【秋華賞2016】予想と枠順確定後見解


今回は秋華賞2016の予想を中心とした記事を書いていきたいと思います。

枠順も確定し後は土曜日の馬場読みをして~最終予想に向けて組むだけですが

今年は圧倒的なシンハライトがいなくなった事で一気に予想が難しくなりましたね。

上位人気に推されそうな馬に多少なりとも不安材料もありますし、

一発穴目から攻めて大万馬券を仕留めることが出来る可能性もありそう。

予想が難しいのは当然のことではありますが、攻める姿勢を貫いて

とてつもない回収を果たして秋競馬大回収に向けてやっていきたいと思います!

 

 

とまぁまずは本題の秋華賞の話題に入っていく前に個人的なお話から入りますが、

ちょうど今週の木曜日に大井競馬に久しぶりに行ってきました!

 

 

理由は?

 

 

いや、なんでもないんですが急に行きたくなったからですw

その前日に渋谷にある銭湯に行ってきたのですがそこでTCKのチラシが置いてあって

知り合いの社長と「お、明日競馬行く?笑」みたいな軽いノリでまとまりましたw

で、ざっと木曜日は昼間に仕事を片付けて9R辺りから大井に突入しました!

 

 

それしても大井は凄いですよねー。

地方競馬の中ではダントツでグンを上げて売上を上げている競馬場ですが

色々新しい企画もやってるしナイター競馬に限ってはテーマパークに来た感じです。

ちなみに僕はディズニーランドに行くより大井競馬に行くほうが圧倒的に興奮しますw

 

 

重賞も何も無い日だったのですが人も結構入っていて

会社終わりのスーツ着た人たちもいるしナイター競馬ってホントに最高です!!

 

 

JRAでナイターが開催することはまぁ今後も無いとは思うのですが、

ローカルの売上が上がらないならローカルの何処かでナイターを導入すれば

めちゃくちゃ今よりも競馬を楽しめるのでは、と思うのは僕だけでしょうか?笑

 

 

朝は中央開催で10時から競馬して~ローカルは13時くらいからスタートして

21時くらいまでレースやってる!なんて事が叶ったら…。

 

 

「廃人になる自信ありますwwww」

 

 

と言うことで雑談から入りましたがそろそろ本題の秋華賞の話題へ。

まずは上位人気馬の枠順の配置について考えていきましょう!

 

 

秋華賞2016予想見解と分析

1番人気濃厚のビッシュは5枠10番。

この位置からなら極端な不利を受けることは無さそう。

 

 

今までも外を回して強い競馬をしていたので極端な内目を引くよりは

真ん中から普通にスタート切って流れに乗れれば上位台頭はありそうではある。

だがやはり気になるのは今週の記事では何度も書いてきている通りなのですが

小柄な馬だし京都2000mの舞台設定が合うかどうか微妙な点ですよね。

 

 

ジュエラーはミルコが公式の会見で言っていたように

外目の枠を引くより内側を引きたいと言っていたが理想通りの枠になりましたね。

この枠からならコーナーで大きなロスをする事は無いし力は出せそう。

内目が詰まったりすると大きな不利を受ける可能性も当然ありますが

一切不利を受けないのであればぶっちぎりの圧勝まで合ってもおかしくない。

前走は力の掛かりすぎる馬場になったのも敗因だったと思うしノーカンでOK。

 

 

圧倒的なグリグリになりそうな2頭が力を出せる枠に入ったことで

少し荒れる要素が半減したかもしれないが2頭まぁ軸には最適な感じですよね。

しかし、個人的にはこの2頭からは入らず思い切った穴馬から攻める予定です!

 

 

・・・

 

 

ですが残念だったのが穴で狙っていた馬達がことごとく外目の枠に。泣

 

 

ダイワドレッサーは内目の枠を引いたら軸馬まで考えていたのですが

8枠16番ではどうころんでも軸には流石にやりすぎですわ…。

 

 

カイザーバルも前走の様にロスのない競馬を出来ればと思っていましたが

この枠からだと最初のコーナーでロスになって位置取りも悪くなりそう。

その事を考えると軸にするのは微妙だしこれも候補からは外れる形に。

 

 

と言うことで軸候補として現在考えているのは最有力候補はパールコード。

ただ、そんな言うほど激しい軸ではないし普通に上位台頭はありそうですが

好枠に入ったことで想定していたよりも人気になってきそうな気はしています。

 

 

後はやや人気になってきそうながヴィブロスでしょうか?

前走の紫苑Sはありえないような位置取りから飛んできたし内容は悪くなかった。

ただ改めて言うまでも無いかもしれませんが…

「ヴィブロスは紫苑Sで結果を出さないとココへ出走できなかった」点。

これだけは頭に入れておかないと痛い目にあいそうな気がしています。

 

 

そもそも春先には全く結果を残せなかったですし目にも止まらなかった馬。

それが厩舎×騎手でやや穴人気するなら個人的には嫌いたいと思っています。

 

 

個人的には「夏の上がり馬枠」で考えるなら

ヴィブロスよりも気になる馬がいるのでランキングに書いておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

乗り難しい牝馬のステイゴールド産駒ではありますが

夏の2戦の競馬は一気に一皮も二皮も向けたような内容だった。

前走よりも更に力を付けてくるようであればヴィブロスよりは断然良い。

地味だし人気もしないと思うが怖さはあるし穴馬として取り上げておきます!

 

 

後は土曜日の傾向をしっかりと精査して最終予想に繋げていくだけ。

次回の記事では馬場読み後の見解も時間があればブログでも書こうと思います!

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

秋華賞の最終穴馬についても無料メルマガにて発表させて頂きます!

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】秋華賞でメイチの激穴予想をお届けしてくるサイト

竹下です。今回は原稿をお借りしてPRです。

 

今年の秋華賞はかなり面白そうなレースを見れる形になりそうだ。

 

トライアルのローズSはシンハライトが、紫苑Sはビッシュが制した。

前哨戦は春の実績馬が制したものの、2着にはクロコスミア、ヴィブロスとクラシック未出走組が入り、

春の勢力図がそのままという状況にはならず。

 

また、桜花賞馬ジュエラーは骨折明けとは言え良いところなしの11着と完敗し、本番に向けて不安を残す形となった。

更にはシンハライトの故障が判明。世間に漂っていた『1強ムード』が一転、『混戦ムード』へと変貌した。
これで「ウチにもチャンスが回ってきた」と色めきだつ陣営が多くなったのは事実。

 

例えば、ある陣営の言葉を1つ紹介したいのだが

「前走は先を見据えた仕上げだったので、前哨戦とすれば合格点でしょう。それに○○もあったんで悪くない結果ですよ。当然、ココはメイチで仕上げますし京都の内回りはピッタリだと思います。ジョッキーも早くから素質を買ってくれていた馬ですが、本当に良くなるのは夏以降だと思っていたんですよ。思った通りパワーアップしてますし、ココは密かに楽しみにしていたんです。シンハライトがいたとしてもね」と、

某関係者から色気タップリな話も既に入手している。

 

 

マスコミが『混戦』と喧伝すればするほど、人気も割れて世間に出回る情報は錯綜。

建前だらけの新聞とニラメッコしても、どの馬が“買い”でどの馬が“買えない”のかわかるはずがないのだ。

マスコミが『混戦』と煽れば煽るほど馬券的には美味しくなるだけに、確かな関係者情報を持つ当社にとってはニンマリする状況。

 

秋華賞の馬券を獲りたければ、ぜひとも当社の情報をチェックしてもらいたい!

---------------------------

●春の3歳牝馬GIもズバリ!

第76回 桜花賞(GI)
2万0330円的中
激走穴馬アットザシーサイド(6番人気)

第77回 オークス(GI)
2070円的中
激走穴馬ビッシュ(5番人気)

 

●前哨戦もズバリ!

第1回 紫苑S(G3)
1万4590円的中
激走穴馬フロンテアクイーン(5番人気)

第34回 ローズS(G2)
7430円的中
激走穴馬クロコスミア(11番人気)

 

本番の秋華賞ももちろんおまかせ下さい!!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第21回 秋華賞(GI)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見!

秋華賞の【爆穴一点情報】を特別無料公開!

登録⇒ ココをクリックでメルアドを入力して下さい!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ