【七夕賞2018】予想と馬場読み後の見解


今回は七夕賞2018の予想を中心とした記事を書きます。

7月8日に開催される七夕賞ですが七夕の次の日賞ですねw

まぁそんな事はどうでも良いのですが馬券は仕留めたい所。

ハンデ戦らしくかなり上位勢は割れ気味の人気になっており

前日18時段階で10倍台の支持を受けている馬は6頭もいる。

ガチガチで決まるのは考えづらい2018年の七夕賞でもあるし

土曜競馬を振り返っていきながら馬場傾向も抑えていきます!

 

 

土曜福島競馬の振り返り

まずは土曜福島の傾向を掴んでいきたいと思います。

重馬場での開催だった事もありますが適正はモロに出ていた。

日曜も微妙に雨が降る予報が出ているのでタフ馬場になりそう。

 

 

5R

新馬戦。上位と下位の差がはっきりしていて上位勢は先行策。

力差が有りすぎたのでなんとも言えない部分もありましたが

後方から脚を使うようなタイプの馬は台頭が難しかった印象。

 

 

6R

1800mにしてはややスローで流れた印象。

結果にこういう流れになると当然前有利馬場なら前残り。

後方を回してきた人気馬は不発で人気薄が前目に残っていた。

 

 

7R

人気馬が前目に集結する流れだったがそのまま雪崩込んでゴール。

内目を上手く立ち回った人気馬が押し切ってもう一頭は外回す。

結果的に通った位置の差のような競馬だったし内は伸びている。

 

 

9R

オジュウチョウサンが圧巻の強さを見せつけたレースでしたね。

個人的にはこの人気はやりすぎて思ってみていたのですが完勝。

2着には外を回した馬の台頭も有りましたが基本的には前残り。

上がりがかなりかかっていて相当タフな馬場だった印象。

 

 

10R

ここはハイペースで流れた上に団子で差し馬の台頭が目立った。

勝ち馬のアウトライアーズはそもそも馬質が上で圧勝劇だった。

ただ2着のヤマニンリュウセイは立ち回りを上手く活かしての台頭。

 

 

11R

勝ち馬のミッキーグローリーはここでは力が違った印象。

2着のエマノンは上手く立ち回りを活かしての2着入選。

最後に展開が崩壊して後方から追込馬がハマって伸びてきた。

 

 

馬場傾向から台頭する馬は?

ざっと馬場傾向をまとめてきましたが総じて言えるのは…

「内目を上手くロス無く立ち回った馬の台頭が目立った!」

コレに尽きますよね。

 

 

福島開催が始まってから開幕週・2週目と差しが目立ちましたが

これは馬場にシャッタリングを施していたからこそだったはず。

そのシャッタリング効果が薄れてきた今週は内目が伸びてきた。

となってくるとやはり日曜もセオリー通り内目狙いが良さそう。

 

 

予想的には馬場傾向はやや内目有利で組み、後は立ち回り活かせる馬。

コレを重視して最終予想へと繋げていきたいと思っています。

 

 

予想まとめ

では何を狙っていくのか?

抑えるべき点は当然いくつか揃っているのですが

「タフ馬場をこなせる、前目につけれる、展開が嵌りそう」

この3つ。

 

 

全ての条件を満たしている馬を軸で狙おうと思いますが

この馬についてはいつも通りランキングで発表しておきますね。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

鞍上は今日も脚質は違えど上位台頭を繰り返していた。

馬場読みがかなり得意な騎手で積極策も持ち味のJK。

今のような特殊馬場でこの鞍上が乗るのは非常に心強い。

早い流れで後続を引きつけて自分の形に持ち込めば勝ち負け。

 

 

穴で狙ってみたい馬は無料メルマガにて発表します!

【スマホ・PCの方】⇒ 登録はこちち

【ガラケーの方】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

■■【七夕賞】■■■■■■■■■■■■■■■■■■

プロが買う【七夕賞の3連単】知りたく無いですか?

関係者が本気で買う『3連単勝負』を特別無料公開!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ