【ステイヤーズステークス2020】予想と過去データ傾向分析


今回はステイヤーズステークス2020の過去10年のデータを分析予想していきます。

前走大敗しているものの3000m以上では強い走りを見せているメイショウテンゲン、こちらも長距離適性の高いボスジラなどが参戦しています。

人気、枠順、脚質などのデータを見て、どのようなレースとなるかを考えていきましょう。

 

 

人気データ

1番人気馬の複勝率は70%とかなり高め。

2~5番人気馬の複勝率も高め。

6~10番人気馬は5頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は38%。

11番人気以下の馬は2頭馬券に絡んでいて、複勝回収率は54%。

人気馬が強いレースです。

 

枠順データ

特に内外で有利不利はなさそうですね。

外枠からも好走馬が出ています。

 

脚質データ

先行馬の複勝率が42.9%とかなり高め。

中団馬までは馬券に絡みますが、

後方馬になるとあって3着までのイメージですね。

上り3Fデータを見ると、1・2位馬の複勝率が非常に高い。

長距離特有のロングスパート戦でしっかりと上りを使える馬を重視しましょう。

 

年齢データ

3歳、4歳馬の複勝率が高いものの、

7歳以上の馬も結構馬券に絡みます。

長距離重賞だけあって、年齢よりも適性が重要か。

 

馬体重データ

複勝率が高いのは460~479kgと440~459kgの所。

比較的小柄な馬が活躍しています。

500kg以上の馬はあまり馬券には絡みません。

 

調教師データ

出走頭数が多いのは美浦所属ですが、

複勝率が高いのは栗東所属となっています。

複勝回収率的にも栗東所属を狙っていきたいですね。

 

馬主データ

結構好走する馬主は固まっています。

シルクレーシング、キャロットファームは複勝率が高いですね。

ただ今年は参戦していません。

 

種牡馬データ

種牡馬で目立つのはアドマイヤドン産駒とネオユニヴァース産駒。

さらにディープインパクト産駒も複勝率が高いです。

ただアドマイヤドン産駒はアルバート、

ネオユニヴァース産駒はデスペラード、

ディープインパクト産駒はファタモルガーナやモンドインテロ

と同じ馬が複数回好走しているパターンが多いですね。

種牡馬自体よりもリピーターに注意すべきでしょう。

 

前走着順データ

前走1~5着馬の好走確率がかなり高いです。

前走掲示板に載った馬は素直に重視でしょう。

6着以下の馬も馬券には絡みますが、複勝回収率は低いですね。

穴人気で馬券に絡む感じではなさそうです。

 

前走人気データ

前走人気の馬が強いですね。

1・2番人気馬は半分が馬券に絡んでいます。

 

今年だと

前走丹頂S1番人気1着のボスジラ。

前走ダイヤモンドS1番人気7着のタガノディアマンテ。

この2頭が前走1・2番人気馬です。

 

前走脚質データ

先ほどの今回脚質データでは先行馬の複勝率が高めでしたが、

こちらの前走脚質データでは中団、後方馬の複勝率が高め。

長距離重賞らしいデータですね。

 

いつも構える競馬をしているタイプが理想ですが

レースでは先行した方が良いということ。

そういう競馬をしそうな馬がいたら重視すべきでしょう。

 

前走レース名データ

アルゼンチン共和国杯組が6勝。丹頂S組が2勝。

ただ馬券内と言う意味では京都大賞典が優秀です。

 

今年は前走京都大賞典を走った馬に

長距離適性のあるアルバート、リッジマン、

さらに京都大賞典でまずまずの走りを見せたシルヴァンジャーとダンビュライトがいます。

穴を開けるかもしれませんね。

 



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ