【秋華賞2017】一週前予想と先週結果|京都大賞典◎トーセンBで快勝!


今回は秋華賞2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

3歳牝馬の頂点を決めるラストの一戦となる秋華賞ですが、

G1の中でも爆荒れする事も多いレースの1つですよねー。

2017年は大将格だったソウルスターリングは出走して来ず、

強烈な差し脚が売りだったアドマイヤミヤビは屈腱炎で引退。

春のクラシックで間に合わなかった馬たちの一発もありそうですし

個人的にはやや波乱の余地も秘めているのでは?と思っています。

果たしてどの馬が上位台頭してくるのか?一週前予想を書きます。

加えて冒頭で先週の結果報告も行っておきたいと思います。

 

 

まずは本題の秋華賞のお話に入っていく前に先週の結果から。

先週は3日間開催で競馬も全力で楽しむ形になったのですが、

最終日はマジで最高の形で締めくくる事が出来ました!

 

 

この3日間開催、2週前の確変モードがまだ続いている感じで

まずは平場の勝ち組Pの推奨馬の結果なのですが…

【土曜】

<京都5R サウンドシップ>

5番人気3着

<京都6R クリノライメイ>

8番人気2着

<京都10R キアロスクーロ>

3番人気13着

<京都11R コンセギール>

11番人気13着

 

【日曜】

<東京6R ロードナカヤマ>

3番人気3着

<東京8R フリージングレイン>

3番人気3着

<東京10R ダノンフェイス>

2番人気1着

<京都12R スマートレイチェル>

1番人気1着

 

【月曜】

<東京5R ミツオサウスポー>

4番人気2着

<東京8R スカルバン>

2番人気1着

<京都12R ハクサンベル>

5番人気4着

 

 

推奨馬が(3-2-3-3)と好走を連発。

1番人気は10頭中1頭のみでこの成績はなかなか冴えてました!

 

 

どれも配当的にもかなり妙味ある馬ばかりでしたので、

個人的には平場でもきっちり利益を上げることに成功!!

 

 

そして重賞です。

土・日の重賞はニアピンで終わって残念な結果でしたが、

月曜日は今週で一番の自信度を出した京都大賞典でした。

そして!ここできっちり結果を出すことに成功\(^o^)/

 

【京都大賞典 予想結果】

1着 ☆ スマートレイアー

2着 ◎ トーセンバジル

3着 △ シュヴァルグラン

馬連4点指示  4300円
3連複12点指示 2950円

W的中で締めくくりの形に!

 

 

残念だったのは個人的に購入していた3連単ですが

トーセンバジル頭なら30万ぐらい払い戻しがあっただけに

そこだけは無念ですが、それでも御の字だったと思います!

 

 

2週前のローズS・セントライト記念の再来を再び達成!

今週は爆儲け出来ましたので、今夜は豪遊してきますよ!

特上寿司食ってキャバクラへGOGOや~♪笑

 

 

さぁ勢いそのままに10月は爆勝しちゃいたいですね!

と言うことで秋華賞の一週前予想見解も書いておきます。

秋華賞2017予想見解

まずは現時点での想定オッズをご紹介しておきます。

秋華賞2017予想オッズ

1 アエロリット    3.5倍
2 リスグラシュー   5.8倍
3 ファンディーナ   7.5倍
4 ディアドラ     7.8倍
5 ラビットラン    9.5倍
6 モズカッチャン   15.7倍
7 カワキタエンカ   16.8倍

おそらくですが上位勢はこんな感じになってくるでしょう。

 

 

正直上位勢は混戦なので枠順次第で変わってきそうですが

人気はおそらくかなり割れる形になってくるだろうと思います。

 

 

抜けた馬が不在で何が来てもおかしくないメンバー。

加えて下位勢に力をつけてきている馬も揃っていますよね。

ここに無敗で挑んでくる新興勢力のリカビトスもその1頭ですし

前走は福永が捌けず負けたミリッサだってその1頭です。

 

 

この他にも1000万勝ちで出走を確定させた上もいますし

春のクラシックで結果を残せなかった馬も揃ってくる。

となってくると予想はかなり難しいなぁと言う印象は受けます。

 

 

後、冒頭でもちらっと触れたのですが

秋華賞は荒れる時はマジで半端なく荒れるレースです。

2008年には3連単で1000万オーバーの馬券も飛び出していますし

2013年にも3着に15番人気が入選して23万の決着でしたね。

 

 

そして、2017年は個人的に1つ思うことがありまして

2008年の時と状況がやや似ているなぁと感じています。

 

 

圧倒的に抜けた馬がおらず、世代レベルが低迷している点。

加えて下位人気勢が意外と骨っぽい馬が揃っていると言う点。

となってくると爆荒れの可能性まであるのでは?

 

 

と言うことで一週前の時点ではありますが、

一発波乱の使者になる可能性のある馬をランキングで発表です。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

とにかく秋華賞で盲点になってくる穴馬は前目の馬。

上がりをしっかりつける馬よりもなだれ込むタイプの馬が良くて

この馬はまさにそのタイプに合致するので面白いかもしれません。

 

 

加えて前走はスタートで煽り気味に出て好位置を取れずなのに

しっかり脚を使って最後の坂でピタッと止まる感じだった。

京都替わりでこそのタイプだと思うので、期待してみたい。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

今週は秋華賞の最終穴馬をお届けします!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

★★★★★★★★★★★★★★★★

最強の関西情報社チェックメイトは

この秋もいきなり17万6530円的中!

★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年の秋華賞は……

1人気の関東馬ビッシュが大敗し

8人気カイザーバル含む関西馬が上位独占で

3連単【9万5520円】決着!

今年も人気薄関西馬が高配当を演出!

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

秋華賞3連単勝負買い目の無料入手方法はコチラ!

※先着100名様限定です!お急ぎ下さい!

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も提供!口コミで話題騒然の競馬予想サイト

中田です。原稿をお借りしてPRにやってきました。

昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、
「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

 

【殿堂1】チェックメイト

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.cmjra.jp/

【おすすめポイント】
栗東トレセンを中心とした情報を集め、関西馬の究極のメイチ情報などをお届けしてきているチェックメイト。元JRA調教師の清水久雄氏・浜田光正氏なども監修しているサイトで精度の高さは予想業界でも随一と言われています。

 

【殿堂2】ファースト

【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://first-one.biz/

【おすすめポイント】
毎日更新される多彩な無料コンテンツが充実していて、コラムもしっかりあってなかなか読み応えのあるサイト。中央競馬情報のみならず地方競馬情報なども提供されていて無料でも数々の情報を仕入れることが出来るのでオススメ。初心者の方も活用できるサイトですしとりあえず登録してみる価値あり。

 

【第1位】アクティブ
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://active-ks.jp/
【おすすめポイント】
無料情報もかなり充実していて最近掲示板や口コミサイトなどでも注目度がじわじわと上がってきているサイト。WIN5の予想やその他にも様々なデータ指数なども公開しているサイトです。

 

【第2位】OASIS
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://www.successoasis.net/
【おすすめポイント】
競馬業界の中枢との太いパイプラインを持つサイト。過去に競馬業界の中心で活躍したN氏を筆頭に、現在の競馬業界にも「N氏に競馬のいろはを教わった」という関係者もいるほど。また回収率250%以上の実績を出しても満足しないほど、実績には拘っているサイトです。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この4サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。

個人的には一番オススメなのはアクティブですねー。

最近調子良さそうで先日も帯封に近い馬券を獲得してましたしw

皆さんもガツッと無料サイト利用して儲けましょうね(^^)



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ