【金鯱賞2017】予想と出走予定馬&結果報告~弥生賞敢えてカデナ頭勝負も


今回は金鯱賞2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

2017年より金鯱賞が大阪杯のトライアルレースとなるので

12月末⇒3月頭開催へと変更となり、面白くなりそうですね。

今年限りですが、暮れの金鯱賞⇒春先の金鯱賞なんて…笑

ローテも見れそうですし、注目度も上がりそうですよね。

果たしてどの馬が台頭してくるのか?予想についてと

先週の結果報告を行っておきたいと思います。

 

 

まずは本題の金鯱賞のお話に入っていく前に先週の結果報告から。

先週”も”という言葉を使ったほうがしっくり来るのですが、

これで2週連続結果を残すことが出来なかった大失態です><

 

 

中でもタイトルでも書いた通りではあるのですが、

弥生賞で敢えてカデナ頭固定で勝負したレースが本当に情けない。

 

 

無料メルマガでもお知らせさせて頂きましたが

「個人的にはあえてカデナ頭固定で勝負」しました。

 

 

おそらく競馬上級者の方ならこの予想見解を見て

「お前…頭おかしいだろ?トライアルレースだぞ?」

というお言葉を頂くことかと思います。

 

 

なぜならどう考えてもここメイチでないですし

中間の動きを見てもいかにも叩き台仕上げが濃厚だった。

ですが、僕的にはだからこそ3倍つくと思って頭のみで勝負。

 

 

これもメルマガでも書いたのですが、

どう考えてもカデナ向きの流れになると判断したからです。

 

 

<無料メルマガでお届けした内容>

たしかに展開面、馬場を見ると明らかにカデナは不利です。

内が伸びる上に、立ち回りを活かせる馬場で前に行く馬はほぼいない。

 

しかし、権利をなんとか取りたい馬が積極策を取りそうな馬が多い上、

コマノインパルスは溜めて外を回すよりもじわじわ脚を使えるので

ある程度早めの競馬をして強気に乗ってくる可能性が高そう。

 

となってくると意外と自分の競馬に徹して足を使える

カデナがまとめて差し切り、という流れになる可能性が高い。

 

当然脚を余して負ける可能性は十二分にあると思うし

下手したら着外の可能性もある危険馬とも取れるかもしれません。

ですが個人的には敢えて、この馬を頭固定で組みました。

 

現在1番人気ですし昔の僕ならまず嫌いたい馬ですが、

福永はこの手の馬とは間違いなく合う。

まだ余力残しの馬体なのは中間の調整から感じますが

ここでどれだけやれるのかで皐月賞で買うか決めたい。

 

 

まぁこんな感じでしたけど、1番人気を軸にしただけですからね?

別に威張れるものでもないですし、ハズレてるので何も言えません。

ホント情けないです。この結果は絶対に忘れません。

来週以降のJRAの復讐劇に向けて!!

 

 

ざっと今週の重賞結果について振り返っておきますが…

【チューリップ賞 予想結果】

1着 ○ ソウルスターリング

2着 × ミスパンテール

3着 ◎ リスグラシュー

買い方でこの組み合わせは持っておらず大外れ。

 

 

【オーシャンS 予想結果】

1着 ○ メラグラーナ

2着 △ ナックビーナス

3着 △ クリスマス

ーーー

9着 ◎ アースソニック

軸とびハズレ。

 

 

【弥生賞 予想結果】

1着 ● カデナ

2着 ー マイスタイル

3着 ▲ ダンビュライト

これ。マジでやってはいけない相手抜け。

 

 

別にこの場に及んで言い訳する気もないですが、

ダンビュ・カデナと玄人が嫌いそうな2頭を重視して

馬券を外すというのは本当にやっちゃいけませんわ…。

マイスタイルの台頭を導けなかったのは分析不足です。

反省以外の言葉が今は出てきません。。。

 

 

今週は2月安定していた平場推薦馬もほぼ壊滅。。。

皆様のお力になれていないのは、本当に心苦さしか残りません。

 

 

2017年はとにかく毎週の結果に拘って予想配信を続けています。

その中で2週連続ボツが続いたのはなんとか修正しなければです。

今は何を言っても言い訳にしかなりませんし負け犬の遠吠えです。

ココからメイチの努力を繰り返して…来週の大爆発へ備えます。

 

 

焦って変な流れを組んだら余計に悪くなりそうですが、

ここでしっかり皆様に向けてボツが続いている事実を書いた上で

来週…バシッと結果でお返しできるよう頑張りたいと思います!!

と言うことでそろそろ本題の金鯱賞の話題へ入っていきます。

 

 

金鯱賞2017予想と出走予定馬ご紹介

と言うことでまずは現時点での出走予定馬をご紹介しておきます。

ステファノス

ルージュバック

ヤマカツエース

プロディガルサン

タッチングスピーチ

ヴォルシェーブ

この辺りが人気の支持を受けそうな馬達となっています。

 

 

ステファノスは前走香港Cで好走してからここへ。

叩きに定評のある藤原厩舎ですしメイチは間違いなく大阪杯。

と言うことでここはメイチ度合いは低い感じはしますよね。

 

 

ルージュバックについては個人的にはマイル路線に専念してほしい。

ここを使って大阪杯⇒Vマイルのローテになるのか?

ちょっと未知数ですが、取れるとこ取る作戦ならここも良い。

大竹厩舎(ノーザンF厩舎みたいなもの)ですし。

 

 

ヤマカツエースは昨年の金鯱賞で強い堅い方をして有馬へ。

そこでも力は出し切ったと思いますが、過去2戦は絶好調だったはず。

そう言う意味では休みを挟んででき落ちの可能性もありそう。

 

 

上位勢はややG1では足りない印象を受ける馬たちですが

当然金鯱賞では力上位ですし、ある程度人気してきそう。

ですがメイチ度合いは低そうですし取りこぼしも十分ありそう。

 

 

と言うことで個人的に一発金鯱賞(中京2000m)だからこそ

バシッと狙ってみたいと思う馬をランキングで書いておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

戦績から見て誰でもわかるのですが、ここしか走らない。

と言うことで間違いなく穴人気してくるのは間違いないのですが

今回のメンツを見ても自分の競馬を出来そうだし狙ってみたい。

軸にするかどうかはまだ未定ですが、予想でも重視する予定。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!!

今週重賞の最終穴馬も発表予定です!!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も提供!口コミで話題騒然の競馬予想サイト

中田です。原稿をお借りしてPRにやってきました。

昨今、競馬情報サイトが乱立しすぎて、
「どれがいいのかわからない!」

「本当に役立つサイトはどれ?」

という疑問を持たれる方が増えてきています。

確かに無料で使えたとしても予想が当たらなければ
意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても
回収率が大きく跳ね上がらなければ意味がないですよね。
そんな皆様のために、今回は

「無料で使える」
「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」
「信頼して長く使える」
おすすめサイトを
ランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで
見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

 

【殿堂1】チェックメイト

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.cmjra.jp/
【おすすめポイント】
栗東トレセンを中心とした情報を集め、関西馬の究極のメイチ情報などをお届けしてきているチェックメイト。元JRA調教師の清水久雄氏・浜田光正氏なども監修しているサイトで精度の高さは予想業界でも随一と言われています。

 

【殿堂2】トリプルクラウン

【おすすめ度】★★★★★★★★
【URL】http://crown-t.com/
【おすすめポイント】
毎日更新される多彩な無料コンテンツが充実していて、コラムもしっかりあってなかなか読み応えのあるサイト。中央競馬情報のみならず地方競馬情報なども提供されていて無料でも数々の情報を仕入れることが出来るのでオススメ。初心者の方も活用できるサイトですしとりあえず登録してみる価値あり。

 

【第1位】アクティブ
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://active-ks.jp/
【おすすめポイント】
無料情報もかなり充実していて最近掲示板や口コミサイトなどでも注目度がじわじわと上がってきているサイト。WIN5の予想やその他にも様々なデータ指数なども公開しているサイトです。

 

【第2位】ターフオンライン
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://turfonline.jp/
【おすすめポイント】
業界関係者だけが牛耳っている裏ネタなどをお届けしてくるサイト。だいたいこの手のサイトは嘘っぱちのところも多いのですが、ここはしっかりコラムも書いているし予想以外の部分でも参考になるのでオススメ。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この4サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。

それでは!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ