【ダイヤモンドステークス2019】予想と過去10年の傾向データ分析


今回はダイヤモンドステークス2019の過去10年のデータを分析予想していきます。

今年は菊花賞3着馬のユーキャンスマイルが抜けた人気となりそうなメンバー構成となっています。

万葉S3着馬のグローブシアターや目黒記念勝ち馬のウインテンダネスも参戦していますが、やはり期待の4歳馬に注目でしょう。

人気、枠順などの過去データを見て、どのようなレースとなるのかを考えていきましょう。

 

 

人気データ

まずは人気データから見ていきましょう。

1番人気馬が過去10年で6勝しています。人気の馬が勝つことが多いようですね。

2番人気馬の成績も良いですが、3~5番人気馬の成績は悪く、上位人気馬全体が信頼できるということではないようです。

6~10番人気の馬の複勝回収率は81%と高く、穴馬も良く馬券に絡んでいますね。

11番人気以下になるとさすがに複勝率が低すぎて狙えませんが、ある程度の穴馬なら十分に狙えるレースです。

1、2番人気馬は重視しつつ、さらに数頭穴馬を絡める形が良さそうですね。

 

枠順データ

枠順データを見ると、8枠の複勝率が40%と非常に高いです。しかし複勝回収率は76%と平凡なのでたまたま強い馬が8枠に入っただけかもしれません。

1枠~7枠までで複勝率に偏りはありませんし、内中外で有利不利はないと考えてよいでしょう。

ただ勝ち馬が若干外目の枠から多く出ている点は気に留めておきたいですね。

 

脚質データ

脚質データを見ると、中団馬の活躍が目立ちます。勝率は9.8%、複勝率は29.5%とマクリ馬を除けばどちらもトップ。差し馬を重視したいレースです。

ただしあくまで差し馬までで、追い込み馬はあまり重視できません。41頭中2頭しか馬券に絡んでいませんからね。

馬群の真ん中あたりに付けて、最後差してくるタイプが理想的でしょう。

 

年齢データ

年齢データを見ると、4歳馬の複勝率が47.8%と非常に高いです。4歳馬は素直に重視したい。

5歳馬、6歳馬、7歳以上馬で成績にそこまで差はありません。7歳以上の馬も良く馬券に絡んでいます。

長距離のハンデ重賞らしいデータとなっていますね。

 

馬体重データ

馬体重データを見ると、馬体重が軽ければ軽いほど複勝率が綺麗に上がっています。

長距離レースと聞くと馬体大きなの馬が活躍しているイメージですが、そうではないようですね。

馬体重が重いとむしろ長距離では不利なのかもしれません。

勝率を見た感じ、479kg以下の馬が狙い目ではないでしょうか。

 

斤量データ

斤量データを見ると、57.5kg~59kgの非常に重い斤量を背負った馬の複勝率が45.5%と断トツに高いです。

しかし今年は最重量のウインテンダネスですら56キロしか背負いません。つまり今年は該当馬無し。

57.0kg以下ならば複勝率に差はありませんし、斤量的には偏りがありません。

あまりに斤量が軽い馬は厳しいですが、51.5kg~57kgの馬ならば十分に狙えます。

 

調教師データ

複数回馬券に絡んでいるのは宗像義忠厩舎、堀宣行厩舎、松田国英厩舎、荒川義之厩舎です。

今年は堀宣行厩舎のブライトバローズが参戦しています。

その他に勝ち馬が出ている厩舎で言えば、梅田智之厩舎のサイモンラムセスも該当しますね。

厩舎データ的にはこんな所でしょうか。

 

馬主データ

出走頭数が多いのはサンデーレーシング、吉田勝己馬主、キャロットファームなどですが、複勝率はやや高めぐらい。

今年はサンデーレーシングからルミナスウォリアー、キャロットファームからグローブシアターが参戦しています。

特にグローブシアターは万葉Sの走りからもかなり人気となりそうですね。

 

種牡馬データ

出走頭数が多いのはハーツクライ産駒、キングカメハメハ産駒、ダンスインザダーク産駒、ディープインパクト産駒などです。

中でもハーツクライ産駒は12頭出走して7頭が馬券内。複勝率50%以上と素晴らしい成績となっています。

しかし今年は残念ながら該当馬無し。

キングカメハメハ産駒は複勝率22%と振るわない成績ですし、ディープインパクト産駒も勝ち馬が一頭も出ていません。

今年はユーキャンスマイル、グローブシアターなどキングカメハメハ産駒が人気の中心となりそうですが、種牡馬データ的にはイマイチ。

さらにディープインパクト産駒のソールインパクトも人気となりそうですが、同産駒は過去勝ち切れていませんからね。

この馬自身も2、3着に滑り込むタイプですし、今年も勝ち切れない形になるかもしれません。

 

予想まとめ

という事でざっと過去データをご紹介してきました。

まぁ正直この条件って特殊な舞台なのでそこまで過去データが参考になるか?と言われたら微妙な気もしなくはないですが2019年は圧倒的な実績馬は不在。

アルバートがいない中での一戦なので、ステイヤーの新星となる馬も出てくる可能性は大いに考えられますよね。

 

 

該当馬は言うまでもなくユーキャンスマイル。

グローブシアター辺りもココの競馬次第ではステイヤーズ路線に絞って出走してくる可能性も秘めていそうですよね。

 

 

大荒れになる可能性は低いのはまず間違いないのですが現時点で穴で狙ってみたい馬についてはいつ通りですがランキングにて発表しておきます。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

東京よりも中山や札幌の方が良いのは間違いないですが無尽蔵のスタミナ比べになってくるならこの馬にも分がある可能性十分。

嵌らないと馬券圏内は当然厳しいと思いますが、3着ぐらいひょっこりこの斤量なら一発あるかもしれません。

予想オッズでは全く人気無いので個人的には推したい1頭。

 

 

また無料メルマガでも見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

最終買い目は勝ち組プロジェクトにて公開です!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

予想家萩原義文氏の3連単一点予想を完全無料配信!

小点数で万馬券を獲り続ける男萩原義文!

遂に「1点予想」を無料で公開することが決定!!

ローリスク、ハイリターンで高い的中率を出し続けることが競馬サイトとしての存在意義!

「現場からの生の情報」を手にできる萩原氏だからこそ成せる予想を

【完 全 無 料 公 開】

これまで数々の万馬券を的中している実績があるからこそ言える萩原氏は「高額馬券は狙わなければ当たらない。」と言います。

実際、このような馬券を数々的中されてきているのですから信頼度も高いと言えますよね。

もちろんこれは萩原氏が的中されてきたものの一部であり、

・2016年共同通信杯 3連単 988,000円 的中!

・2015年福島牝馬S 3連単 5,993,600円 的中!

などなど高額馬券を数々出されてきているのです。

今週の「フェブラリーステークス」では全ての方に本気の買い目を無料で提供することが決まっているので

これは参加しないほうが損ですよね!?

是非この機会に萩原氏の究極馬券術をご覧になってみてください。

▼登録は当然無料!こちらから▼



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ