【神戸新聞杯2017】予想オッズと出走予定馬&先週の快勝結果報告!


今回は神戸新聞杯2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

例年素晴らしい好メンバーが揃うことが多いのがココなのですが

2017年もダービー馬レイデオロを筆頭に相当なメンツが揃ってきますね。

3才世代の中では群を抜いて能力の高い馬が集まってきますし、

かなり面白いレースが見れるのではないか?と考えております。

馬券的にはどうだろうなぁ…と言う感じもしなくは無いのですが

果たしてどの馬が上位台頭してくるか?予想していきますね。

また冒頭では先週の結果報告についても書いておきたいと思います。

 

 

まずは神戸新聞杯の予想に入っていく前に先週の結果から。

【ローズS 予想結果】

◎ 14ラビットラン
○ 06リスグラシュー
▲ 10レーヌミノル
☆ 16カワキタエンカ

△ 02,03,04,05,07,08,11,13,15,17,18

 

 

【参考買い目】

馬連  ◎ー○▲☆   3点
3連複 ◎ー○▲☆ー印 36点

 

【結果】

1着 ◎ ラビットラン

2着 ☆ カワキタエンカ

3着 ○ リスグラシュー

ーーーーーー

馬連  21390円 的中!

3連複 33260円 的中!

これは前回の記事でも書いた通りなので

ちらっとだけご紹介しておきます。

 

 

先週は3日間開催だったのですが、

月曜開催のセントライト記念については

宣言通り【相当自信度の高い一戦】だったんです。

結果は…

 

 

【セントライト記念 予想結果】

1着 ◎ ミッキースワロー

2着 ○ アルアイン

3着 △ サトノクロニクル

 

 

まぁガチガチだったので馬券の買い方が大事なレースでした。

そして僕は以下のように馬券を組んだのでご紹介しておきます。

 

 

【実際に提供した予想】

◎ 05ミッキースワロー
○ 07アルアイン
▲ 09プラチナヴォイス
☆ 04クリンチャー
△ 02,14,15

× 01,06,10,11,12,13

 

【参考買い目】

単勝  ◎      1点
馬連  ◎ー○    1点
馬単  ◎⇒○▲☆△ 6点

単勝・馬連共に1点的中で馬単もきっちり的中。

とにかくミッキースワローが頭に来ると言うのが

このレースで最も回収できるパターンと読んで組みました。

 

 

僕はここは☆2.5の宝塚記念以来の自信度を出したので

もちろん馬券も相当ぶっこむ形で大回収に成功しました!

 

 

最近はYouTubeチャンネルの方である企画をやっていて

その名も複勝で100万達成するまで転がすという鬼畜企画。

これをやりだしてから相当プレッシャーを感じる日々が続きます。

 

 

ちなみに先週は36万を転がして勝負する形でしたw

良かったらコチラもご視聴よろしくお願いいたします!

(PCの方は大画面表示で快適に見れるかと思います!)

 

 

僕は性格的にも飽きっぽいので100万達成したら

その後改めて同じ企画をやるかはわからないんですが

大好きな競馬で諭吉をぶち込み続ける企画と言うのは

かなり神経が研ぎ澄まされますし気合も入るんです!

 

 

2017年はココから最高のシーズンに入っていくので

何とか的中を量産してガツッと稼いでいきたい所です!

先週に引き続き今週も頑張っていきますね!!

と言うことでそろそろ本題の神戸新聞杯の話題へ。

 

 

神戸新聞杯2017予想見解

まずは現時点での予想オッズからご紹介しておきます。

神戸新聞杯2017予想オッズ

レイデオロ   2.3倍

キセキ     3.6倍

ダンビュライト 6.0倍

サトノアーサー 7.5倍

カデナ     8.2倍

ココまでがおそらく10倍圏内の支持を受けそうな馬達です。

 

 

まぁレイデオロに関しては春先の走りからも当然強いです。

ただメイチ度合いはどう考えても低いので…。

その辺りが紛れる可能性を秘めている所でしょうか。

とりあえず上位人気馬から順に分析していきますね。

 

 

レイデオロ

さっきも書きましたがココでは確かに実績は抜けている。

操縦性も高いしどんな流れの競馬にも対応できる馬。

ただこの手のタイプは本来であれば勝ちきれないタイプで

ココまで快勝している相手は実はそこまで大したこと無い馬。

そもそも今年の3才世代のメンツのレベルはかなり低いし

加えてメイチ度合いが低いと来たら負ける可能性は十分ある。

 

 

キセキ

母系から見ても距離延長に関しても問題はなさそう。

ここ2戦は身体を増やしながらも強い競馬を連発していて

この夏を超えて間違いなく急成長を遂げている1頭でしょう。

勝った相手は大したこと無いですが上がりもかなり早い。

阪神2400mの舞台設定は合いそうだし逆転候補の1頭。

 

 

ダンビュライト

ある程度人気してくるかもですが頭はほぼないでしょうね。

切れるタイプでも無いしじわじわ足を伸ばしてくるタイプですし。

小回りで器用さが求められるようなコースなら話は別ですが

阪神2400mの舞台でこそと言うタイプでは明らかにないですよね。

ただ、一つ推せる点は春先に本賞金加算が出来ていなかったので

ここはなんとしても権利取りに燃えている一戦であるという点。

 

 

サトノアーサー

とにかく不器用なので難しい競馬になると台頭は難しい馬。

だがワンターンの瞬発力勝負になるなら話は別ですよね。

上がりに瞬発力勝負だけでやるならここではNO1に近い。

良馬場で上がり勝負になり脚比べならこれも逆転候補の1頭。

 

 

カデナ

福永がじっくり2歳時は競馬を教えてきて弥生賞ですら溜めた。

ここまでずっと馬を大事に乗ってきて成長を促す感じだった。

皐月賞・ダービーと結果はでなかったのですが致し方ない感じ。

大舞台で福永JKと言うのは信頼度に欠ける部分はありますが

阪神2400mならこの馬の持ち味は活かせるのではないか?

 

 

と言うことでざっと上位人気に推されそうな馬達を見てきました。

追記(9月21日)

全頭出走馬分析についてはYouTubeにUPしました!

(PCの方は全画面表示で快適に見れます。)

 

 

ここは夏の上がり馬であるキセキがやや被ってくる人気になりそう。

この手のタイプは人気がないからこそ買いたいタイプですが

予想オッズでの支持を見ると妙味があるかどうかは微妙ですね。

 

 

レイデオロを軸にするなんて選択肢は僕の辞書には無いですし

そうなってくると春先力を出しきれなかった馬が盲点かなと。

と言うことで現時点で最も狙ってみたい馬につきましては

いつも通りですがランキングにて発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

まぁ神戸新聞杯、阪神2400mの舞台設定ならこの馬でしょう。

当日の馬場があまりにも前残りなんてことになれば別ですが

普通に外差しが決まる流れになるならぶっちぎりもあるかも。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

神戸新聞杯・オールカマーの最終穴馬をお届けします!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

★★★★★★★★★★★★★★★★

今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト

★★★★★★★★★★★★★★★★

過去3年の平均は【3万5520円】決着

神戸新聞杯(G2)

ダービー馬レイデオロを脅かす馬がいる?

アノ人気薄関西馬が高配当を演出と話題に!

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

3連単勝負買い目の無料入手方法はコチラ!!

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

神戸新聞杯の3連単勝負馬券を無料で教えます

川田です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

 

菊花賞への有力ステップレースとして定着したこのレースには、

今年もダービー馬レイデオロを筆頭に有力馬が参戦予定。

 

他にもダンビュライト、サトノアーサーといった春路線を戦ってきた馬も

始動戦を迎え、ここで菊花賞の勢力図が固まってくると考えていいだろう。

しかしダービー馬・レイデオロは、この後は菊花賞に向かわず、JCに向かうことを表明。

かつて、同じ藤沢和厩舎のシンボリクリスエスがこのレースから天皇賞(秋)を制したが、

今度は大目標がおよそ2ヶ月先のレースとなるだけに、仕上がり具合はまた違ってくる。

 

某関係者も「前哨戦で敢えて古馬とぶつけず、しかも必要がない関西遠征をする理由は

どこにあるのか?それが今回のポイントになるだろう」と語っている。

 

また、菊花賞出走に十分な賞金を持っている陣営は、余裕残しの仕上がりであることが多い。

ただし「本番は距離が長くて用ナシ。だからココを獲りに行く」というパターンもあり、

一概に勝負度合いが低いと言い切ることは出来ない。

 

そして、出走ギリギリのボーダーにいる陣営は「何ともしても権利が欲しい」と

“ココがメイチ勝負”という話が出て来るのは当然の流れ。

しかも、菊花賞はクラシック最後の1冠。春出走を逃した陣営としては

「流石にココも出れないとオーナーに申し訳が立たないし、ウチの評判も落ちてしまう」

と切羽詰った状況になっているケースもあるわけだ。
昨年は6番人気ミッキーロケットが2着。一昨年は3番人気リアファルが勝利し、

その前年は8番人気サウンズオブアースが2着と、毎年のように伏兵が

馬券に食い込んでいることが春の実績馬だけを買えば良いという

単純なレースではないことを証明している。

 

そんな神戸新聞杯は、当社シンクタンクは

現在『6年連続的中』

と得意としているレースの1つである。もちろん、これは偶然ではなく、

元騎手・元調教師を始めとした競馬界の大物OBを有する当社は、

各陣営から懸ける勝負度合いを入手することができ、的確なジャッジを下せるから。

 

そこで、今年は神戸新聞杯の【3連単勝負馬券】を

先着100名様限定で特別無料公開する。

 

当社の情報力を知ってもらうための

特別なキャンペーンを是非とも見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第65回 神戸新聞杯(G2)

万馬券を狙う【3連単勝負馬券】を特別無料公開!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ