【エプソムカップ2020】予想と過去データ傾向分析


今回はエプソムカップ2020の過去10年のデータを分析予想していきます。

昨年のこのレースの覇者であるレイエンダ、一昨年の覇者であるサトノアーサーとこの舞台で実績のある馬が参戦。

さらに3勝クラスを勝ち上がってきたピースワンパラディ、アンドラステと勢いのある馬も参戦しています。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

人気データ

1番人気馬の複勝率は70%と高め。

2~5番人気馬の複勝率も高め。人気馬が強いレースです。

6~10番人気馬は7頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は58%。

中穴馬は2着までのイメージですね。

11番人気以下の馬は1頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は30%。

基本は上位人気狙いで。大穴馬には厳しい舞台となっています。

 

枠順データ

3枠、2枠の複勝率が高め。

全体的に内目の枠の成績が良いですね。

そこまで枠順による差は無さそう。

 

 

脚質データ

まず逃げ馬の複勝率が50%と非常に高いです。逃げ粘りには注意。

先行馬の複勝率は27.0%と高め。中団馬になると複勝率は15.1%。

後方になると複勝率9.3%。前の方が有利なレースです。

上り3Fデータを見ると1~5位馬の複勝率が高いものの、

1位馬と4・5位馬の複勝率がそこまで変わりません。

上り最速を出すというよりは上位の上りが出せれば大丈夫でしょう。

前目からそれなりの上りを使える馬を重視したいですね。

 

年齢データ

4歳馬の複勝率が53.3%と圧倒的に高いです。

今年は4歳馬はピースワンパラディ、アンドラステと3勝クラスを勝ち上がってきた馬や新潟大賞典2着馬のアトミックフォースも参戦しています。

条件的にはハマるので台頭に期待ですね。

 

馬体重データ

馬体重は480~499kgのほど良い所が好成績です。

500kg以上の馬はあまり活躍していませんね。

 

調教師データ

出頭頭数は美浦、栗東で差はありませんが、複勝率を見ると栗東所属の方が22.2%と高いです。

特に池江泰寿厩舎は8頭出頭して4頭馬券内と実績がありますね。

今年はサトノアーサーとソーグリッタリングが同厩舎から参戦しています。

 

馬主データ

特に成績の目立つ馬主はいませんね。

 

種牡馬データ

ディープインパクト産駒は25頭出走して複勝率36.0%。

回収率はそれほどでもないですが、成績は良いですからね。

ダンスインザダーク産駒も複勝率50%と優秀な成績です。

 

コース種牡馬データ

さらに東京芝1800mの種牡馬データを見ていきます。

複勝率が高いのはディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、ルーラーシップ産駒辺り。

さらにヴィクトワールピサ産駒は複勝率高めで、複勝回収率127%と妙味もあります。

 

今年の登録馬で言えば

 

ディープインパクト産駒

サトノアーサー、ギベオン、サラキア、ブレイステイキング、サトノガーネット

 

ヴィクトワールピサ産駒

出走馬無し

 

キングカメハメハ産駒

レイエンダ、ロシュフォール、レッドヴェイロン、ダイワキャグニー

 

ルーラーシップ産駒

出走馬無し

 

ヴィクトワールピサ産駒

出走馬無し

 

種牡馬データ的にはこんな所ですね。

 

 

さらに前走データも見ていきます。

 

前走着順データ

まずは前走着順データですが、前走1・2着馬の複勝率が共に31.8%と高め。

ただ6~9着馬の複勝率が17.8%、複勝回収率は90%と悪くないので、前走負けた馬も十分に狙えそうです。

 

前走人気データ

続いて前走人気データを見ていきます。

こちらは綺麗に前走人気であるほど複勝率が高いです。

前走1番人気は複勝率42.9%、前走2番人気は複勝率37.5%。

 

前走1番人気馬に関しては都大路S、メイSなどOP戦で1番人気になっていた馬が

このエプソムカップではきっちりと好走するパターンが多かったですよ。

 

今年の登録馬で言えば

都大路S1番人気のサトノアーサー

メイS1番人気のブレイステイキング

さらに湘南S(3勝クラス)1番人気のピースワンパラディ

パールS(3勝クラス)1番人気のアンドラステ

この4頭が前走1番人気馬です。

 

東京芝1800mという力の上下がしっかりと出るコース。

前走人気に支持された馬は素直に重視した方が良いのかもしれません。

 

前走脚質データ

続いて前走脚質データを見ていきます。

先ほどの脚質データでは逃げ馬の複勝率が50%と高い。

さらに先行、中団、後方と後ろになるにつれ複勝率が下がっていきました。

 

最も複勝率が高いのは中団馬で23.4%。

逃げ馬は21.4%、先行馬は14.8%と

前走前目に付けた馬はあまり成績が良くありません。

 

エプソムカップの脚質データでは逃げ、先行馬の成績が良かった。

しかし単純に前走逃げ、先行した馬を重視するのは危険ですね。

 

ベストなのは前走控える競馬で結果を出しながらも脚質に自在性があり、流れが緩ければ前目にも付けられる馬ではないでしょうか。

エプソムカップ自体が昨年のように超スローペースになったり一昨年のようにまずまず速い流れになったりする流れの読めないレースです。

どこからでも競馬が出来る柔軟性が求めらえると思いますよ。

 

今年の登録馬で言えば

レイエンダ、ソーグリッタリング、サラキア、アンドラステ

この辺りは先行する競馬も控える競馬も出来ますね。

 

前走レース名データ

最後に前走レース名データを見ていきます。

成績が良いはマイラーズC組と中日新聞杯組。

しかしマイラーズC組に関しては2014年以降好走馬が出ていないので怪しい所。

中日新聞杯組に関しても2016年以降は好走馬が出ていません。

 

おすすめは複勝率こそ低いですが、近3年毎年連対馬が出ているメイS組。

2019年1着レイエンダ、2018年1着サトノアーサー、2017年2着アストラエンブレムですね。

 

今年メイS組は

勝ち馬のアイスストーム

2着馬のソーグリッタリング

4着馬のレッドヴェイロン

5着馬のエメラルファイト

7着馬のゴーフォザサミット

9着馬のブレイステイキング

13着馬のマイネルハニーが参戦しています。

 

今週重賞の狙い馬は下記ランキングで公開中!

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

またLINE@でも見解はお伝えします!

【無料登録は下記画像をクリック↓】

友だち追加数

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

今週の予想も提供!口コミで話題騒然の競馬予想サイト

中田です。原稿をお借りしてPRにやってきました。

「無料で使える」

「儲かる情報を提供してくれる」

「信頼して長く使える」

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

いずれのサイトもメールアドレスの登録のみで見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!

【殿堂1】チェックメイト

【おすすめ度】★★★★★★★★★
【URL】http://www.cmjra.jp/

【おすすめポイント】
栗東トレセンを中心とした情報を集め、関西馬の究極のメイチ情報などをお届けしてきているチェックメイト。元JRA調教師の清水久雄氏・浜田光正氏なども監修しているサイトで精度の高さは予想業界でも随一と言われています。

【第1位】高配当XXX
【おすすめ度】★★★★★★
【URL】http://secret-baken.net/
【おすすめポイント】
無料情報もかなり充実していてとにかく高配当に特化しているサイト。一撃回収の魅力はあるし予想力ある集団がやっているのでその点は推せるポイントです。

【第2位】勝ち馬の定石
【おすすめ度】★★★★★★★
【URL】http://katiuma-no-jyouseki.com/
【おすすめポイント】
多種多様な充実の無料コンテンツが揃っている予想サイト。過去データ・重賞注目馬・生トレセン情報等、最新情報を手に入れることが出来るサイト。3連複万馬券もバンバン出しています。

今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも
自信の勝負レースを無料で提供しているという事!

当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが
この3サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで
口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。

この3サイトがあれば競馬で しっかり儲けられそうですね。



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ