくっているという、その絶好調の予想家とは・・?

 

虎石晃とは・・?

東京スポーツでは『馬券野郎』としておなじみの名物記者。


紙面のみならず度々テレビなどのメディアにも登場し
予想を披露している。

そのスタイルは、自らの足でトレセンに通い抜群の取材力を駆使して

関係者から得た情報を基に予想を導き、勝ちを得るというものである。

 

その予想の精度は抜群で、今年の2月には
「今だから出来る 東スポ虎石晃のWIN5傾向と対策 (競馬道OnLine選書)」
という書籍を発売している。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの予想家である。

完全無料で「虎石晃」氏の予想とコラムを見る!

 

そんな虎石氏ですが、夏競馬の予想が爆発していました!

まずは土曜日の阪神11R天保山ステークスを
1着 ◎タガノトネール

単勝 900円
複勝 250円
を手堅くGET。

そしてハイライトはついこの間の函館スプリントステークス(G3)。

函館スプリントステークスで実際配信された予想は・・


(6月21日)函館スプリントステークス(G3)

————————————-

<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎16アースソニック
○6ローブティサージュ
▲9ティーハーフ

 

<結論>

単勝+複勝

16

馬連ボックス
6、9、16

ワイドボックス
6、9、16

—————————————————————-

レースはアースソニックが最後の直線で外から追い上げるも・・

惜しくも2着!

しかし相手に買っていたティーハーフが優勝。


【結果】


複勝:16 1,380円 1点的中

馬連:9-16 19,550円 3点的中

ワイド:9-16 5,090円 3点的中

購入金額:28,000円
払戻し金額:808,200円

実際のPAT画面(複勝)↓

実際のPAT画面(馬連)↓

実際のPAT画面(ワイド)↓

恐るべし虎石晃氏の予想・・

 

今週は
・9月26日(土)中山 セプテンバーS
・9月27日(日)中山 オールカマー(G2)
の買い目を完全無料で見ることができます。

是非絶好調の虎石晃氏の予想を参考にしてみてはいかがでしょうか?

完全無料で「虎石晃」氏の予想とコラムを見る!

koubebe



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ