【チャンピオンズカップ2018】一週前予想と先週の結果報告


先日もJBCが開催されてもう一発中央でダートG1やるんかい、って感じですが今週はチャンピオンズカップが開催となりますね。

2018年はJBCが京都開催だった事もありますが前回よりもメンバーレベルは更に上がり、バケモノ級の強さを見せる可能性のあるルヴァンスレーヴも出走してきますね。

今のダート界の3強であるケイティブレイブ・ゴールドドリーム・ルヴァンスレーヴが激突する形になるのでかなり面白いチャンピオンズカップになるのは間違いない。

と言う事でざっと一週前予想と冒頭で先週のジャパンC等の結果について振り返っておきたいと思います。

 

 

ジャパンC等先週の結果報告

11月に入ってから予想手法をガラリ一変させて今までの基本穴軸から攻めるスタイルを辞めて上位に来る可能性が最も高い馬から入る形を選択しております。

結果、ジャパンカップで最も馬券内に絡む確率はアーモンドアイが最も高いと判断して馬券に挑む形になりました。

【ジャパンC 予想結果】

1着 ◎ アーモンドアイ

2着 ▲ キセキ

3着 △ スワーヴリチャード

当たりは当たりですが…個人的にはトリガミでした。

4着のシュヴァルグランを対抗評価していてこことの組み合わせにかなり厚めに買っていたこともあるのでがみる形になってしまいました。

 

 

以前の僕はとにかくトリガミほど意味の無い予想は無いと考えてましたし、今の現時点でもがみるぐらいなら潔く外すほうが良いかもとも思います。

しかし、今回の予想は以前の予想手法なら間違いなくミッキースワローかシュヴァルグランから入ってドボンで回収率0%の予想になっていたはずです。

そこを辛うじて的中へ導くことが出来た。

 

 

当たり前のお話ですが、だからって全く威張れるわけでもないですしただのトリガミでしかないクソみたいな予想です。

ミッキー・キセキ・シュヴァルを2列目に入れていたので、馬連のみで買い目を出していれば回収率200%は叩けてはいましたが、3連系の指示も出した。

しかし、長い目で見れば間違いなくノーザンF関連馬の評価を上げて確実に仕留めに行くスタイルを継続したほうが今の時代は回収率も間違いなく伸びます。

結果的に今回は残念な結果になってしまいましたが、今後も芝の中長距離に関しては堅い予想になってトリガミの可能性があっても素直に行きます!

 

 

ただ、荒れる舞台設定は別です。

【京阪杯 予想結果】

1着 ☆ ダノンスマッシュ

2着 ー ナインテイルズ

3着 ー ダイアナヘイロー

ーーーー

9着 ◎ オールポッシブル

短距離や実力差が全く無いローカルハンデ戦やノーザンF関連馬が手薄な時はもちろん今までのスタイルは変えるつもりはありません。

京阪杯も思い切って14番人気のオールポッシブルから入りましたが、予想は撃沈。もちろんこれについては後悔は無いです。

荒れる舞台設定で弱気に攻めても意味ないですからね。

 

 

今週は3重賞ともにそこまで爆荒れになるのは考えづらいですが、3重賞きっちり仕留めて良い流れで得意の2歳戦G1へとつなげていきたい所!

前置きが長くなりましたがチャンピオンズカップの予想へ。

 

 

チャンピオンズカップ一週前予想

まず、2018年のチャンピオンズカップは間違いなく3強+αのオッズになってくるのは間違いありませんよね。

ルヴァンスレーヴ

ゴールドドリーム

ケイティブレイブ

この3頭がやや抜けたオッズになってくるでしょう。

 

 

実際、実績を考えてもこの3頭が上位に食い込んでくる可能性は相当高いと思いますし極端な大荒れになるのはちょっと考えづらいかな?と言う印象です。

ゴールドドリームはダートスタートだとどうしても立ち遅れて位置を取れない馬なので飛ぶ可能性は大いにあると思いますが、鞍上ルメールの続投。

好スタートを切って好位を取れるなら当然勝ち負けしておかしくない1頭ですよね。

 

 

ルヴァンスレーヴも前走南部杯では圧巻の強さを見せつけて勝利。オメガパフュームのその後の活躍を見ても2018年の3歳馬はかなりレベルが高そうですね。

南部杯で初の3歳馬の勝利も達成しましたしここは人気になってくるが確かに逆らえない印象をう受けているのもこれまた事実です。

 

 

ケイティブレイブはやや地味なので上位2頭に比べると人気落ちするかもしれませんが、前走のJBCも圧巻の勝利ですし確実に力をつけてきている。

まだまだ成長期の5歳馬だし今が全盛期だろう。

 

 

チャンピオンズカップで現時点で狙いたい馬は?

と言う事で上位3頭がかなり抜けている印象の強い今年のチャンピオンズカップなんですが、正直あまり飛ぶ印象を受けづらいんですよね…。

あるとするならゴールドドリームとルヴァンスレーブは比較的後ろ目の位置で競馬するので圧倒的な前残り競馬になったときかな?とは思います。

 

 

ケイティブレイブは前走は後ろからでしたが前付け出来る馬。

まぁ最も減点材料が少ないのはこの馬かな?と思いますが差し決着になったら飛ぶ可能性は十分秘めていますよね。

 

 

差し組を優勢と見るのか?それとも前目の馬を優勢と見るのか?

枠順が出てからどうするかは当然決めようと思っていますが、現時点で最も狙いたい馬についてはいつも通りですがランキングにて発表いたします。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

正直、今のこの馬相当強いと思いますよ。

最も減点材料の少ない馬ですし前走であれだけの内容なのに舐められそうなので普通に行くならこの馬軸で良いかな?とは思ってます。

 

 

また無料メルマガでも予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

チャンピオンズCの最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒登録はこちち

【ガラケーの方】⇒登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

この秋も予告の菊花賞10万馬券を軽々的中!

JBCレディスで5万オーバーの的中なども有!

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設。

【創業37年を誇るホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン開催中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<100名限定 特別無料配信>>

チャンピオンズC 3連複10点勝負

3連複平均1万9390円(過去4年)の
荒れるGIをプロは絞って勝負!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
11/18 東京6R    4万4480円的中
11/17 福島8R    1万0930円的中
11/10 京都6R    9万1040円的中
11/4 JBCレディスクラシック 5万3720円的中
11/3 東京10R    1万3460円的中
10/28 東京9R    1万2120円的中
10/27 新潟8R    5万3150円的中
10/21 菊花賞    10万0590円的中

▼チャンピオンズCの予想を無料で受け取る▼



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ