【エリザベス女王杯2018】一週前予想と先週の結果報告


今回はエリザベス女王杯2018の予想を中心とした記事です。

先週は激動のJBC3連発に加えて多数の重賞があったのでバタバタでしたが今週も重賞4つとまたバタバタになりそうな感じはしますよね。

ただ4つなら少なく感じるのは僕だけでしょうか?笑

予想的には結構集中して出来そうですし個人的に得意な2歳戦もあるので結構楽しみな週になりそう。と言う事でエリザベス女王杯も頑張っていきましょう!

 

 

先週の結果報告

まずは本題に入る前に先週の結果報告から行っておきます。

毎週の事ですが2歳戦に関しては精度は落ちておらず、今週の予想も比較的安定した配信をお届け出来たかな?と思います。

 

 

土曜2歳戦推奨馬

京都5R フェニアンサイクル 5番人気3着

京都6R テーオーポジプル 3番人気10着

京都7R ラヴズオンリーユー 1番人気1着

京都3R アルボルト 3番人気9着

東京4R グレイテスト 4番人気2着

京都11R レーヴドカナロア 2番人気8着

東京11R カルリーノ 6番人気3着

 

 

日曜2歳戦推奨馬

東京4R メイプルガーデン 6番人気2着

京都4R サヴォワールエメ 1番人気1着

福島5R シンリエンヌ 4番人気11着

東京5R ヴァイオリンソナタ 1番人気9着

東京6R シュヴァルツリーゼ 2番人気1着

福島10R ダノンチェイサー 1番人気2着

 

 

土・日推奨馬トータル成績(3-3-2-5)

人気所が多いのも事実ですが過半数以上が安定して馬券圏内に来ていますし、VIP配信の方も好調を継続しております。

正直11月1週目は納得行く結果ではなかったですが、自分自身の欲との戦いだなぁ…と言うのは改めて実感しました。

 

 

これはVIP会員様にもお送りさせて頂いた内容ですが…

これが僕の今の気持ちです。

 

 

正直、2歳戦以外がここまで当たらないのが本当に悔しくて仕方ないのですが、何かきっかけがほしいな…と思っているのが本音です。

先週も的中したのは2歳重賞のみで後がボロボロ過ぎ(汗)

 

 

【京王杯2歳S 予想結果】

1着 ☆ ファンタジスト

2着 ○ アウィルアウェイ

3着 ◎ カルリーノ

ここは人気薄のカルリーノから攻めて大本線的中。

まぁ配当は安すぎましたけど(泣)

 

 

【ファンタジーS 予想結果】

1着 ○ ダノンファンタジー

2着 ▲ ベルスール

3着 ☆ ジュランビル

ここは痛恨のど縦目でのハズレ><

 

 

後はJBCもAR共和国杯も軸は来るも相手抜けだったり消し馬が絡んだりのハズレ。残念でしかありません><

 

 

ココ最近の重賞は本当にノーザンF関連の馬からデムルメ+外人を買っておかないと行けないような状況になってしまってますよね…。

時代の波に乗れてない僕の予想力の問題と言うのはまず間違いないと思いますが、何とか修正していかなければなりません。

荒れるにしても一昔前の穴馬にこだわりすぎてる感は僕自身も正直感じてますし、もうさすがにモデルチェンジしなければならない時期が来たのかもしれませんね。

はっきり言って僕が提唱しているメイチ理論自体ももはや過去の産物になりつつあるのも2018年の天皇賞・秋を見て感じたのは事実です。

 

 

それこそ国枝調教師の言葉もぐさっと刺さりましたよね。

JRA「牝馬3冠」国枝栄調教師の苦悩……
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

この記事にも記載がある通りですが、現代競馬はとにかく外厩施設の発達が進みすぎて馬を鍛えるには外厩施設でやる以外の選択肢が無くなってきている。

僕が仲良くしている予想家とかも結構この事について書いてる方も多いんですが、美浦の坂路が高低差18mに対してNF天栄の坂路が36mでトレセンより施設が進んでるってそれおかしくない?って話なんですよね。

 

 

加えて外厩施設、特にノーザンF関連の腕が上がりすぎて休み明けからでもきっちりと結果を出してくる馬も多く出てきている。

そしてレース選択も非常に上手でノーザンFの使い分けにより仕上げの良い馬が分散して出てきて荒れるレースだったものも堅く収まる事も増えてきた。

 

 

「そりゃ当たらんわな…」

そんな事心の中では半年も1年も前から気づいてたのは本音です。ですが、僕の中でやっぱり自分の今までの理論を捨てきれないでいたのも事実です。

しかし、もう辞めます。

 

 

今後は面白さは無くなってしまうかもしれません。当たり前の軸馬的な所から当てに行くレースなども増えてしまうかもしれません。
「特に芝のマイル~中長距離はより一層です。」

 

2018年の僕の重賞の精度の低さは異常です。

ここまで来てしまうと今までの理論が正しい!なんてプライド持ってても意味が無いです。全てを捨ててでも結果に挑むその姿勢こそが予想家たる所以かと思います。

何とか修正してラスト2ヶ月乗り切って行きたいと思うので、今週のエリザベス女王杯も頑張って的中目指していきますね!

それでは前置きが長くなりましたがそろそろ本題のエリザベス女王杯の記事に入っていきたいと思います。

 

 

エリザベス女王杯一週前予想

予想オッズなど詳しいことはまた別記事で書きたいな~と思っているのですが、2018年のエリザベス女王杯は上位人気は全て外人騎乗馬になってきそうですね。

モズカッチャン ミルコ

ノームコア ルメール

リスグラシュー モレイラ

カンタービレ Cデムーロ

これに次ぐ人気になるのがレッドジェノヴァやフロンテアクイーンなどが続きそうですが、外人勢を無視して馬券を組んでも的中へ導くのはかなり難しそう。

 

 

そしてノームコアとリスグラシューの2頭はノーザンF生産馬。これを逆らう余地がどこにあるの?って言うほどの条件揃い。

ただ、今回はデムルメが非社台系の馬に乗るのは見もの。なんだかんだ選んだ馬がガンガン好走する事も多いですし普通に好走する可能性は高そうですが。

 

 

予想まとめ&エリ女で狙いたい馬は?

と言う事で今回は上位人気馬を中心に分析を行ってきたのですが、最も狙いたい馬についてはいつも通りですがランキングにて発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

2走前に出していって展開がハマったとは言え楽に勝って、前走もまだまだ余力を感じる内容だった。

人気だが逆らえない1頭になってくると思います。

当然ですがエリザベス女王杯の最終予想でも重視する予定ですし、極端な枠に入らなければ軸まで考えている1頭。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

エリザベス女王杯の最終穴馬はメルマガにて発表です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

菊花賞も10万0590円的中!

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【エリザベス女王杯の予想も無料公開!】
   馬連1点&3連単30点

今回限り特別無料配信!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 重賞1点勝負で断然の実績! ■

菊花賞(GI)
[3連単30点] 10万0590円的中

毎日王冠S(G2)
[馬連1点勝負]    670円的中
[3連単30点]  1万0170円的中

札幌記念(G2)
[馬連1点勝負]   1330円的中
[3連単30点]  1万6590円的中

小倉記念(G3)
[馬連1点勝負]    790円的中
[3連単30点]  1万0700円的中

フェブラリーS(GI)
[馬連1点勝負]   1140円的中

ジャパンC(GI)
[馬連1点勝負]   1770円的中
[3連単30点]  1万3440円的中

▼エリ女の予想&勝負馬券を無料で入手!▼



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ