【騎手】荒れ馬場が得意・苦手な騎手を調べてみた


番外編となりますが、今回は騎手にピックアップした記事です。

先日13日に阿佐ヶ谷にて競馬イベントを開催したのですが、

その時に東京競馬場で強烈な雨が降ってくる形になりました。

そして僕はその時に「福永は荒れ馬場は来ない!」とまぁ

感覚的な部分で回答を皆様にお伝えしたのですがホントなのか?

この辺りはしっかり裏付けをとらなければならないとなと。

と言う事でざっと荒れ馬場データについて振り返っていきます!

 

 

稍重・重・不良馬場での騎手成績

では早速ですが今回のテーマの結果を振り返っていきますね。

データにつきましてはTarget frontier JVを使用しています。

「2016年1月~2018年5月迄」稍重・重・不良馬場の騎手成績

まずは芝ダート、共に合わせて成績です。

 

 

個人的にはかなり以外だったのが、TOPジョッキーの中で

最も単勝回収率が安定していたのが福永JKだった点です。

ええ、完全に僕は逆のイメージを持っていたんですよね。

やっぱり体感で感じるのとデータに出すのは違いますね…。

コレはかなり良い勉強になりました。

 

 

しかも重馬場でこそ数字が出ていそうなイメージが強い、

「川田・岩田」の二人はなんと荒れ馬場での成績はかなり悪い。

意外じゃないですか?

 

 

後は群を抜いて安定しているのがルメールですね。

複勝率50%超えと驚異的な数字を出しています。

 

 

そして荒れ馬場の日に単勝回収率100%を超えてきているのは

「池添・柴山・藤岡佑介」

この3人となっていますね。藤岡は150%と驚異的な数字です。

 

 

良馬場での騎手成績

ちなみに良馬場と比較してみると…

 

 

そこまで大きな差はありませんが回収率100%を超えているのは

「松若・丸山元気」の二人です。

 

 

ルメールは馬場を問わず複勝率は50%と

かなり安定した数字を残している形となっていますね。

 

 

ダート|稍重・重・不良時の騎手成績

コレまた意外や意外。

 

 

回収率100%を超えているのは…

「福永・田辺・柴山・池添・小牧・菱田・藤岡佑介」

この5人となっています。

 

 

そして岩田・川田は相当回収率が低いんですね…。

重馬場だから追える印象が強いこの2人のジョッキーですが

実は数字で見てみると全く真逆の成績が出ているんですね。

 

 

芝|稍重・重・不良時の騎手成績

次に芝での成績別データですが

「ルメール・武豊・吉田隼人・松若・藤岡佑介・丹内・松田」

この7騎手が単勝回収率100%を超えています。

 

 

芝のパワー馬場でも川田・岩田は数字的には微妙。

意外すぎるとしか言いようがありませんね…。

とは言え数字で出ているのですから間違いはありません。

 

 

まとめ

最後にまとめておきたいと思うのですが、

「藤岡佑介すげーなw」って点です。

 

 

良馬場でも安定した成績を残している形になっていますが

荒れ馬場になるとその精度が更に上がっているのは事実。

後は「川田・岩田」の二人は意外と荒れ馬場は信頼できない。

コレを改めて掴むことが出来たのは大きな収穫だったかなと。

 

 

ここ最近はこうした当たり前の数字を感じきれていなかった。

それもあって予想の核がズレてしまっている事もあると思います。

一つずつではありますが皆様とこうした結果を振り返りながら

自分自身の競馬力UPに向けて繋げていきたいと思います!

 

 

今週の狙い馬は⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

オークスの最終穴馬はメルマガでお届け予定!

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

 

オークスの最新記事は下記でまとめてあります!

【オークス2018】一週前予想と先週の結果報告



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ