【アルゼンチン共和国杯2018】予想オッズ&人気出走予定馬分析|結局はノーザンFの運動会?


今週はJBC3競争が開催なのでアルゼンチン共和国杯は正直注目度は埋もれてしまう印象を受けますよね。

そうは言ってもジャパンカップに向けてのステップレースの一つでもあるこのレースではあります。

しかし…2018年はメンツを見渡しても大した馬がいないのでまたノーザンFの運動会になるのか?

とりあえずはざっと上位人気馬から順番に分析の方を行っていきたいと思いますね!

 

 

アルゼンチン共和国杯予想オッズ

まずは現時点での予想オッズからご紹介致します。

1 パフォーマプロミス 3.7
2 ノーブルマーズ   4.0
3 ガンコ       4.8
4 アルバート     5.0
5 ムイトオブリガード 6.9
6 ジナンボー     12.7
7 ウインテンダネス  14.1
8 ルックトゥワイス  19.2

ざっとここまでが10倍圏内の支持を受けそうな馬達になっています。

京都新聞杯のサトノダイヤモンドを勝たせるために忖度か?と言われていたパフォーマプロミスが人気に。

ノーブルマーズ・ガンコの2頭は非社台系の馬達と言う事でどこまでやれるか?見ものではありますよね。

とりあえず上位人気馬から順番に分析の方を行っていきたいと思います。

 

 

人気出走予定馬分析&考察

パフォーマプロミス

鞍上は短期来日しているオドノヒュー。そもそもどんなジョッキーなのか?知らない方も多いのですが日本で言う所の北村宏司って感じでしょうか?

元々はオブライエン厩舎の2番手騎手でまぁ乗れるけど天才的ではないって感じのジョッキーです。

日本に来たらそりゃ上ですし追えるジョッキーですがモレイラやムーアと比較すると…正直落ちますよね。

馬自体はNFしがらきで調整されて乗り込んできてから得意舞台での出走という形です。

力は出せるだろうし実績面を考えてもここは上の存在。ノーザンF系筆頭候補だし予想でも重視すべきか。

 

 

ノーブルマーズ

大山ヒルズ帰りはとにかく叩きの事が多くて全く好走していないんですよね。舞台設定は良いですが。

前々走の目黒記念は内目から溜めて恵まれての好走だったし、前走の宝塚記念もハマった印象が強い。

それにその2戦共に一線級の馬は出てきていなかったことからもラッキーな2,3着だったのは事実。

まぁそうは言っても今回のアルゼンチン共和国杯でもメンツは揃ってないし台頭してもおかしくはないが。

 

 

ガンコ

春先の勢いを見たらそのまま天皇賞・春を制するんじゃないか?と思う勢いでしたがその後は失速。

前走は叩き台の一戦だったにしてもやはり昔ながらの調整の厩舎だと上がってくるのに時間がかかりそう。

前走よりは上向きにあるとは思うが仕上がり早のノーザン系の馬相手にどこまで太刀打ちできるか?

 

 

アルバート

距離延長するのは当然ブラスになってくるのだが本質的にももっと長い距離の方が合いますからね。

前走はモレイラの腕で持ってきたようなものでメンツも大したこと無かったからこその好走。

まぁ今回も相手関係には恵まれた印象は受けますが斤量は58.5キロと決して楽ではない。

軸で買いたいか?と言われたら絶対そんなわけがないし狙いづらい印象は受ける。

 

 

ムイトオブリガード

どスローの上がり勝負で制してきた立場の馬なので同じような形になればここでもハマるかも。

ただ、東京2400mと東京2500mは結構別物になる事が多くてスタミナ決着になった時にどうか?そこは未知数。

内枠に入って溜めて最後の直線でヨーイドンのような展開になると想定できるなら予想でも重視する予定。

 

 

ジナンボー

まだたったの2戦しかしてない馬で格上挑戦のレベルも良い所なんですが気にはなりますよね。

前走は空いた内目を上手く捌いて上位に食い込んできたしレースセンスは感じる一頭ではある。

ただこの格上挑戦はむちゃくちゃ過ぎるのは本音。それでも登録してきたってことは陣営は手応え感じてそうですが。

 

 

ウインテンダネス

いやーさすがにここまで人気落ちするのは意外過ぎるとしか言いようがないですよね。

前走は明らかに叩きの一戦だったし、ローテを考えてもここがメイチなのはまず間違いないだろう。

2走前は確かにハマったとは言え今回のメンツは格下だらけですからね。本来なら2,3番人気で無いとおかしい。

一昔前ならこういう馬が人気無く激走して美味しい馬券を取れまくれた時代もありましたが…今はどうかな。

これでこの馬が負けてノーザンF馬が上位3頭なんて形になるならもうそういう時代が来てるとしか言いようがない。

 

 

予想まとめ&狙ってみたい馬は?

と言う事でざっと上位人気馬を中心に分析を行ってきました。

ノーザンF関連の馬はが半数で2018年はより一層この傾向が強まってきていますよね。

もうこの勢いは止められないのか…?

 

 

と言う事でこの流れで行くならノーザンF関連の馬を推したい所ではあるのですが個人的な思いは違います。

さすがにここはこの馬は舐められすぎだろ?と思う馬がいるのでこの馬についてはランキングで発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

後は内枠に入るだけとは思いますが内枠入ったら条件揃いすぎてこれ以上無い狙い馬とは思うんですけどね。

と言うかマジでこの馬が一桁人気にならずに買えるなら大勝負良いっても良いぐらいのレベルには感じますが…。

ただし状態が100%で有る事が条件ではあるのでその点は確かに気になるんですけどね。

とは言え予想でも確実に重視する予定だし、4番手評価以上を打つのは現時点でも確定してます。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

JBC3競争の最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
関係者を含めた富裕層と同じ馬券で勝負!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業界最高峰の精度、的中率、高配当を両立することをお約束します。

高配当XXXの情報があれば毎週のように数百万円を稼ぐのも夢ではない。

情報源は【馬主】を頂点とし、厩舎や騎手本音を引き出す手法。

競馬関係者と作った密接なコネクションにより

一般に公表されるようなデータレベルでは取れない

”激走馬”を網羅!適切に馬券へ反映し、必中を狙う!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 過去の的中実績がこちら! ■

<9月2日>
◆札幌11R 丹頂ステークス
┗獲得配当【49万9850円】

<9月2日>
◆新潟11R 新潟記念
┗獲得配当【28万5850円】

<9月1日>
◆新潟10R 弥彦特別
┗獲得配当【34万5150円】

その他高配当XXXの的中実績を見る

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週も当然地方開催を含め勝負レースが多数存在!

中でも【AR共和国杯】は勝負度の高い1戦!

このレースの極秘情報を・・・ 無料で提供!

このチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 無料でAR共和国杯の勝負馬券を受け取る



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ