【CBC賞2015】予想とナツが園田で圧勝したお話


CBC賞2015の出走馬分析と予想を行っていきたいと思います。

また、今回はナツが園田で圧勝したお話も合わせ書こうと思います。

知ってる人は知っていると思いますが、ナツはナツでも別のナツです。

(※予想家ナツのことではありません。)

まずはCBC賞の出走馬分析に入る前にナツについてのお話から。

 

 

実は僕自身はこの話題について全く知らなかったのですが、

とあるイケメンブロガーさんより 連絡頂き知りました。

⇒ 正体はこの人です

 

 

「園田4レース、ナツさん圧勝!おめでとうございますw」

とご連絡を頂いて、調べた所出てきました。

 

 

7月1日の園田競馬4Rの結果

レースを見るとナツがスタートを決めてぶっちぎり。

実況で名前を呼ばれててちょっとだけ照れてしまいました。

 

 

しかし、素晴らしい勝ちっぷりではありませんかw

同じ名前の持ち主として嬉しい限りですm(__)m

 

 

ちなみに実況は⇒ コチラ

園田4Rを選択して頂くと「ナツの勇姿」を見ることが出来ます。

 

 

ただちょっと気になったのが

ナツ(牝2歳) という点です。

 

 

 

 

メス!?

 

 

 

 

あらら・・・。僕は今でもオスのつもりです。

つもりではなく本当にオスです。

しかも結構なメス好きです。(爆)

 

 

でも ナツ(騙2歳)とかじゃなくて良かった。

(※今後もナツは騙になる予定はありません)

 

 

と言うことで、ちょっと強引ではありますが、

このままでは本題から逸れそうなので、そろそろCBC賞話題へ。

CBC賞の出走馬分析を行っていきたいと思います!

 

 

CBC賞2015予想|出走馬分析編

それでは今回も例によって有力馬から順番に見て行きたいと思います。

 

 

ウリウリ

とにかく器用な馬で内枠に入れば枠を最大限に活かす競馬が出来る。

逆に言うと器用な競馬ができる展開にならないと危なさも持っている馬。

内枠を引いてIN差しが決まる馬場になればココでもやれるとは思うが。

 

 

サドンストーム

この馬は3歳時から見続けてきているが、元々内枠では力を出せなかった馬。

それが古馬になってからは内目で脚を溜めて最後に割ってくる事も出来るように。

西浦厩舎は本当に馬を育てるのが上手だなぁと言うのがこの馬でも見て取れる。

ただ、脚質的には安定する馬でも無いし人気するなら積極的には買えない。

 

 

ダンスディレクター

力があるのは認める。OP・重賞での実績は全くありませんが

将来的には十分通用してもいいだろうと思える器でもありますよね。

ただ、ココでいきなり人気するのはちょっとなぁ・・・。

予想オッズでは3番人気に推されているだけにそこまでとは思えない。

 

 

レッドオーヴァル

未だ重賞勝利が無いというのがむしろ意外という感じの馬ですよね。

G1では2度馬券になっている馬だし、勝っていてもおかしくはないが。

ただこの要因としてあるのがやはり脚質的に安定しにくいところでしょう。

今回も嵌るかどうかが一番の課題になってくるだろうとは思う。

 

 

トーホウアマポーラ

昨年の覇者。斤量は53キロ⇒55キロに増えますね。

ただ昨年は上手く流れもこの馬に向いた感じはありました。

臨戦過程は昨年とほぼほぼ同じなので、良い状態には作ってきそうだが。

後は鞍上が幸に乗り替わりとなりますが、その点もどう影響してくるか。

 

 

前回のCBC賞の記事でもお伝えしましたが、

有力どころが後ろから行く馬が多いので前目に行く馬が盲点となりそう。

前回紹介した馬以外にも一発ありそうな馬をご紹介しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

3歳のファルコンステークスでこの馬のレースを見て、NZTは軸にしましたね。

元々距離が長いと最後の最後で垂れるのでスプリントは歓迎の口だと思う。

更に今回は前半でそこまで流れが早くならないと思うので、その点もプラス。

 

 

前半があまりにも早くなるとついていけなくなって

自分の競馬をできない可能性というのも出てくるのですがその点も大丈夫。

前走の大敗の影響で人気落ちしてくると思うし、一発に期待しても良いと思う。

 

 

また、今週のCBC賞については無料メルマガの方でも

最終確定穴馬のお知らせもすると思いますので、

気になる方は無料登録してみてくださいm(__)m

 

ナツの無料メルマガ【PC】 ⇒ 登録はこちら

ナツの無料メルマガ【携帯】⇒ 登録はこちち

 

<PR>CBC賞の大穴予想|無料配信確定です

大川です。ナツさんの原稿をお借りしてPRさせて頂きます。お願いします。

 

今回、CBC賞の大穴予想をお届けするのは

元ダービーニュース編集長の伊藤友康さん、

元矢野進厩舎の厩務員である馬渕照男さん、

という正真正銘の競馬のプロ2名。

 

 

さっそくですが、コチラをご覧ください!

 

 

少し古いですが、

5月9日、土曜日の新潟1Rです。

 

──────────────────
買い目)3連単 2点
◎:03)ダノンゴールド
○:13)エーシンホワイティ
▲:11)ニジブルーム
──────────────────

結果は、

————————————
1着:13)エーシンホワイティ
2着:03)ダノンゴールド
3着:11)ニジブルーム
————————————

見事に的中!

 

 

配当は… ぶっちゃけ安いです。3連単で6,980円。

上位2頭の人気が抜けてましたから、

これは仕方のないところでしょう。

 

 

しかし、そうは言っても3連単を2点で的中はさすが!

推奨購入額 5,000円のところを、

弱気に1,000円しか買っていなかったのですが、

それでも7万円近いプラスなら悪くありません。

 

 

つづいて、同日、東京の5Rです。

──────────────────
買い目)3連単 6点
◎:04)ビーウィッチド
○:12)トレースオンアイス
▲:05)マダムヤッコ
──────────────────

結果は、

————————————
1着:04)ビーウィッチド
2着:05)マダムヤッコ
3着:12)トレースオンアイス
————————————

こちらも難なくヒットで払戻金は33,520円!

今度はちゃんと万馬券w

 

 

6点買いの1点1,500円推奨だったので、

回収は大満足の50万2,800円!

 

 

8番人気で2着に入った05番が3番手評価とは…

なかなか自分では導き出せない予想ですよね。

 

 

ですが、その自信の根拠は実に明白でした!

↓↓ ↓↓ ↓↓
http://tc-brain.net/

 

 

専門紙の元編集長であれば、

その知識は素人とは比べ物にならないでしょうし、

GI馬も輩出している厩舎の元厩務員ともなれば、

トレセン内部にも顔が利くというものですよね。

 

 

であれば、

一般の競馬ファンでは知り得ない情報くらいあるでしょうし、

普通では考えられないような穴馬を激走を知っていたとしても、

別に何ら不思議な事でもありませんよね。

 

 

「これなら本当に信用しても良さそうですね!」

 

 

他のサイトがどうなのかは知りませんが、

少なくとも、このサイトであれば信頼は出来そうですね。

 

 

CBC賞の大穴三連単予想の発表はコチラから
↓↓ ↓↓ ↓↓
http://tc-brain.net/



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ