【菊花賞2016】過去データ&血統傾向~10年分


今回は菊花賞2016の過去データ傾向を中心とした記事を書いていきます。

菊花賞といえば特殊なレースなので過去傾向も重視しておきたいレース。

普段は個人的にはあまりデータ傾向や血統を意識しないのですが、

このレースに限っては距離が伸びて良いのかどうか?不明点も多いし

馬の走りだけではわからない部分もあるので参考にしたいと思っています。

と言うことで今回は過去10年分の傾向をガッツリと書いていきます!

 

 

と言っても過去データや傾向などについては色々な所で調べることが出来ます。

なので誰も取り上げないようなマニアックなデータもご紹介したいと思いますw

 

 

それでは早速ではありますが、過去血統面から見てきましょう。

2016年出走の種牡馬上位成績馬に限ってみていきます。

ステイゴールド  (2-0-0-10)

マンハッタンカフェ(1-1-2-20)

ゼンノロブロイ  (1-1-2-3)

ネオユニヴァース (1-1-0-7)

ディープインパクト(0-2-2-16)

キングカメハメハ (0-2-0-9)

これは菊花賞での上位勢のみピックアップ数値です。

 

 

安定感だけで見るとディープ産駒は抜けているようにも見えますが

これだけディープ産駒が出ているの中でこの成績は良いとは言えない。

ちなみにですが2強のサトノダイヤモンドとディーマジェスティは

ご存知の通りではありますがディープ産駒ですよね?

 

 

共にこれまで圧倒的な競馬を見せてきた2頭ではありますが、

サトノダイヤモンドについはガッツリと過去記事でも触れさせて頂きました。

この記事⇒ サトノダイヤモンド~血統背景と馬体分析

 

 

上記の続きに戻りますがこれに京都3200mの

天皇賞・春も加えた過去10年のデータを見ると…

ステイゴールド  (5-0-1-21)

マンハッタンカフェ(2-1-3-23)

ゼンノロブロイ  (1-1-2-8)

ネオユニヴァース (1-1-0-13)

ハーツクライ   (0-4-3-13)

ディープインパクト(0-3-2-25)

キングカメハメハ (0-2-0-18)

となっており、ステイゴールド産駒が圧倒的な好走が目立ちます。

マンカフェ・ハーツクライ・ディープも安定勢力と言えそうですね。

 

 

ちなみにステイゴールド・マンカフェ産駒は2016年はたった3頭のみ出走。

イモータル (マンカフェ)

シュペルミエール(ステイゴールド)

レインボーライン(ステイゴールド)

 

 

イモータル・レインボーラインは距離が持つか微妙ですよね。。。

ただ最も好走歴の多いステゴ産駒なので軽く見ると痛い目に遭うかも。

 

 

次に菊花賞での馬体重別データについて見ていきましょう。

460キロ以下   (2-2-3-67)

461キロ~499キロ (7-7-4-97)

500キロ以上   (2-3-4-29)

こうしてみると馬格のある馬の方が明らかに好走歴が多いですね。

2016年はほとんどが馬格のある馬が多いので参考にならないかもですが。

 

 

後は面白かったのが当日の馬体重の増減。

馬体減 (2-2-4-44)

同体重 (1-0-3-26)

馬体増 (7-8-3-80)

と言うことで当日の馬体は増えていたほうが好走歴が多いようです。

夏場で減った馬体が秋になり増えている、と言うのが理想的。

特に夏場使い込まれた上に減っている馬は大幅マイナスになる模様。

 

 

次に見ていきたいのがオッズ別データです。

「菊花賞って大荒れになる事が多いのでは?」

と言う印象を持っている方が多いかと思いますが

極端な大穴と言うのはあまり馬券には絡んでいません。

 

 

菊花賞過去10年のオッズデータ

1.0倍~1.9倍 (3-0-0-0)

2.0倍~4.9倍 (2-3-2-4)

5.0倍~9.9倍 (2-2-1-12)

10倍~19.9倍 (2-3-4-22)

20倍~29.9倍 (1-1-2-28)

30倍~49.9倍 (1-1-0-26)

50倍以下   (0-0-1-58)

いかがでしょうか?

 

 

50倍以下の激走を果たしたのは僅かに1頭だけとなっています。

これは2010年のビートブラックで76.0倍でした。

 

 

基本的には大穴馬の台頭は少なく、

どちらかと言うと好走が多いのは中穴の馬と頭にいれておきたい。

10倍~19.9倍の馬が最も妙味ある馬という認識で大丈夫でしょう。

 

 

では、中穴人気の馬で最も好走しているのはどんなタイプか?

次は馬頃の脚質別データをご紹介していきましょう。

 

 

過去10年の脚質別データ

逃げ (0-0-2-12)

先行 (7-3-3-21)

差し (2-5-4-67)

追込 (0-2-1-49)

一目瞭然だと思いますが、圧倒的に先行馬が有利なレースと言えそう。

 

 

2010年のビートブラックも先行して粘り込んだ馬でしたし、

そもそも物理的に考えると長丁場で追込を決めるのは至難の業。

先行して中穴になりそうな馬というのは最も気をつけた方が良さそう。

 

 

そしてどこでも紹介されている様なデータではありますが

菊花賞の馬番別データも皆様にご紹介しておきたいと思います。

1~9番  (6-3-4-67)

10~18番 (4-7-6-73)

まぁこれだけ見ると言うほど外枠が不利には見えません。

 

 

しかし、人気薄の激走度合いを加えてみると内の方が有利なんです。

 

 

過去に人気に推された馬は外枠の方が配置された馬が多いんですね。

そして激走を果たした馬は内枠の先行馬と言うケースが非常に目立つ。

 

 

後は前走出走レースですが、これは圧倒的に神戸新聞杯組が有利。

神戸新聞杯   (8-6-5-44)
セントライト記念(0-3-2-39)
1000万下    (2-0-2-41)

セントライト記念組は未だ1頭も勝ち馬が出ていません。

 

 

これに合わせて美浦所属馬は未だ1頭も勝ち馬は出ていません。

美浦(0-1-1-44)
栗東(10-9-9-103)

出走頭数も栗東からの馬のほうが多いのでなんとも言えませんが

西高東低が長く続いていた事もあり、このような傾向なのでしょう。

 

 

ですが最近は外厩牧場で調整して力量差が縮まっている。

特に2016年はノーザンファーム関連の激走が目立っていますよね。

それでも輸送がある分、美浦所属馬は有利になるとは言えませんが

あまりにも軽視しすぎると痛い目に遭うような感じもしています。

 

 

菊花賞2016過去データ傾向まとめ

と言うことでざっと使えそうなデータをまとめてみました。

主に大事な点を改めてピックアップしておきますが、

 

 

・ステゴ産駒・マンカフェ産駒が好走しているレース

・狙うのは大穴では無く中穴

・先行できる馬が尚良し

の3点ではないかと思います。

 

 

と言うことで最もデータ的に推せる馬については

いつも通りの流れになるのですがランキングで発表いたします。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

美浦所属と言うのは確かに気になる点ではあるのですが

調教でもびっしりやっているしこのメンツなら前に行けそう。

好位からすんなり脚を溜める競馬をすれば一発の可能性もあるかも。

折り合いの名人のこの鞍上が乗るのでその点も推せる材料。

 

 

また、今週の重賞については無料メルマガでも何かしらネタを書きます。

菊花賞の最終穴馬についても無料メルマガにて発表させて頂きます!

よかったら無料登録よろしくお願いしますm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼菊花賞(GI)・鉄板3点勝負▼

サトノダイヤモンド

ディーマジェスティ陣営が

最も恐れている衝撃穴馬の正体は!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■実力を知って頂く為の無料配信

1日1鞍~3鞍の厳選提供から

10/10 東京11R 2万9410円的中
10/ 9 京都12R 1万2940円的中
10/ 2 阪神 8R 4万2900円的中
10/ 1 中山10R 1万1280円的中

【無料】菊花賞の3点予想を見るにはここをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

PR【菊花賞は間違いなく血統が決め手となるレースです!】

菊花賞にかける思い・・・。
プロの血統評論家が選ぶ菊花賞の厳選馬はこれだ!

競馬は血統が大事と良く言われています。
そんな血統から予想することで注目度が高い人間は誰か!?

それは、
血統評論家「栗山求(クリヤマモトム)」
さっそく調べてみたところ、

競馬スピリッツという競馬予想サイトへ予想を提供しているようです!

【栗山求】
◆負けない予想家
◆投資効果抜群の回収率

今週の無料予想は、
10/22(土)東京11R 富士S(G3)
10/23(日)京都11R 菊花賞(G1)


栗山求は菊花賞をこう見る!

 

的中実績の公開

9月最終週に無料予想で高配当・高回収しました!
実際配信された予想(無料予想より)
———————————————-
9月24日 (土) 阪神11R 大阪スポーツ杯

◎5サウススターマン
○9ゴールドスーク
▲7ウィッシュハピネス
△14ガンジー
△8ニットウスバル
△4パーティードレス

馬単ながしマルチ 5→4、7、8、9、14
三連単軸1頭ながしマルチ 5→4、7、8、9、14
———————————————-
【着順】は
1着△4パーティードレス
2着◎5サウススターマン
3着○9ゴールドスーク
で決着!
【実際の購入内容】は、

10点的中 △◎馬単 3,850円


60点的中 △◎○三連単 21,070円

【収支結果】は、
購入金額 合計70,000円
払戻金額 合計249,200円
収支金額 合計179,200円勝ち!

無料予想でこの的中と配当!
業界的に3連単の的中率は60点でも20%あれば上出来と言われていますが、
栗山さんは格が違います。毎週のように的中させ実績を残しています!

そして先週は秋華賞で的中!
実際配信された予想(無料予想より)
———————————————-
10月16日 (日) 京都11R 秋華賞(G1)

◎7ヴィブロス
○2ジュエラー
▲10ビッシュ
△3パールコード
△1エンジェルフェイス
△16ダイワドレッサー

馬単ながしマルチ 7→1、2、3、10、16
三連単軸1頭ながしマルチ 7→1、2、3、10、16
———————————————-
【着順】は
1着◎7ヴィブロス
2着△3パールコード
3着…15カイザーバル
で決着!
【実際の購入内容】は

10点的中 ◎△馬単 6170円

ビッシュではなく、「ディープインパクト×マキアヴェリアン」の組み合わせの
ヴィブロスを本命に持っていった予想は圧巻。
ヴィブロスは紫苑S(G3)で2馬身半差で2着決着だったが、3コーナーでの大波乱があっての2着で、
ビッシュと同等の力、もしくはそれ以上と見ている。
そして春から夏そして秋への成長スピードを加味して、ヴィッシュではなく
ヴィブロスを本命指名し見事優勝しています。

この馬単を10点で的中させる自信ありますか?

そして今週は菊花賞!3,000mの長距離レースで血統が最も重要視されます。
栗山さんの血統予想を十二分に発揮できる大注目レースです!

今週の栗山さんの予想は業界も注目するほどの貴重な予想となります。
ぜひチェックしてみて下さい!

今週の無料予想は、
10/22(土)東京11R 富士S(G3)
10/23(日)京都11R 菊花賞(G1)


注目の血統予想をすぐに入手できます!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。
登録後「メインレース無料予想」をご覧ください。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ