【七夕賞2018】予想オッズと出走予定馬分析&先週の結果


今回は七夕賞2018の予想を中心とした記事を書いていきます。

夏のハンデ重賞と言う事もありそこそこ波乱傾向の七夕賞。

2018年は少頭数でそこがどうなるか?と言う感じなのですが

抜けている馬もおらず予想的には面白そうなレースですね。

まぁ難解過ぎる印象が強いのは間違いないのですが、

とりあえずざっと上位人気馬を中心に分析していきますね!

 

 

先週の結果報告

まずは本題の七夕賞のお話に入る前に先週の結果から。

先週は土曜に中京競馬を見に行きたい!と思って行ってきました!

 

 

で、ツイッターでも呟いた通りではあるのですが

土曜はガクちゃんの競馬予想ブログさんと共に中京へ。

そこで一緒に楽しみながら競馬しようか~と思っていたのですが、

なんと!偶然ではありますがりょう店長ともばったり会いましたw

 

 

なんだか奇遇な一日だなぁと思って競馬をしていたのですが、

個人的には土曜は全く逆噴射の結果で終わってしまい…

日曜は巻き返すしか無いな!という気持ちで挑みました。

 

 

そして日曜日。

2018年は得意の新馬戦でなかなか結果を出せていないのですが

何とか日曜日は推奨馬が上手いことハマってくれました!

 

 

【福島6R ガイセン】

人気してないが軽い動きを見せている15番は狙い目。

初戦からやれそうなタイプで穴で一考です。

と勝ち組Pでは書かせて頂きましたが見事1着!

 

 

単勝は1930円ついてなかなかの配当をもたらしてくれました!

 

 

重賞の方はうーん…イマイチの結果に終わりました。

【CBC賞 予想結果】

1着 × アレスバローズ

2着 ☆ ナガラフラワー

3着 × セカンドテーブル

ーーーー

17着 ◎ ナリタスターワン

思い切ってここは爆穴から攻めましたが、ハズレ。

悔いはないですが週中の推奨馬アレスB勝利でのハズレは痛い。

 

 

【七夕賞 予想結果】

1着 × メイショウテッコン

2着 ○ フィエールマン

3着 消 キボウノダイチ

ーーーー

11着 ◎ イェッツト

ここは完全に逆噴射。言い訳できない外し方です。

イェッツトはここなら圧勝級と思っていましたが…。

 

 

まだまだ詰めの甘い部分だらけの予想が続きますが、

夏競馬は宣言通り2歳戦でガンガン狙って組んでいきます!

ようやくそこそこの推奨馬もお届けする事が出来たので

今週もガッチリと2歳戦で儲けていきたいと思います!

 

 

七夕賞予想オッズ

前置きが長くなりましたがそろそろ本題の七夕賞の話題へ。

まずは現時点での予想オッズからお知らせしておきますね。

1 サーブルオール   2.8
2 プラチナムバレット 4.8
3 マイネルサージュ  5.6
4 ワンブレスアウェイ 6.8
5 レイホーロマンス  7.0
6 キンショーユキヒメ 7.3
7 マイネルフロスト  9.5
8 マイネルミラノ   21.2

ざっとここまでが上位人気の支持を受けそうな馬たちです。

明らかに足りない馬が何頭か登録してくる形になっていますが

上位勢はかなり混戦模様という感じがしますね…。

 

 

出走予定馬分析

サーブルオール

前走のエプソムカップでは◎軸で狙った馬でした。

ノーザンF天栄で調整を繰り返していることもありますが

1600万も一発で勝利してエプソムCでもなかなかの走り。

これからまだまだ成長する余地を秘めている馬でもありますし

ここは通過点となる可能性は十分あるでしょうね。

 

 

プラチナムバレット

前走は左前肢跛行でジョッキーが下馬するトラブル有り。

この間隔で出走してくるということは言うまでもないですが

軽傷だったとは思いますが、全力で作りきれたとは思えない。

最終追い切りを見てからどうするかは判断したいのですが、

軽めの調整と言う事であれば万全ではないのでは?と判断したい。

 

 

マイネルサージュ

前走は後方一気を決めて嵌った感も有りましたが強い勝ち方。

元々能力ある馬で相手関係が楽だったという一面もありますが

あの競馬が出来るなら少頭数になるのは間違いなく歓迎だろう。

久々からもスッキリ走ってくる馬でここも当然上位評価推せる馬。

 

 

ワンプレスアウェイ

前走は内目で上手く溜めてハマったのが好走要因だった。

とは言え前走自体も過小評価されていた感は強かったですよね。

福島での勝鞍もあり当然舞台設定自体は気にする必要はない。

後は外目をぶん回す形だとロスだらけになってしまう事が多いので

内目の枠を引き当てて前走同様の競馬を出来れば勝ち負けあるかも。

 

 

レイホーロマンス

最後に必ず良い脚を使って伸びてくる馬なので本質は広いコース向き。

馬群を割ったりなどの器用な競馬がそこまで得意な馬じゃないので

小回りコース替わりというのはプラスではないのは間違いありません。

前走も最終的に大外ぶん回す形で敗戦してしまっていますしねぇ。

上位台頭するには展開と位置取りの助けは必要になってくるだろう。

 

 

キンショーユキヒメ

気まぐれな面がある馬なのか?と言う印象が非常に強いですが

2走前の福島牝馬Sはかなり強い内容で勝ちきってましたよね。

過去に好走していた舞台は坂のあるコースだったのですが、

この福島であの強い勝ち方をしたのは正直かなり驚いた。

掴み所のない馬ではありますが…気持ちよく走れれば台頭も?

 

 

予想まとめ

と言う事でざっと上位人気馬を中心に分析を行ってきました。

上位勢はどれも一長一短な面は秘めている馬が多いですし

ハンデ戦という事もあり馬場・枠順次第で何とでもなりそう。

 

 

そういう意味では現時点で絶対にコレだ!とは言い切れませんが

個人的に条件次第で狙いたいなと思う馬はランキングで発表です。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

どう考えてもマイペースでいけるのは濃厚だし絡む馬も少なそう。

自分の競馬が出来た時の強さは周知の事実ではありますが、

今回は前走での大敗の影響もあり一気の人気落ちは濃厚。

先週は外差し馬場でしたが2週目はシャッタリングも薄れてきて

フラット~前残りの馬場になってくる可能性は十分ありますし。

 

 

また無料メルマガにおいても予想見解はお伝えしますので

良かったら無料登録よろしくお願いいたします!

七夕賞・プロキオンSの最終穴馬はメルマガでお届け!

【スマホ・PCの方】⇒ 登録はこちち

【ガラケーの方】⇒ 登録はこちち

【PR】━━━━━━━━━━━━━━

七夕賞の激走必至の穴馬をお送り致します

夏の恒例イベントである『サマー2000シリーズ』の開幕を飾る七夕賞。

シリーズチャンピオンに与えられる褒賞金(ボーナス)は馬主に3200万円、

厩舎関係者に800万円となっており、関係者にとって魅力十分なもの。

 

チャンピオンになるためには対象レースに2度出走し、1つは勝利することが最低条件。

七夕賞~新潟記念までは約2ヶ月間しかなく、全てのレースに出走することは難しい。

ましてや、どのレースも最高の状態で送り出すことはホボ不可能と言える。

だから、本気でチャンピオンを狙う陣営は

”どこで勝負をかけるのか”に思惑を張り巡らすのだ。

 

しかし、公正競馬を謳う以上、表立って『ココが勝負』というコメントも

『ココは叩き台』とハッキリ“ヤラず”を宣言するようなこともない。

 

七夕賞はハンデ戦という一般ファンにとっては輪をかけて難解なレースとなっており、

万馬券決着、10万馬券以上も当たり前。

 

しかし、こんな“難解”“混戦”と言われるレースほど、

我々シンクタンクにとっては絶好のチャンスと言える。

 

実際、混戦と言われていた安田記念では9番人気モズアスコットを、

宝塚記念では10番人気ワーザーを本命視してズバリと的中をお届け。

 

人気の有無に関わらず“買える馬”を的確に狙えるのは、

確かな情報力があるからこそなのだ。

第54回 七夕賞(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負】を特別無料公開!



ナツの無料メルマガ
サブコンテンツ