【セントウルステークス2018】予想オッズと出走予定馬分析


今回はセントウルステークス2018の予想記事を書きます。

スプリンターズSに向けての叩き台となる一戦ですが

ココ最近はスプリント路線の低迷がかなり目立ちますよね。

結果的にG2と言えどかなり酷いメンツが揃いましたね…。

セントウルSの格もかなり落ちたなぁと言う印象を受けますが

果たしてどの馬が台頭してくるのか?予想していきますね。

 

 

セントウルステークス予想オッズ

まずは現時点での予想オッズからご紹介しておきます。

1 ファインニードル 2.2
2 ラブカンプー   3.3
3 ダイアナヘイロー 5.1
4 アサクサゲンキ  8.6
5 レジーナフォルテ 14.5
6 ネロ       14.9
7 ラインスピリット 28.3

実績上位馬が上位人気に推される形となりそうですね。

 

 

人気出走予定馬分析

ファインニードル

昨年はとにかく賞金加算するのが必至だった立場だった。

それが高松宮記念を勝利した事で今後のローテは組みやすい。

当然ながら目指すはスプリンターズSなのは間違いないし

セントウルSはあくまでも叩き台。変わらない事実です。

人気になるのはわかるが58キロで叩き台は正直買いづらい。

抑えはするが軸にすることは100%無いことは断言しときます。

 

 

ラブカンプー

ここ3戦連続して好走を繰り返しているのですが

気がかりなのは平坦で結果が出てるが、阪神は成績今ひとつな点。

当然距離もあったと思うが全幅の信頼を置けるかは微妙。

 

 

ダイアナヘイロー

厩舎解散前の阪急杯でメイチに作りすぎて高松は大凡走。

その後休みを入れて身体もかなり増やして来たが2連続凡走。

斤量も厳しかったこともあるが叩き3走目で条件好転の今回。

今回は走り頃だと思うし自分の競馬が出来れば勝ち負けだろう。

 

 

アサクサゲンキ

2走前のCBC賞も前走の北九州記念でも強い競馬を見せている。

ただココ最近はスタート難が影響して持ち味を活かせてない印象。

その辺りを解消してきたらここでは明らかに力上位ですが

こればっかりは何とも言えない所。また出遅れたら掲示板止まり。

 

 

レジーナフォルテ

格下感は否めないがこの馬でも上位人気するようなメンツ。

阪神への輸送もあるしイチオシ出来る要素は正直少ない。

 

 

ネロ

今までどちらかと言うと豪腕JKが乗っていて今回は福永。

うーん…正直合うかと言われた微妙な気もするのですが

2018年はメンツが弱すぎる上に自分の競馬は出来そう。

56キロで出れるなら当然ここでも通用する1頭だろう。

 

 

ラインスピリット

何だかんだでいつも惜しい所までは来る馬ですからね。

タイプ的には先週の新潟記念で激走したショウナンバッハ似。

阪神1200mでの実績もあるしいつも過小評価されるタイプ。

後はパンパンの良馬場なら激走もあったかもしれませんが

週末は雨予報でせっかくの好走条件ですがその点が非常に残念。

 

 

予想まとめ

と言う事でざっと上位人気馬を中心に見てきました。

ラインスピリットの所でもちらっと触れた通りですが

今週末の阪神は雨予報になっているので気になる所です。

 

 

天気予報がハズレて良馬場で開催できるのか?

はたまた荒れ馬場になってタフな競馬になるのか?

こればっかりは蓋を開けてみないとわからない所です。

 

 

と言う事で現時点では絶対にこの馬!と言い切れませんが

今の所重視したいな~と思う馬はランキングで発表です。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

多少のタフ馬場なら当然ダートでも走ってて問題なし。

鞍上は確かに不安ですがこの人気で買えるなら狙いでしょう。

そもそもこの馬が56キロで出れるのはかなり楽でしょうし。

2018年のメンツなら勝ち負けしてもおかしくないと思います。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

セントウルSの最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒ 登録はこちち

【ガラケーの方】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

プロが買う【セントウルSの3連単】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

1,元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

2.情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

▼【セントウルS】関係者が買う『3連単勝負馬券』はこちら



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ