【菊花賞 2014】過剰人気している馬を予想


【菊花賞 2014】過剰人気している馬を予想していきたいと思います。

さぁついに菊花賞まで後数時間となってきましたね!

今年の菊花賞も距離適性が無いのにも関わらず過剰人気している馬がいる。

 

 

菊花賞ってG1の中でもかなり難易度の高いレースになると思うんですよね。

それは当然の事ですが 距離適性が全くわからないからです。

そして荒れることが多いG1の一つですが、コレも当然の事なんですよね。

 

 

過剰人気する馬がいるから

 

 

です。簡単なことですよね?

しかしどの馬か過剰人気しているか掴むのは案外むずかしいもんですよねw

ましてや僕なんて血統面をほぼ無視するので 答えが定まりにくいのは本音。

 

 

じゃあ血統意識して菊花賞は買えばいいじゃねぇか?

と思う方もいるかもしれないんですが、それは僕のポリシーに反します。

ここまで頑なに血統を無視し続ける理由・・・もちろんあるんです。

 

 

血統は難しい!

 

 

それが一番の答えです。だから血統を見なくても年間通して

勝ち越せる術として、今の僕の「レース内容重視するスタイル」が出来た。

 

 

一時は血統の勉強もかじったことは有りましたが、

勉強し続けても僕のスタイルには合わなかったし、数字を叩くことが出来なかった。

頭の良い方はおそらく血統予想が向いているんだなぁと感じた瞬間でした。

僕は難しいのが大っ嫌いなので、シンプルに強い馬を探す事に専念してます)

 

 

プロとして予想家やってるなら血統くらい勉強しろよw

と突っ込まれそうですが、血統予想家の方は世の中に溢れるほどいますよね?

それなら僕は独自のスタイルを貫いて、数字を叩きたいと思っています。

 

 

そして僕がこのスタイルを貫いているからこそ獲れるレースもあるんです。

(先日のオールカマーでマイネルラクリマで255万の馬券もそうでした)

 

 

更に補足で言っておきますが、菊花賞は血統を意識しなくても

過去のレースぶりをしっかり抑えておけば案外取りやすいレースの1つです。

 

 

例えばですが、今までの走りを見て明らかに距離が伸びて良くならないにも関わらず

今年の菊花賞で過剰人気してしまっている馬がいますね?

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

個人的にはこの馬の能力の高さをかっているし、前走でも狙った馬。

しかし前走勝ちにいってあそこまで垂れるということは距離が長かったに違いない。

にも関わらず今回 果敢に菊花賞にチャレンジしてきたのが謎すぎる感じ。

 

 

相当この馬向きの展開になったとしても 3000mは長すぎるし、

この馬以外に一発ありそうな馬はゴロゴロしているんですよね。

妙味ありそうな馬から入って大万馬券をGETしたいですね!

 

 

そして馬券の肝となるワンアンドオンリーですが・・・

前走 あれだけ早仕掛けしてしぶとく粘り通した。

あの競馬をステップレースで試す所がやはりプロ中のプロ ノリさん。

 

 

馬券的にぶった切ってやりたいなと考えてはいたのですが、

あの競馬ぶりを見て消すのはさすがにナンセンスすぎる。

軸にすることはありませんが、一応抑えておこうとは思っております。

 

 

最終予想については勝ち組プロジェクト会員様のみにお伝えしますが

今週はメルマガでも一発ありそうな馬をお知らせしたいと思います!

 

にほんブログ村 トラコミュ 菊花賞(2014)へ菊花賞(G1)

 

<<会員様数4500人突破!ナツの無料メルマガ>>

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
ステイヤーの適正が問われる
波乱の3歳クラシック最終戦

京都競馬場メインレース
第75回 菊花賞(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

 

未知なる距離の適正が問われる波乱含みな3歳クラシック最終戦

 

《 第75回 菊花賞(G1) 》

 

 

距離が未知なだけに波乱が起こる事もしばしば。
秋G1の中でも実に難解なレースである事は間違いない!

 

1着が堅く決まってもヒモ荒れする年や、
伏兵馬が勝ち馬となり、大波乱を演出する歳。

 

 

一言でいえば・・・順当な決着はほとんどないのが菊花賞です!

 

 

今年はメンツ的にも波乱は免れられないでしょう。

そんな波乱含みな3歳クラシック、菊花賞(G1)!

 

 

絶対に押さえておかなければならない「あの馬」を
今なら完全無料で公開中です!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

http://www.hicchu.net/

 

 

今回は、波乱必至の菊花賞(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

 

 

■G1戦で「連対」経験のある馬は狙い目!?

 

G1・Jpn1で連対経験のある馬は過去10年で23頭出走し、
そのうち10頭が3着以内に入っています。

 

ちなみに、2011年以降の優勝馬3頭はいずれもも
G1・Jpn1において連対経験があった馬です。

 

皐月賞や日本ダービーをはじめとする
ビッグレースで連対した実績のある馬は信頼出来るという傾向があります。

 

 

■騎手の「乗り替わり」には要注意!

 

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、前走と同じ騎手が手綱を取った馬でした。

一方、前走から騎手が乗り替わった馬は
3着内率8.3%と苦戦している傾向にあります。

このデータから見るに、「騎手の乗り替わり」は
マイナス要素が大きいという可能性が高いと見るべきかもしれません。

 

 

そんな波乱必至の菊花賞(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない菊花賞(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!
http://www.hicchu.net/



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ