【菊花賞2016】一週前予想と先週の結果報告


今回は菊花賞2016の一週前予想を中心とした記事を書いていきます。

先週の秋華賞とは違い、ここは大将格である有力馬が勢揃いとなります。

ここ最近の菊花賞は小粒なメンバー構成になる事が多かったのですが、

サトノダイヤモンド・ディーマジェスティが揃って出てきますので

間違いなく面白いレースになるだろうと皆様も思っているはずです。

京都の3000mという特殊な舞台設定なのでその点が気になりますが

果たして上位勢はすんなり馬券になるのか?予想していきたいと思います。

 

 

まずは菊花賞の話題に入っていく前に先週の結果報告からお伝え致します。

 

 

ブログをガッツリ読んでくれた皆様や

勝ち組Pの会員様はもちろんご存知だったと思いますが

ヴィブロス消し

と言うとんでもなく恥ずかしい予想をお届けさせて頂きました。

 

 

【秋華賞 結果】

1着 消 ヴィブロス

2着 ◎ パールコード

3着 × カイザーバル

ーーーーー

4着 ○ ジュエラー

 

 

軸馬に関しては一週前から候補として考えていたパールコードに。

そして枠順確定後も好枠に入ったのでもちろん軸で挑みました。

軸馬に関しては相当自信があった事、そして過剰人気していた人気馬を軽視。

 

 

ペースも読み通りになって「これは大本線来たぞオイ小池!」

と思っていたのですがまさかの外から強烈な脚でヴィブロスが勝利。

 

 

当然馬券を外したことは悔しかったのですが、

「ヴィブロスを消した点については全く後悔していません」

 

 

もちろん会員の皆様を困惑させてしまって点については

本当に謝罪させて頂なければならないと思っています。

ですがリスクを犯してでもあの馬を消した事は次に繋がると考えています。

 

 

無難に攻めてトリガミになるぐらいなら

思い切って穴軸から絞って攻めて大万馬券を仕留める。

そして大回収してぶちかまして夜の街へGO!!

 

 

バブルを巻き起こす!

それ位の気持ちでやっていかないと常日頃思っております!

 

 

それよりも僕としては1着のヴィブロス馬を消したことよりも

3着のカイザーバルにもっと重い印を打てなかったことが大後悔です。

 

 

週中は軸候補の1頭でもあった馬を最終的に枠の要素だけで×まで下げた。

そして力通り走って道中掛かりながらかなり強い競馬で3着に残した。

そこをしっかり見抜けなかった事が本当に悔しく思っています。

 

 

ただ、今回こうして的中を導けなかったことは反省しなければなりません。

土曜日は◎軸13番人気をすっぱ抜きながら人気サイドを消しハズレ。

そして日曜日も人気サイドの一角をぶった切ってハズレ。

 

 

せっかく穴軸をすっぱ抜いているのに2発連続でハズレが続いた点は

引きずってしまうといつまで経っても的中には繋がりません。

 

 

だからこそ菊花賞の週は更に慎重かつ大胆に攻めて

大本線で高回収率を叩けるよう精進していきたいと思います!

それではそろそろ本題の菊花賞の話題へ入っていきましょう。

 

 

菊花賞2016一週前予想見解

まずはこのレースの本質について考えていきたいのですが

過去にどのようなレースになる事が多かったのか?改めて書きます。

 

 

・ここ最近は思っているほど大荒れにはならないレース

・実は一番人気は昔から結構馬券に絡んでいる

・究極の大穴馬よりもちょい穴人気の馬が好走している

・御存知の通りかもしれませんが内枠の馬が好走を果たしている

・強烈な差し馬よりも先行して立ち回りの上手な馬が台頭

 

 

ざっとこの辺りが最も頭に入れておきたい点です。

 

 

意外だったと思う方も多いかもしれませんが

1番人気は (4-1-2-3)と過去10年で7割方馬券になっています。

 

 

ただし、2,3,4,5,6番人気はかなり壊滅的な数字で

過去10年で2~5番人気は12頭しか馬券にはなっていません。

 

 

で、過去傾向で最も馬券になっている馬は

「先行できて穴人気している馬」なんです。

(当たり前の事ではあるので知っている方も多いかもですが…)

 

 

例えば2年前に◎軸に指名したゴールドアクターもそのクチ。

2010年にここを勝利したビッグウィークもこのタイプでしたし

2009年に勝利したスリーロールスもこのタイプでしたね。

 

 

と言うことで2016年の菊花賞で先行できてすんなりの競馬をして

好枠に入ったら馬券圏内まであるかもしれない馬をお伝え致します。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

神戸新聞杯組・セントライト記念組が人気すると思いますが

2016年の今年は盲点になるなら別路線組だと思います。

 

 

そもそもここまで重賞に一度も出走していないし

地味な要素が多いので人気はしないと思いますが

やってきた相手のレベルは良いところと接戦を繰り広げている。

 

 

前走はヤマカツライデンを楽々と交わして勝利しているし

2走前には格下相手とは言え、京都の外回りで強い競馬で勝利。

 

 

久々の一戦にはなりますが外厩でしっかり調整してきて

このレースに向けて万全の体制で調整してきているしむしろプラス。

盲点になるなら王道路線より1000万組ではないかと思う。

 

 

上位勢が強力な今年の菊花賞ではありますが

過去にも別路線組からの好走もあるし能力的には引けを取らない。

一発攻めて高配当を仕留めていきたいと思います!!

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

菊花賞の最終穴馬についても無料メルマガにて発表させて頂きます!

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

【PR】セントライト記念・神戸新聞杯の前哨戦も本線で的中させたサイト

皐月賞馬ディーマジェスティ、日本ダービー2着馬サトノダイヤモンドがともに前哨戦を制して春の実績馬が順調なスタートを切った。

マカヒキ、リオンディーズが不在となれば、世間では“2強対決”と目させれることは間違いなく、自ずと人気も集中することになるだろう。

 

しかし、よくよく考えてみて欲しい。ディーマジェスティ、サトノダイヤモンドの実力は認めるところだが、

淀の3000mは全ての馬が未経験。

この2頭で鉄板と断言できる条件が揃っているわけではなく、間違いなく死角があると言えよう。

 
そもそも菊花賞は万馬券決着が前提のレース。3冠馬が誕生した2005年と2011年以外は全て万馬券決着であり、

50万馬券、30万馬券といった特大万馬券も飛び出している。1番人気と2番人気で決着したのも僅かに1度だけなのだ。
 
ここまではあくまでデータ上だけの話だが、騎手、厩舎、馬主、生産者、獣医などなど、

あらゆる関係者筋から話を聞ける当社シンクタンクでは、大物OBなどが在籍する情報ルート達より

菊花賞の“激穴情報馬”の存在を実は入手している。

 

 

「早くから菊花賞向きと思っていた馬なんだ。前走もスムーズならもうちょっとやれていたと思うし

この馬が持っている脚は測れたから収穫はあったよ。本番では一発あるんじゃないかと密かに期待しているんだ」とは

某関係者の談。他にも虎視眈々と一発狙う陣営が存在しているという。

 

 
本物の情報を知っている限り、簡単に“2強”では決まらないことは濃厚!今週は当社の情報を聞いたことがない方限定、

かつ先着100名様のみに、菊花賞で厚く狙いたい“爆穴1点情報”を無料でお伝えさせて頂く。

この特別なチャンスにぜひとも参加して頂きたい。

 

---------------------------

●前哨戦もズバリ!

第70回 セントライト記念(G2)
1820円的中◎○▲でズバリ!

第64回 神戸新聞杯(G2)
8010円的中
激走穴馬ミッキーロケット(6番人気)

●現在、14週連続で重賞的中!

第52回 七夕賞(G3)
2万4200円的中
激走穴馬オリオンザジャパン(11番人気)

を皮切りに

先週も!

第67回 毎日王冠(G2)
800円的中

第51回 京都大賞典(G2)
7400円的中

期間内には爆穴馬券もズバリ!

第64回 中京記念(G3)
8万7790円的中
激走穴馬ガリバルディ(7番人気)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
77回 菊花賞(GI)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見です!!

菊花賞のの特別無料情報GETはコチラをクリック!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ