【2月度勝ち組P募集再開】今後の抱負も書いておきます


皆様こんにちは。めったに当たらない予想家ナツです。

先週はうまく嵌って2重賞とも的中となりましたが、

ここで調子に乗ったらまた数ヶ月当たらない…

なんて事になりそうなので、戒める意味も込めて

ブログでも2月以降のスタイルについて書いておきます!

 

 

まずはしつこすぎますが、先週は2重賞ドンハマりやりました!

たまにしか当たらないのでだいぶうるさくてすいません。

ですがホント昨日は久々に重賞で直線声を出した気がしますw

 

 

シルクロードSはダンスディレクターは勝つのは確信したので

後は3着にワキノが好位置にいたので「差せー」と言う感じで。笑

 

 

根岸Sはなんなら◎タールタン頭で来て欲しかったので

もう少しルメールさん仕掛け早くても良かった気がしますが

とりあえず直線向いてとりあえず差せ差せ!叫んでました。

最後ヴェロンがベロンベロン追ったのもナイスでしたね。笑

 

 

僕もベロンベロンに酔っ払いたい気分になってる時に追い打ちで

キャバ嬢からたくさんの営業メールがいっぱい来ましたが

今年は戒める年にしたいのでキャバクラは行きませんでしたw

(ってそんなことはどうでも良いですね、すいません)

 

 

で、重賞的中0…とお通夜になる1月だった所なのですが

ラスト1月2つ当てて一撃でプラス域まで来るという感じに。

ホントは毎週こんなパーティー記事書きたいのですが、

やはり僕の考え方では安い配当では盛り上がれませんので。。

 

 

まぁ言ってもたったの回収率1000%程度ですけどね…。

ですがこれでも1万投資なら10万回収は軽くイケてますよね?

読者様の中には回収率5700%の強者もいらっしゃいました。

 

(昨日も紹介しましたが、改めておめでとうございますm(__)m)

 

 

こうして僕の穴馬をうまく活用して頂き、

馬券に活かしてもらえるのが本当に嬉しい限りです。

これからも穴馬見つけていけるよう、精進致します!

 

 

で、長くなりましたが2月度以降のスタイルについてです。

 

 

実は今年のテーマとしてあるのが

「堅い軸は堅実に」と言うMyルールを作っております。

 

 

昨年の阪神JFの◯メジャーエンブレムや

先週シルクロードS◎ダンスだったり

根岸ステークスの◯モーニンだったり。

まぁ比較的に馬券に絡みそうな馬は◎や◯に推してます。

 

 

本当は・・・

◎8番人気
◯14番人気
▲15番人気
☆16番人気

なんて事したいんですけどねw

 

 

荒れるレースでは当然こういう印付き予想を出すこともありますが

やはり堅そうなレースでこれをするのは無謀すぎます。

ですがこの作戦により勢いに乗った時は一気に回収できる気がします。

 

 

例えば今週のきさらぎ賞ですがサトノダイヤモンドは強いです。

今までの僕なら強いのはわかっていても軽視したかもしれません。

ですがこれに逆らうのは流石に愚の骨頂過ぎますよね?

 

 

ならばどうするのか?

 

 

頭固定で馬券を組むか1,2着固定で相手3点位まで点数絞るかも。

そうすれば仮にサトノ1着、ロイカ2着、3着???で

3着に穴目が入ったりしてくれば3000円の払い戻しとしても

3点勝負でも十分回収率1000%を狙える形になりますよね?

 

 

まだ何にも予想してないので結論はどうなるかわかりませんが、

そんな感じで臨機応変にやっていこうと思っております。

 

 

当たり前の事かもしれませんが、

「荒れるレースは手広く、荒れないレースはガッツリ絞る」

この基本原則を守りながら的中率・回収率のバランスを

いい感じで保ちながら取り組んでいきたいと思います。

 

 

2月は多くの方が面白いレースがないから、やらない!

という方も多いかもしれませんが、個人的にはそう思いません。

きさらぎ賞もそうですし、共同通信杯、フェブラリーSと

めちゃくちゃおもしろいレースが目白押しです。

 

 

そしていかにも荒れそうな小倉大賞典やダイヤモンドSなども。

この辺りでもう一発回収率5000%位ブチかましたいですよね!

今の勢いそのままに2月は一撃1年分位回収出来る一撃配当を

お届けする気持ちで精進してまいりますm(__)m

 

 

なお、全レース予想については勝ち組プロジェクトで行っています。

2月度より長期会員様の募集も再開させて頂きますので、

僕と一緒に一撃回収しよう!という方はご覧頂ければと思います。

コチラ⇒ 勝ち組プロジェクトの詳細について

 

 

いつも調子良いことばっかり言い続ける僕ですが…

2016年は皆様に恩返しできるよう精進してまいります!

 

 

また、現地セミナーなども精力的に活動していこうと思うので、

当日一緒にぶちかました暁には、一緒に焼肉か寿司行きましょう!

 

 

競馬で勝って美味い飯食って、キャバクラ行って抜き行って!

皆様と一緒に楽しい日々を過ごす事ができればと思います!

それでは皆様のご応募お待ちしておりますm(__)m

 

 

また無料メルマガは勝ち組Pより情報は落ちるかもですが

穴馬情報など有益なモノお伝えしていきたいと思いますので、

気になる方は↓から登録頂けますと幸いですm(__)m

ナツの無料メルマガ【スマホ・PC】⇒ 登録はこちち

ナツの無料メルマガ【ガラケー】⇒ 登録はこちち

 

 

それでは今週も頑張りましょう!!

最後に東京新聞杯で重視したい馬をランキングに書いておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 東京新聞杯(G3)

今年は楽に10万馬券超も狙える
爆穴3連単勝負買い目を無料公開!

□■□■□■□■□■□■□■□■□

マイラーの大目標となる安田記念は6月と約4ヶ月もレース間隔が空くだけに、一見すれば大舞台には直結しないように思える。しかし、それは大きな誤り。実は、安田記念を狙う上では、関係者が重視しているレースなのだ。

その理由はハッキリしている。GIを除く東京で行われる古馬混合のマイル重賞、つまり、本番と同じ舞台で行われる重賞は東京新聞杯と富士Sしかない。冬場に行われるにも関わらず、毎年フルゲートに近い頭数が揃い、それなりのメンバーが出走するのも、こうした事情があるからなのだ。

また、マイル路線はスプリント路線や中距離路線から参戦する馬も多く、賞金ボーダーが非常に高い。しかも、安田記念当週にクラス再編成が行われるので、4歳馬は賞金が半分になってしまう。だから、『早い内に賞金を加算して、今後のローテーションを楽にしておきたい』といった思惑も潜んでいる。もちろん、こういった込み入ったことを記者連中に話す関係者は少ないし、世間の感心も薄いので記者連中も聞くことはほとんどない。しかし、こういった話が、馬券的中に繋がる重要な情報になるのだ。

当社シンクタンクの情報ルート達はトレセン内外の関係者と“ツーカーの仲”であり、何度も聞けるような間柄。当然、各陣営の思惑をくまなく把握している。当社の情報力の一端を知って頂くべく、初めてご参加の方には東京新聞杯の3連単情報を無料でお伝えさせて頂く。新聞に載っている数行のコメントとは何が違うのかを、その目で確かめて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 東京新聞杯(G3)

今年は楽に10万馬券超も狙える
爆穴3連単勝負買い目を無料公開!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ