【セントライト記念2019】予想と過去データ傾向分析


今回はセントライト記念2019の過去10年のデータを分析予想していきます。

青葉賞馬リオンリオン、プリンシバルS勝ち馬のザダル、1勝クラスで強い勝ち方を見せたルヴォルグなどが参戦しています。

世代トップクラスの牡馬は参戦していませんが、菊花賞に向けてここから勢いをつける馬がいるかもしれません。

人気、枠順などの傾向データを見て、セントライト記念とはどのようなレースなのかを掴んでいきましょう。

 

 

人気データ

1番人気馬の複勝率は60%とそこそこ。

2~5番人気馬の複勝率は軒並み高く、人気馬がかなり好走しています。

6~10番人気馬の複勝回収率は85%と優秀です。中穴馬も狙えそうですね。

11番人気以下の馬は59頭出走して1頭馬券内。厳しい所でしょう。

3歳のG1前哨戦ということで、毎年能力差の激しいレースとなりやすいです。

やはり実績のある人気馬、あっても中穴馬までが活躍しているようですね。

 

枠順データ

複勝率が高いのは7枠。内外で有利不利はなさそうですね。

中山芝2200m自体も内外で有利不利はないコースです。

レースデータ的には枠順を気にする必要はないでしょう。

 

脚質データ

勝ち馬を見ると先行4頭、中団5頭と差しが決まっています。

複勝率を見ると逃げ20%、先行26.5%、中団22.2%というように差があまりありません。

後方になると厳しいですが、中団からならば十分に差し切れるレースです。

よほど出足が遅くない限りはしっかりと差してこれるレースですね。

 

その一方で上り3Fデータを見ると、6位以下の馬が9頭も馬券に絡んでいます。

前目から粘りこむタイプも台頭できるレースではありますね。

昨年の勝ち馬ジェネラーレウーノはまさにそのタイプでしょう。

 

馬体重データ

馬体重が上がるにつれて綺麗に複勝率が上がっていきます。

馬格はあった方が良さそうですね。

439kg以下の馬はかなり成績が悪いので、データ的にはお勧めできません。

勝率を考えると500kg以上の馬が狙い目ですね。

今年のメンバーの中で前走500kg以上なのはマテリアルワールド、ルヴォルグの2頭です。

 

調教師データ

複数回馬券に絡んでいるのは二ノ宮敬宇厩舎、勢司和浩厩舎、池江泰寿厩舎、小島太厩舎など。

今年は池江泰寿厩舎からサトノルークスが参戦しています。

調教師的にはこの馬に注目です。

 

馬主データ

出走頭数が17頭と多く、4勝しているのが社台レースホース。

今年はエフェクトオンが出走しています。

サンデーレーシング、キャロットファームも複数回馬券に絡んでいますが、出走頭数を考えると成績は良くありません。

今年はキャロットファームからザダル、エングレーバーが参戦しています。

 

種牡馬データ

出走頭数が多いのはディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒、シンボリクリスエス産駒などですが、いずれも成績は良くありません。

今年はディープインパクト産駒が5頭出走しています。

ルヴォルグ、サトノルークス、サトノラディウス、メイショウテンゲン、エフェクトオンの5頭ですね。

さらにキングカメハメハ産駒のランフォザローゼスも参戦しています。

成績が良いのはステイゴールド産駒ですが、今年は参戦していません。

ただ後継種牡馬であるオルフェーヴルには注目かもしれませんね。

 

今週の狙い馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

セントライト記念の結論!馬主×廐舎×騎手のスゴ裏情報を公開!

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

>



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ