【アルゼンチン共和国杯2019】予想と過去データ傾向分析


今回はアルゼンチン共和国杯2019の過去10年のデータを分析予想していきます。

目黒記念勝ち馬のルックトゥワイス、目黒記念2着馬のアイスバブルなどが参戦。

さらにムイトオブリガード、マコトガラハット、ウインテンダネスと昨年の同レースで良い走りを見せた馬も参戦しています。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

人気データ

1番人気馬の複勝率は50%と低め。

ただ2~5番人気馬の複勝率は高く、人気馬は活躍していますね。

6~10番人気馬は3着が多いですが、複勝回収率は58%とイマイチ。

11番人気以下の馬は66頭出走して馬券内2頭。基本的には厳しい所でしょう。

人気馬を素直に重視したいレースではないでしょうか。

 

枠順データ

勝ち馬を見ても、3着以内馬を見ても内外で有利不利はなさそうですね。

東京芝2500mは目黒記念とアルゼンチン共和国杯のみが行われる特殊なコースですが

8枠の成績が非常に悪いコースでもあります。

外に入りすぎた場合は注意した方が良いでしょう。

 

脚質データ

複勝率が高いのは先行馬で31.4%となっています。

ただ中団馬も複勝率20.5%と悪くない数値ですね。差しも届くレースです。

逃げや後方と言った極端な脚質の馬には厳しいレースです。

上り3Fデータを見ると1位馬の複勝率が90%越え。

その他上り上位馬の成績も良い傾向にありますね。

上りが使える馬を素直に重視したいですね。

 

年齢データ

3歳馬が5頭参戦して4頭馬券内と絶好調。

さらに4歳馬の成績も良く、若い馬が断然強いレースです。

7歳以上になると全く馬券に絡んでいませんね。

3・4歳馬を中心に、6歳以下までの馬を狙っていきたいレースです。

 

馬体重データ

結構馬格の問われるレースとなっていて479kg以下の馬はかなり成績が悪いです。

一番下にまとめましたが、複勝率は10.6%、複勝回収率は31%。

基本的には480kg以上の馬体重がある馬を狙っていきたい所です。

 

斤量データ

複勝率が高いのは55.5kg以上の馬。勝ち馬の9割はここから出ています。

53.5~55kgの馬も複勝率はそこそこですね。

53.5kg以下になるとかなり成績が下がります。

斤量の重い実績のある馬を狙っていきたいですね。

 

調教師データ

複数回馬券に絡んでいるのは池江泰寿厩舎、友道康夫厩舎、藤沢和雄厩舎など。

今年は池江泰寿厩舎のアイスバブル、友道康夫厩舎のポポカテペトルが参戦。

調教師的にはこの2頭に注目です。

 

馬主データ

複数回馬券に絡んでいるのはサンデーレーシング、前田幸治馬主、山本英俊馬主、佐々木主浩馬主など。

しかし2019年は参戦馬1頭も無しとなっています。

勝ち馬も結構ばらけていますし、どの馬主でもチャンスがあるレースではないでしょうか。

 

種牡馬データ

出走頭数が多くて成績もそこそこよいのが、ハーツクライ産駒、ゼンノロブロイ産駒、ジャングルポケット産駒です。

今年はハーツクライ産駒のタイセイトレイル、トラストケンシン、さらにジャングルポケット産駒のノーブルマーズが参戦。

種牡馬データ的には3頭に注目です。

 

※アルゼンチン共和国杯の狙い馬はランキングで公開中!

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

AR共和国杯の最終結論!スゴ裏情報を無料公開!

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

①元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

②情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

▼【AR共和国杯】関係者が買う『勝負馬券』はコチラ



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ