【阪神大賞典 2015】トーホウジャッカル回避の影響がどの程度あるか予想していく


【阪神大賞典 2015】トーホウジャッカル回避について予想していきます。

勝ち組プロジェクト会員の皆様には既にご連絡させて頂いたのですが、

今回 最大の養分馬と睨んでいたトーホウジャッカルが回避となりました。

 

 

この影響により間違いなくゴールドシップへの一本かぶりが予想されます。

非常に残念と言いますか・・・なんともほろ苦い結末という感じがしています。

この馬の回避というのは ただ単に妙味が下がってしまうだけしかありません。

 

 

そもそも今年の4才世代の低レベル感というのは周知の事実かもしれませんが、

長距離路線なんて更に空き巣と言っても過言ではありませんでした。

トーホウジャッカルがデビューから最短での菊花賞制覇という記録を樹立した。

この事も4才世代の弱メンツというのが大きく影響していたでしょう。

 

 

もちろん、ただ単に能力が無いというわけではありません。

現時点で5,6才世代と比較してという意味です。

これが力をつけてきたり、自分の得意な条件になると話は別です。

 

 

私の最大の希望としてはジャッカルはここで凡走してくれて

天皇賞・春で人気落ちして穴を開けるというプランでした。

実際にこうなる可能性というのは十分可能性として秘めていたはず。

 

 

まぁ現実となったことを今更どやこや言っても変わらないので書いておきます。

しかし、阪神大賞典がこれで的中確率が下がったわけではありません。

 

 

ただこの馬の回避というのは 大きく入選着順に影響が出そう。

各馬がゴールドシップのみが相手となるので競馬はしやすくなった。

そもそも他の各馬がゴルシに勝ちに行く競馬をするかは未知数ですがw

 

 

と言うことで今回上位に入選する可能性が高い馬は、

「自分の競馬に徹する馬」でしょう。

ゴルシなんて気にせず自分の競馬を最もしそうな馬は・・・

 

 

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

ゴルシに勝ちに行く競馬というよりもマイペースの競馬をするだろう。

この馬の場合 それが結果に直結するための手段だとは思う。

 

 

トーホウの回避で自分の競馬はかなりしやすくなったと思うし、

後は現時点でどこまでやれるか?試せば自ずと結果はついてくるだろう。

距離は絶対的に大丈夫だし少頭数というのも競馬がしやすいしプラスになる。

 

にほんブログ村 トラコミュ 阪神大賞典2015へ阪神大賞典2015

 

<<会員様数6000人突破!ナツの無料メルマガ>>

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

【PR】先週の中日新聞杯でディサイファを推しまくっていたサイトのご紹介!

先週の「馬スピ特報」では 予想家の虎石晃氏が中日新聞杯の予想で

◎マイネルミラノ(3着)
○ディサイファ(1着)
▲デウスウルト(2着)
で大的中!

しかも虎石晃氏の予想のすごいところは
この3頭しか印をつけていなかったというところ。

印が3頭だけなので例えば3頭の3連単BOXを
買っていたとしたら

600円投資
↓  ↓  ↓  ↓
50,580円の払い戻しです!

 

しかも、馬スピ特報は4人の予想家の予想が完全無料で見れるのですが、
何と虎石晃氏以外の3人の予想家が中日新聞杯で
全て勝ったディサイファに本命を打っていたのです!

 

これは衝撃でした。そのサイトには↓から無料で登録出来ます!

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます

 

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

天皇賞【春】への

優先出走権をめぐる戦い

3月22日(日) 第63回 阪神大賞典(G2)

★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

今週は天皇賞【春】に向けて有力ステイヤーが集結する一戦!
《 阪神大賞典(G2) 》
2006年にはディープインパクトが、2008年にはアドマイヤジュピタが、

このレースで結果を出し、続く天皇賞【春】制覇を成し遂げています。

過去、スターホースが堅実と言われていたこのレース。

今年は例年通りとはいかない傾向が!?

 

そんな波乱模様の阪神大賞典(G2)、

マル秘特別情報を期間限定、完全無料公開中です!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます

今回は天皇賞前の難解レース、阪神大賞典(G2)の予想で使える、

絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!


■狙いは4歳・5歳

年齢別成績では、3着内率で4歳馬がトップで、5歳馬が2位の数値を残しています。

特に4歳馬は2009年から5年連続して連対馬を送り出している点に注目です。

年齢の若いグループが優勢となっていることは、覚えておいても損はない情報です。


■前年の最後のレースに注目!?

過去の勝ち馬について、前年の最後に出走したレースでの単勝人気を列挙すると、

2009年のアサクサキングス(有馬記念:9番人気)以外は、

いずれも5番人気以内に推されていました。

前年の最後に出走したレースでファンの支持を集めていた馬は、

このレースでも高く評価する必要がありそうですね。
そんな難解な阪神大賞典(G2)ですが、

激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?


そんなココでしか知る事の出来ない

阪神大賞典(G2)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちらからメールアドレスのみ(完全無料)で買い目を見れます



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ