【神戸新聞杯2016】予想と先週の結果報告


神戸新聞杯2016の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

いやーやってまいりましたね。早いもので神戸新聞杯が開催となります。

秋競馬始まったな~と感じるのは先週のローズSなんかもその1つですが

神戸新聞杯は特に秋が来た!と感じさせられるレースだな~と思いますよね。

今年はリオンディーズの回避というのは非常に残念ではあるのですが、

サトノダイヤモンドを筆頭に有力馬も揃うので面白いレースが見れそうですね。

果たしてサトノをひっくり返すことが出来る馬がいるのか?予想していきます。

 

 

では、まず本題の神戸新聞杯の予想に入っていく前に先週の結果報告から。

 

【ローズS 予想結果】

1着 ◎ シンハライト

2着 × クロコスミア

3着 × カイザーバル

軸は致し方ないシンハライトから勝負して本線印抜けのハズレ。

4着のデンコウアンジュは本線で持っていたので直線は興奮しましたが

時既に遅し。ここは岩田の強気な騎乗が久しぶりに光りましたよね。

元々能力の高い馬ではありましたが、この競馬は素晴らしかったと思う。

 

 

しかし、函館SSもそうでしたがまたもやハナ差負けと言うのは

本当に最近の岩田は持ってないと言うかここまで来ると可哀想過ぎます。

今年の秋シーズンは気持ちを切り替えていつもの岩田に戻って欲しいですよね。

 

 

【セントライト記念 予想結果】

1着 ◯ ディーマジェスティ

2着 ▲ ゼーヴィント

3着 △ プロディガルサン

ーーーーー

7着 ◎ マウントロブソン

 

軸はゲートで他馬にぶつかり道中ハミを噛みまくりでの追走。

スムーズさを欠いた挙句、包まれて仕掛けどころも噛み合わず敗退。

元々レースセンスは良かった馬なのでこういう結末は想像しませんでした。

しかし後でごちゃごちゃ言っても結果は変わりません。

今回の負け方はしっかりメモに残しておき、次につなげたいです。

 

 

今でもマウントロブソンはまともにやればまだまだ上に行ける器と思います。

この敗戦をきっかけに大きく人気落ちしてくれればありがたいですね(^^)

 

 

さて、これでここに来て2週連続でボウズが続いております。

春先・そして夏シーズンは一週間通して的中0と言うのは無かったのですが

今かなり苦しいトンネルへと入ってしまったなぁ…と言う感じです。

 

 

とはいえここでスタイルを崩してしまうと元も子もないし

今まで通り自分を信じて、素晴らしい予想を出せるよう精進致します。

 

 

平場は少点数でドカっと!重賞は高配当をズバッと!笑

一撃回収出来る目を今後も探していきたいと思いますm(_ _)m

 

 

さて、そろそろ本題の神戸新聞杯の話題へと入っていきましょう。

神戸新聞杯2016予想見解

まずは有力出走馬のおさらいから行っておきましょう。

サトノダイヤモンド

エアスピネル

レッドエルディスト

ミッキーロケット

アグネスフォルテ

ナムラシングン

カフジプリンス

ざっとこのあたりが上位人気に支持されそうな馬たちです。

 

 

まぁどう考えてもサトノダイヤモンドの一本被りになりそうですよね。

これについでエアスピネル・レッドエルディストと続くと思いますが

1倍台前半の人気になるのは致し方ない気がしています。

 

 

それでもアッサリ勝ってしまいそうな気はしますが

あくまでもサトノダイヤモンドにとってはここは秋の始動レース。

メイチ度合いは間違いなく低いだろうし8割程度で出てくると思います。

 

 

それでも馬券圏外に飛ぶのはどう考えても想像しづらいのですが

もしかしたら頭は取りこぼす可能性も秘めている気がします。

 

 

中でもメンバー内でここで賞金加算して後々に繋げたいからメイチ!

と言う馬は要注意して見ておく必要性があるだろうと思います。

 

 

また、阪神2400mと言う舞台設定はご存じの方も多いと思いますが

究極の瞬発力勝負になる事が多いレースで有名ですよね。

と言うことでサトノとセットで上位台頭する可能性のある馬は

「サトノ並に切れる脚が使える馬」ではないか?と考えています。

 

 

もちろんこればっかりは展開次第な部分はあるのですが、

メンバー内でサトノ並の鋭い脚を持っていてメイチ濃厚の馬は

いつも通りの流れになりますがランキングで公開しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

この鞍上とセットなので今回も大外ぶん回しの競馬になるはず。

先週みたいな前残りが激しい阪神の馬場だとしんどいかもですが

流石に前開催で馬場もあれただろうし外差しが決まりだす頃でしょう。

 

 

土曜日の馬場を見てからの最終結論にはなるのですが、

仮に外差しが決まる馬場に変貌しているならこの馬軸も十分あり得る。

叩き良化型で作ってくることが多いこの厩舎ではありますが

ここでどうにかしないと後に選択するレースが少なすぎる。

 

 

今後の事を考えてもここで結果に繋げて来る可能性も高いし

意外と人気するかもしれないが馬券的には重視する予定です。

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

8月頭は小倉記念の穴軸◎クランモンタナを推奨させていただきましたし

その次の関屋記念では◎軸ヤングマンパワーを推奨させて頂きました。

今週も何かしらネタを書きますので、気になる方は↓より

無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】無料で毎週馬券が当たる!万券が獲れるサイトです!

田中です。今回は原稿をお借りして神戸新聞杯のお話をさせて頂きます。

 

菊花賞のステップレースの1つ『神戸新聞杯』。過去にはディープインパクトやオルフェーヴル、ゴールドシップなど数々の名馬が、格の違いを魅せつけるかのように、このレースを快勝した。ところが……

『今年の神戸新聞杯な。十中八九、サトノダイヤモンドは軸じゃなくていい。

実はあの馬、●●●●があったという話。それなら他の馬のほうが配当的にはよほど面白いだろう』

そう話すのは絶対匿名を条件に語る某厩舎関係者。

この手の話しはゴマンとあるだけに、本来なら私たちも怪しんで取り合わないが、その衝撃度には度肝を抜かれた。

———————-

「先週な。某厩舎関係者のところに挨拶行ったんだわ。そしたら向こうの方からサトノダイヤモンドについて話をふってきてね。何でも『あれだけの馬が無冠に終わるのは許されない。本番でビッグタイトルを獲得することは至上命題。そのためにはココは叩き台と割り切ってくれ』って馬主サイドからオファーがあったらしいんだ。で、その代わりに是が非でも勝って権利獲りを義務づけられている馬がいるんだが……(オフレコ)」

———————-

 
ごめんなさい!

余りにも衝撃すぎて、ここから先はこの場でお伝えすることができません!

→【続きが気になる方はコチラをクリックで情報をお届けします】←

 

一言で語ってしまえば。

この情報があれば、まず『神戸新聞杯』は万券をお届けできると踏んでいます。

『暴露王』が入手する情報は、その○ヤシゲな響きのとおり、ただの情報じゃありません。

何と言ってもこのレースは、

4回阪神6日目11R
『第62回神戸新聞杯』
◎サウンズオブアース
(8人気・単勝58.1倍)
△ワンアンドオンリー
△トーホウジャッカル
(9人気・単勝63.6倍)

3連複 2万4720円的中
馬 単   2860円的中

こんな万券を実績として叩き出していますからね!

もちろん、偶然ではありません。

 
毎週皆様にお届けしている“厳選無料鞍”でも、

8月20日(土) 小倉7R
◎エンヴァール
▲メイショウミツタダ
(5人気・単勝11.3倍)
△エイシンリーダー
(10人気・単勝85.1倍)
3連単 4万7730円
3連複 2万1430円
馬 単   1030円

9月4日 新潟6R
◎ユキノドリーム
(3人気・単勝6.3倍)
○サルタート
△スズカグラーデ
(6人気・単勝22.1倍)
3連単 3万0690円
3連複   6020円

8月27日(土) 小倉5R
◎ヨドノベスト
△アオアラシ
(8人気・単勝21.9倍)
△メイショウフウコウ
(9人気・単勝23.0倍)
3連複 2万2460円
馬 単 1万2920円

こんな万券を超厳選して毎週のように“完全無料”でお届け!皆様にはこんな万券をがっつりタダで獲っていただきます!

しかもこれ、実はすべてとある「的中請負人」によるものなんです。

 
この無料で当て続ける男は一体何者なのか?気になりますよね!

今回は特別に、この誰でも毎週無料で閲覧できる買い目にくわえ、

今週の重賞『神戸新聞杯』を特別に皆様だけに【完全無料】でお見せします!

競馬でドデカい万券が獲れる、新聞で【△……】な扱いの超伏兵が激走するという事実を、今週の『神戸新聞杯』で特別に証明してみせましょう。

 

自分で考えるからイイという方もいらっしゃるでしょう。

ではこの週だけでも、私たちと勝負してみませんか?

もちろん、一切費用はかかりません!

↓↓↓↓↓↓
━━━━━━━━━━━━
凄穴買い目・無料公開
━━━━━━━━━━━━
第64回 神戸新聞杯(G2)
━━━━━━━━━━━━
ココをクリックで無料で見れます!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ