【オーシャンステークス2021】枠順確定後見解|カレンモエの初重賞制覇なるか?


こんにちは。予想家ナツです。

今年のオーシャンSはカレンモエの初重賞制覇に期待が集まりそうです。

予想オッズでも1番人気想定となっていておそらく当日も1番人気でしょう。

そしてアルピニズムやアウィルアウェイが次ぐ人気になりそうですね。

 

 

カレンモエの初重賞制覇の可能性は?

カレンモエの母親であるカレンチャンは僕の中でも未だに記憶に残ってます。

母も同じ安田隆行厩舎で連勝の勢いそのままスプリンターズSを制覇しました。

 

 

前走の京阪杯でも好スタートを決めて好位から2着の粘り込み。

後方待機の馬が台頭する中での競馬で粘り込みなので価値ある内容。

 

 

平坦コースベストに思われがちですがそうでもない。

そもそも安田隆行厩舎は坂路でビシビシやるし坂のあるコースは歓迎。

なんせ関西圏でもビッシビシやる厩舎で有名ですからね。

 

 

ちょうど弥生賞の記事でも書きましたが…

【弥生賞2021】予想分析と全頭診断|ディープ産駒不在の混戦!ダノンザキットは鉄板なのか?

 

 

ダノンザキットのような中距離路線はとにかく苦手な厩舎。

しかしながら何度も言うように短距離では圧倒的な実績を誇ってきていますからね。

 

 

坂路調教で49秒台でまとめてくる馬なんてそうそういない。

その中でカレンモエの自己ベストは…

栗東坂路 49.0 36.0 23.7 12.2

むちゃくちゃ過ぎる位の時計ですからねw

 

 

今回も最終追い切りで馬なりにも関わらず

栗東坂路 52.4 37.5 24.0 11.6

軽く追ってラスト1F11.6秒でまとめてきた。

状態面に関しては文句ないし当然有力視しなければならない1頭でしょう。

ここで初重賞して当然レベルの馬だと思います。

 

 

アルピニズム・アウィルアウェイの扱いは?

この2頭の扱いも馬券の肝になってくるのは間違いない。

どちらも人気の一角ですし分析を行っておきましょう。

 

 

アルピニズム

調教での動きは申し分なし。今回もかなり良い動き。

しかしながらこの馬の最大のデメリットは内枠でしょう。

4走前の藤田菜七子JKが乗った時にそうでしたが馬群に揉まれると良くないタイプ。

前に行く馬がそこまで揃ってないのでその点はプラスですが…。

内枠から出していけば揉まれる形になった時に怖さはある。

 

 

ここ2走のレースレベルは決して低くはない。

自分の競馬ができればよいが。ルメールで過剰人気感は感じる。

 

 

アウィルアウェイ

とにかく展開に左右される馬。

今回は前目が早くなることは無いので追走は比較的ラクにはなる。

しかしながら位置取りが良くなるはずも無いので扱いが難しい。

自分から競馬作れる馬でもないので鞍上の腕が鍵になりそう。

三浦…。

 

 

その他有力馬の見解まとめ

ビアンフェ

今回久しぶりに自分の競馬ができそうですね。

前走のスプリンターズSはモズスーパーフレアがいて逃げれず。

元来逃げてなんぼのタイプなので自分の競馬が叶うのは大幅プラス。

坂のあるコースと有力馬の目標になるのだけがマイナスではあるが。

 

 

ダイメイフジ

外目から出していって何も行かないならこの馬の主張もありそう。

ただビアンフェが内から主張するはずなので外目からスムーズ先行。

揉まれる心配はないしスタートさえ決めたら自分の競馬は出来そう。

 

 

アストラエンブレム

前走は超ハイペースがハマっての差し切り。全てが上手く行った。

今回も展開利があれば台頭の余地はあるかもしれないが…。

 

 

アイラブテーラー

スタートに課題がある馬だが外目の偶数枠を引いたのは大幅プラス。

まともにやれるなら通用の余地はあるし能力的には足りる。

鞍上の横山武史が上手く導けばアッと言わせる可能性はある。

 

 

穴で狙いたい馬は?

上位人気馬は全てが上手く行けば当然全頭台頭はあり得る。

ただ、3強の3頭で決まると言うのは少し考えづらい。

 

 

カレンモエ・アルピニズムは先行タイプ。

対してアウィルアウェイはハマらないと駄目なタイプ。

圧倒的に抜けているわけでもないので展開次第だろう。

 

 

自分の競馬ができれば台頭できそうなタイプも多い。

ただオーシャンSって波乱傾向強そうなイメージが強いが

案外大きな波乱というわけではないのですよね。

 

 

”人気馬を重視しながら嵌りそうな馬を狙う”

というのがセオリーとなってきそうです。

 

 

と言うことで穴として狙いたい馬を1頭発表しておきます。

ついでにチューリップ賞の枠確定後穴馬も合わせて発表します!

狙いたいのはこの馬!⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

この馬はとにかく道中で引っ張るのがNGなタイプ。

それだけに自分の競馬が出来るというのが好走の最低条件。

今回は揉まれる心配は皆無。好走条件は揃っている!

 

 

【ナツの最新版メルマガ】

今後平場予想や狙い馬見解などは下記メルマガでも送ります!

【完全無料!】登録はこちらをクリック



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ